えびのインターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
えびのインターチェンジ
料金所(2015年11月) 奥に海上自衛隊えびの送信所を望む
料金所(2015年11月)
奥に海上自衛隊えびの送信所を望む
所属路線 E3 九州自動車道
IC番号 20
料金所番号 02-819
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0268.svgJapanese National Route Sign 0221.svg えびの 湧水
起点からの距離 274.3 km(門司IC起点)
えびのPA (2.4 km)
(2.1 km) えびのJCT
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0268.svg国道268号
供用開始日 1976年3月4日
通行台数 3,769台/日(2007年度)
所在地 889-4234
宮崎県えびの市大字永山694
テンプレートを表示

えびのインターチェンジは、宮崎県えびの市にある九州自動車道インターチェンジである。

八代JCTからえびのICまでの区間は、全長5kmを超える長大トンネルである肥後トンネル加久藤トンネルがあることから、危険物積載車両の通行は禁止されている。当該車両は国道221号などを経由することになる。

えびのJCTから鹿児島方面が開通するまでは、宮崎自動車道のインターチェンジとして扱われていた。また、料金所施設には宮崎県警察高速道路交通警察隊(えびの分駐隊)が併設されている。

案内板[編集]

(かつてはえびの 吉松と書かれていた。)

道路[編集]

歴史[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:5

入口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • 一般:2(自動精算機有り)

バス停留所[編集]

当停留所停車時は、本線車道からいったん降りてランプウェイに入り、料金所手前でバス停留所専用道路に入ることで料金所を通らず停車できる構造になっており、両方向とも同一の停留所設備を使用する。

路線愛称 運行会社 方面
フェニックス号
※各停便のみ停車
宮崎交通
JR九州バス
西日本鉄道
九州産交バス
人吉IC八代IC八女IC久留米IC高速基山福岡(呉服町・博多BT天神高速BT
※宮崎行きは降車のみ
B&Sみやざき号 宮崎交通
JR九州バス
産交バス
新八代駅
※宮崎行きは降車のみ
なんぷう号 宮崎交通
九州産交バス
宮崎行き小林IC都城北宮崎宮交シティ宮崎駅
熊本行き:人吉IC → 益城熊本熊本県庁前・桜町BT熊本駅前・西部車庫)
ブルーロマン号 宮崎交通
長崎県交通局
高速大村木場諫早IC長崎昭和町長崎駅前)
※宮崎行きは降車のみ
はまゆう号 宮崎交通
南国交通
宮崎行き:小林IC → 高原IC → 都城北 → 宮崎(宮交シティ・橘通り1丁目・宮崎駅)
鹿児島行き吉松鹿児島空港南鹿児島空港帖佐鹿児島(下伊敷・鹿児島中央駅前・天文館

周辺[編集]

九州自動車道の宮崎県区間と高原インターチェンジ以西の宮崎自動車道を管轄

[編集]

E3 九州自動車道
(19)人吉IC/TB(廃止) - (19-1)人吉球磨スマートIC - 人吉仮出入口(廃止) - えびのPA - (20)えびのIC - (21)えびのJCT

脚注[編集]

  1. ^ 3月24日実験開始「道の駅」が高速道路の立ち寄り施設に!”. 国土交通省九州地方整備局・西日本高速道路九州支社 (2018年2月28日). 2019年1月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]