孔雀王2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
孔雀王2 幻影城
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 メガドライブ
開発元 セガ
発売元 セガ
プログラマー SEXY DYNAMITE
BENJO KOUROGI
音楽 鎌谷千佳子
美術 小玉理恵子
UD1
川口貴子
人数 1人
メディア 日本の旗3メガビットロムカセット[1]
アメリカ合衆国の旗欧州連合の旗4メガビットロムカセット
発売日
  • 日本 1989年11月25日 (1989-11-25)
  • アメリカ合衆国 1989年
  • ヨーロッパ 1990年
テンプレートを表示

孔雀王2 幻影城』(くじゃくおうツー げんえいじょう)は、1989年セガから発売された日本のアクションゲーム。対応機種はメガドライブ。日本国外では一部グラフィックが差し替えられ、『Mystic Defender』(ミスティック・ディフェンダー)のタイトルで発売された。

概要[編集]

本作は荻野真漫画孔雀王』(1985年 - 1989年)を題材としたキャラクターゲーム。主人公は孔雀。内容は、攻撃とジャンプを基本とした、ライフ制[2]の横スクロールを基本としたアクションゲームである。ステージは8つ。多くのステージにはボスが存在しており、それを倒せばステージクリアとなる。

本作が『孔雀王2』となっているのは、セガの前機種に当たるセガ・マークIIIアドベンチャーゲーム『孔雀王』(1988年)が発売されていた事からではなく、同時期にOVAとして同名作品が発売されたためである[3]

ゲーム内容[編集]

武器[編集]

孔雀の扱う武器は切り替えボタンによって4種類を選択可能[4]。攻撃は溜め撃ちが可能で、ボタンを長く押して放せば、より強力な攻撃となる。前方に弾を撃つ「発勁」、十字ボタンで方向をコントロールできる火炎放射である「火焔」、画面端で跳ね返る弾を最大6つ発射できる「閃光」、使用回数に制限があるが画面内の敵を一掃する「電撃」がある(『メガドライブのすべて』 p.136)

アイテム[編集]

体力を回復する「青玉」、溜め撃ち時のゲージ上昇速度の向上する「赤玉」が存在する。赤玉を取り続ける事で4段階まで効果が累積するが、ミスをすることで一段階低下する(『メガドライブのすべて』 p.137)。

ストーリー[編集]

現代に復活した第六天魔王織田信長は、ケルビムを復活させ、この世の終末をもくろむ。その上、孔雀の仲間である阿修羅も拉致されてしまい、生け贄となろうとしている。孔雀は信長の野望を阻止するため、旅立った。

スタッフ[編集]

  • 企画:SUKEBE J
  • グラフィック・デザイン:PHENIX RIE(小玉理恵子)、UD1、CHOKO(川口貴子)
  • プログラム:SEXY DYNAMITE、BENJO KOUROGI
  • 音楽:TARNYA(鎌谷千佳子)

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 25/40点[5]
メガドライブFAN 17.07/30点[1]
メガドライブ大全 否定的[3]
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計25点(満40点)となっている[5]
  • メガドライブFANの読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、17.07点(満30点)となっている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.37 2.85 2.66 2.77 2.60 2.82 17.07
  • ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「赤ん坊みたいなスライムや、ゾンビみたいな敵を独鈷杵や炎、ビームなど4つの技を切り替えて、敵をぐちゃぐちゃと倒していく、キモいジャンプアクション。原作のグロい部分をきっちりドット絵で描いているわけだ。しかし、ジャンプのタイミングはシビア。ドット単位の踏切がつらすぎる」と評している[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」、『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店1993年7月15日、 11頁。
  2. ^ 通常設定ではライフ数は3である。
  3. ^ a b c 「Chapter 02 1989年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』 太田出版2004年9月29日、29頁。ISBN 9784872338805
  4. ^ ゲーム開始時は「発勁」しか所持しておらず、残りは道中で拾うこととなる。
  5. ^ a b 孔雀王2 幻影城 まとめ [メガドライブ]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月24日閲覧。