岐阜県立恵那高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岐阜県立恵那高等学校
2008年撮影
国公私立の別 公立学校
設置者 岐阜県の旗 岐阜県
学区 東濃学区
併合学校 岐阜県恵那高等学校
岐阜県恵那女子高等学校
校訓 質実剛健
自重自治
設立年月日 1922年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
理数科
学期 2学期制
高校コード 21148G
所在地 509-7201
岐阜県恵那市大井町1023-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
岐阜県立恵那高等学校の位置(岐阜県内)
岐阜県立恵那高等学校

岐阜県立恵那高等学校(ぎふけんりつ えなこうとうがっこう)は、岐阜県恵那市にある公立高校

理数科が設置され、スーパーサイエンスハイスクール (SSH) の指定校である。

概要[編集]

通称は恵那高(えなこう)もしくは恵高(けいこう)。1922年大正11年)創立。

  • 学科 - 全日制 普通科理数科
  • 校訓 - 質実剛健、自重自治
  • 制服 - 男子は詰襟の学生服、女子はセーラー服(2002年から夏場のポロシャツが認められていたが、2010年度の新入生からポロシャツは順次禁止することとなった)
  • スーパーサイエンスハイスクール - 研究開発課題「遠隔地の学校における大学や研究機関との連携を図った理数系教育システムの研究開発」
  • 所在地 岐阜県恵那市大井町1023-1

沿革[編集]

(2016年1月現在)

  • 1922年 - 岐阜県立恵那中学校として開校。
  • 1923年 - 岐阜県恵那中学校と改称。
  • 1925年 - 恵那実科女学校開校。
  • 1937年 - 岐阜県恵那高等実科女学校と改称。
  • 1948年 - 新制学制施行により、岐阜県立恵那高等学校及び岐阜県立恵那女子高等学校となる。
  • 1948年 - 二校を統合し、岐阜県立恵那高等学校となる。全日制普通科を設置。
  • 1949年 - 定時制普通科及び家庭科設置。
  • 1949年 - 全日制商業科設置。
  • 1949年 - 蛭川村蛭川分校設置。
  • 1959年 - 商業科廃止。
  • 1962年 - 火事により校舎が全焼。
  • 1963年 - 定時制家庭科廃止。新校舎(現在は解体)が完成。
  • 1968年 - 蛭川分校募集停止。
  • 1970年 - 全日制理数科設置。
  • 1972年 - 定時制募集停止。
  • 1973年 - 定時制募集再開。
  • 1974年 - 現在の2棟が完成。
  • 1976年 - 現在の第2体育館が完成。
  • 1992年 - 現在の第1体育館が完成。花の木会館が完成。
  • 1995年 - 定時制募集停止。
  • 1999年 - 定時制廃止。その記念碑の「息吹」が完成。
  • 2004年 - スーパーサイエンスハイスクールとなる(理数科のみ)。
  • 2007年 - スーパーサイエンスハイスクールに再び指定(指定期間は5年間)。
  • 2009年 - 部室棟が完成。
  • 2010年 - 新校舎建て替えのため、2棟が解体。(移行期間中はグラウンドにプレハブ校舎を建てて代用していた。)
  • 2012年 -スーパーサイエンスハイスクールに再び指定 (指定期間は5年間)。
  • 2012年 - 花の木トレーニングハウスが贈呈される。
  • 2013年 - 新校舎(1棟)が完成。

特色[編集]

学区[編集]

学区に含まれる地域が広大なため、多治見市土岐市など東濃西部からの進学者は少なく、恵那市・中津川市からの進学者が大半を占める。

また、最近では瑞浪市からの通学者も多い。

教育面の特色[編集]

授業時間確保のため毎日45分7限という時間割がしかれている。理数科はスーパーサイエンスハイスクールに指定されており「先端サイエンス総合」などの科目を学ぶことができる。 評定は十段階(1 - 10)。五段階評定に変換する際、8以上が5、6と7が4、4と5が3、2と3が2、1が1となる。

学校行事[編集]

修学旅行
2年生が6月後半ごろ、沖縄へ3泊4日の日程で行われる。平和記念公園、首里城等を観光する。
遠足
1,3年生は6月後半ごろ、1年はリトルワールドに行き、3年は京都に行ってくる。
城陵祭
8月下旬に文化祭2日・体育祭1日の日程で行われる。文化祭では3年生では演劇を、2年生は演示、1年生は展示を行う。体育祭では紅軍・白軍・青軍に分かれて競技を行う。以前は地域別で軍がわかれていたが、現在は男女別の名簿順に(青→白→赤→青→白→赤…)均等に振り分けられるようになった。慣例として、クラス毎にクラスTシャツを作る。クラス毎の演劇・演示・展示の宣伝(演劇・演示は日時場所が記されている)に役立っている。
また城陵祭は岐阜県の公立高校では数少ない、一般公開されている学校祭である。
球技大会
10月ごろクラス対抗で行われる。慣例として城陵祭で作ったクラスTシャツを着用して行う。

その他[編集]

  • 校歌島崎藤村が補訂したものといわれている[1]
  • 校歌の他に「城陵歌」と呼ばれる伝統的な応援歌がある。
  • ホームルームの名前が11組(じゅういちくみ)、25組(にじゅうごくみ)といったように、十の位が学年、一の位がクラスとなった珍しい読み方をする[2]
  • ちなみに各学年とも1 - 4組が普通科(カリキュラムの違いにより2年以降は1 - 2組が普通科文系、3 - 4組が普通科理系と便宜上呼び分ける)、5 - 6組が理数科である(6クラス分募集の場合。2000年までは7クラス分募集だったために普通科が1 - 5組だった。その際、1 - 2組が文系、3 - 5組が理系、6 - 7組が理数科となる)。

部活動[編集]

部活動では国体出場、インターハイ優勝などの経歴を持つボート部が強い。

  • 運動系部活動
    • 陸上競技部
    • 軟式野球部(男子)
    • サッカー部(男子)
    • ボート部
    • バスケットボール部
    • バレーボール部
    • バドミントン部
    • 新体操部(女子)
    • 剣道部
    • 柔道部
    • 卓球部
    • 弓道部
    • テニス部
    • ソフトテニス部
  • 文化系部活動
    • 英会話部
    • 新聞文芸部
    • 茶華道部
    • 科学部
    • 美術部
    • 音楽部
    • 放送部
    • 演劇部

進路状況[編集]

毎年100名ほど国公立大学合格者を出している。また、2008年度以降は110名以上国公立大学に合格している。

アクセス[編集]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 恵那高等学校校歌
  2. ^ 2007年度城陵祭
  3. ^ 院長略歴”. 博愛歯科. 2014年11月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]