荻野真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
荻野真
生誕 1959年5月26日(57歳)
日本の旗 日本岐阜県
国籍 日本
活動期間 1985年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 孔雀王
受賞 1985年集英社青年漫画大賞受賞(『孔雀王』)
公式サイト 荻野真公式HP「孔雀の実家」
テンプレートを表示

荻野 真(おぎの まこと、1959年5月26日 - )は、日本漫画家。男性。岐阜県出身。

略歴[編集]

岐阜県立恵那高等学校卒業、名古屋大学理学部中退。在学中は漫画研究会に所属しており、先輩に森博嗣がいた。デビュー作で長期連載となった『孔雀王』は「宗教漫画ブームのはしり」と称された[1]

作風[編集]

『孔雀王』を筆頭に密教神道などをモチーフとしたオカルト風アクション漫画家としてで知られている一方で、『ALGO!』『小類人』など、SFをモチーフとした作品も手がけている。

人物[編集]

  • メディアミックスには常に不信感を募らせており、近年の連載漫画家の収入はその影響でデビュー当時の自身の半分にも満たないと危惧している[2]
  • 2015年末に心不全からくる腹水の排泄不良が原因で、急性ヘルニア・肝硬変・肺梗塞・多臓器不全などが一度に発症して入院。一週間ICU(集中治療室)に入院した後、体重の減量や食事療法を得た末、翌年の1月に退院[3]。2月から通常の連載ペースを取り戻した[4]

アシスタント[編集]

作品[編集]

連載中の作品[編集]

連載終了作品[編集]

  • ALGO!(全3巻)
  • 孔雀王(全17巻、文庫版全11巻)
    • 孔雀王退魔聖伝(全11巻、文庫版全7巻)※孔雀王の第二部。
    • 孔雀王曲神記(全12巻)※孔雀王の第三部。また、連載打ち切りとなった「怨霊侍(全3巻)」の続編でもある。
  • 夜叉鴉(全10巻、文庫版全6巻、電子書籍版全11巻) - 電子書籍版11巻は、単行本未収録の2編「もち」「X'mas」を収録。
  • 小類人(全7巻)
  • 拳銃神(全9巻)
  • おぼこ(全1巻)
  • 怨霊侍(全3巻)
  • 15の春(全1巻)
  • サルビアの海(1巻)
  • 暁星伝奇 真魚(単行本未収録)※空海の俗人時代を描いた作品

盗作問題[編集]

『孔雀王』の連載時、夢枕獏が自作の小説『サイコダイバー・シリーズ』からの盗用を指摘して問題になった。当事者間で話し合いが持たれ、荻野と担当編集者が謝罪、さらに『孔雀王』の単行本に「参考文献」として同作の名を挙げることで事態は沈静化した。この経緯については、『サイコダイバー・シリーズ』の後書きでも言及されている。

出典[編集]

外部リンク[編集]