新田たつお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新田 たつお
本名 島田 好晴(しまだ よしはる)
生誕 (1953-10-25) 1953年10月25日(63歳)
大阪府
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1975年 -
ジャンル ギャグ漫画青年漫画
代表作 静かなるドン
ビッグマグナム 黒岩先生
『こちら凡人組』
テンプレートを表示

新田 たつお(にった たつお、1953年(昭和28年)10月25日 - )は、日本漫画家。本名・島田 好晴(しまだ よしはる)[1]大阪府出身。奈良芸術短期大学卒業。血液型B型

経歴・人物[編集]

「新田たつお」は元々は友人の名前で、「台所の鬼」の執筆でペンネームとして使用した際に、そのままデビューが決まってしまったため、以降もその名をペンネームとして使用している。

少年時代、少年誌に投稿を行い、何度か入選している。高校在学時に『週刊少年サンデー』に掲載された「母と子の詩」でデビュー[1]。短大卒業後、中学校の美術教師を経て、漫画家となる。1975年に上京し、『週刊少年マガジン』(講談社)に掲載された「台所の鬼」で再デビュー[1]

ビッグマグナム 黒岩先生』、『こちら凡人組』などのヒットを飛ばし、中でも1989年に連載を開始した『静かなるドン』はベストセラーとなり、映画化、テレビドラマ化、オリジナルビデオ化され、単行本も全108巻と長期連載の大作であった。初期はナンセンスギャグ一辺倒であったが、『ビッグマグナム黒岩先生』あたりからシリアスなアクションが増えており、『静かなるドン』以降はシリアスなストーリーにギャグを織り交ぜた独特の作品スタイルを確立した。なおそれ以降の作品には、シリアス一辺倒のものも見られる。主人公は2枚目的でスマートな事もあるが、3枚目あるいは2枚目半の小柄で小太り体型である場合が多い。

2013年日本漫画家協会賞大賞受賞。

作品リスト[編集]

『悪役パパ』とタイトルが変更され1993年に映画化。主演は内藤剛志
横山やすし主演で1985年に映画化
2000年にかどたひろしの作画により「新ビッグマグナム 黒岩先生」としてリメイク
第4巻のみタイトルが「我が愛しの阪神(タイガース)」に変更された。
泉谷しげる主演で1992年にオリジナルビデオ化
  • となりの凡人組
倉田保昭主演で1993年にオリジナルビデオ化
  • それからの凡人組
香川照之主演で1991年にオリジナルビデオ化、2000年に映画化
中山秀征主演で1994年にテレビドラマ化
竹下宏太郎主演で1997年にオリジナルビデオ化
袴田吉彦主演で2009年に映画化
  • 取締役平並次郎 - 『ビッグコミックスペリオール』(1992年 - 1994年)
  • 家庭にほえろ - 『(掲載誌不詳)』(1995年 - 1996年)
  • サラ忍マン - 『ビッグコミックスペリオール』(1996年 - 1997年)
  • チェン爺 - 『ビッグコミックスペリオール』(2000年 - 2001年)
『ザ・ゲーム』というタイトルで韓国で映画化

ほか多数

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『Fusion Product 創刊号』ふゅーじょんぷろだくと、1981年7月。PP186-187。