指宿スカイライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
(有料 / 無料)

Ibusuki sky line.png

鹿児島県道17号指宿鹿児島インター線
指宿スカイライン
指宿有料道路
地図
Ibusuki skyline.svg
路線延長 36.8Km
陸上区間 36.8Km
起点 鹿児島県指宿市
主な
経由都市
南九州市
終点 鹿児島県鹿児島市
接続する
主な道路
記法
九州自動車道東九州自動車道
Japanese National Route Sign 0003.svg南九州西回り自動車道
Japanese National Route Sign 0003.svg国道3号
Japanese National Route Sign 0225.svg国道225号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

指宿スカイライン(いぶすきスカイライン)は、鹿児島県指宿市池田から同県鹿児島市田上八丁目に至る一般有料道路主要地方道)である。指宿有料道路(いぶすきゆうりょうどうろ)とも呼ばれる。

有料区間については鹿児島県道路公社、無料区間については鹿児島県が管理している。

鹿児島県道としての路線は全線が鹿児島県道17号指宿鹿児島インター線に指定されている。また、鹿児島市田上八丁目(鹿児島インターチェンジ)から同市上福元町(谷山インターチェンジ)までの区間は地域高規格道路である南薩縦貫道の一部を構成している。

概要[編集]

鹿児島市内で九州自動車道・鹿児島インターチェンジ (IC) と接続し、薩摩半島鹿児島湾(錦江湾)に沿った稜線上を指宿方面へ南下して頴娃ICまで走る有料道路である[1]。頴娃IC以降の無料区間(鹿児島県道17号指宿鹿児島インター線)も同様に、指宿スカイラインと呼ばれ、池田湖付近に接続している。

IC区間によって道路管理者や有料・無料の区分が異なるという、他ではあまり例を見ない有料道路でもある。有料区間は鹿児島県道路公社が、無料区間は鹿児島地域振興局(鹿児島市内)および南薩地域振興局指宿支所(南九州市・指宿市)が管理している。

また、鹿児島ICから谷山ICまでは片側2車線で整備された自動車専用道路南薩縦貫道(地域高規格道路)の一部を構成しているが、谷山IC以南は片側1車線となる上、センターラインが引かれているのみで上下線が分離されていない。錫山ICのように右折で出口に進入するインターチェンジがあるほか、3カ所に設けられている展望施設へも、上下線から同一駐車場に乗り入れる形となっている。

当初、鹿児島県は2016年度の建設費の全額償還を目標としているが、全額償還後の通行料金については検討中としており[2]、全線にわたってETCは導入に要する設備投資を行うことにより、全額償還が遅れることを避けるため今後も導入される予定はないとしていたが[3]2015年平成27年)6月11日鹿児島県議会の定例議会の代表質問に対して、山田ICのフルインター化、山田料金所へのETCの導入及び路線の改修、維持費に充てるために、2017年6月の料金徴収期限を2042年まで延長する予定であると鹿児島県が回答している[4]。2016年3月の県議会で料金徴収期間の延長への同意を求める議案が賛成多数で可決され[5]、同年4月8日に道路改築工事の開始と料金徴収期間の延長が公告された[6]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通のIC/JCT名は仮称。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
鹿児島県道28号岩本開聞線に接続
大迫IC 鹿児島県道236号頴娃宮ヶ浜線 0.0 指宿市
頴娃IC 鹿児島県道234号石垣喜入線 14.1 本線料金所 南九州市
知覧IC 鹿児島県道23号谷山知覧線 24.1
川辺IC 国道225号 31.7
錫山IC 鹿児島県道22号谷山伊作線 37.7 T字路平面交差型 鹿児島市
谷山料金所
谷山IC 南薩縦貫道(予定)
鹿児島県道20号鹿児島加世田線
鹿児島県道219号玉取迫鹿児島港線[7]
43.3
中山IC 46.0
山田IC 鹿児島県道35号永吉入佐鹿児島線 48.1 鹿児島IC方面出入口のみ
山田料金所 48.4
29 鹿児島IC E3A 南九州西回り自動車道
鹿児島東西幹線道路
国道3号鹿児島バイパス
50.9
E3 九州自動車道東九州自動車道)に接続

歴史[編集]

  • 1977年4月1日 : 指宿スカイライン2期として大迫IC - 谷山IC間が供用開始[8]
  • 1988年3月27日 : 大迫IC - 頴娃IC間無料化。
  • 1988年3月29日 : 指宿スカイライン3期(鹿児島IC - 山田IC)及び2期と3期を結ぶ公共区間(山田IC - 谷山IC)として鹿児島IC - 谷山IC間が暫定二車線で供用開始[8]
  • 1997年2月1日 : 山田IC - 中山IC間が四車線に拡幅される[8]
    • 6月5日 : 中山IC - 谷山IC間が四車線に拡幅される[8]
    • 10月1日 : 鹿児島IC - 山田IC間が四車線に拡幅される[8]
  • 2011年12月 : 同月中旬より鹿児島IC - 谷山IC間の最高速度が60キロから70キロに引き上げられた[9]
  • 2013年2月20日 : 知覧IC - 頴娃IC間で大規模な土砂崩れが発生し、当該区間が通行止めとなる[10]。その後通行止めは4月26日に解除され片側交互通行により通行できるようになった[11]
  • 2015年6月11日 - 鹿児島県が料金徴収期限を2017年7月までとしていたものを2042年まで延長する予定である方針を鹿児島県議会の代表質問に対して回答する[4]
  • 2016年3月23日 - 鹿児島県議会が「鹿児島県道路公社の有料道路事業に係る国土交通大臣の許可事項の一部変更に同意することについて議決を求める件」を賛成多数で可決する[5]
  • 2016年4月8日 - 鹿児島県道路公社公告により、料金徴収期間が「2017年6月1日まで」から「2042年4月3日まで」に変更される[6]
  • 2017年12月 - 山田料金所にてETCの運用が開始される予定[12]。同時に山田料金所の回数券が廃止される予定[13]

路線状況[編集]

通行区分[編集]

谷山ICを境に通行区分が異なり、山田IC以北は自動車専用道路であるため自動車以外での通行は禁止されており、自動車専用道路に指定されていない谷山ICから山田ICまでの区間についても二輪の自動車・原動機付自転車(125cc以下)、軽車両、歩行者の通行禁止規制が標識により行われているが、谷山IC以南では自動車に含まれない原動機付自転車(125cc以下)や自転車などの「軽車両等」が通行可能となる。

車線・最高速度・通行規制[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
最高速度 通行規制等 管理者
大迫IC - 頴娃IC 2=1+1 50km/h 規制なし 南薩地域振興局指宿支所
頴娃IC - 谷山IC 歩行者通行禁止 鹿児島県道路公社
谷山IC - 山田IC 4=2+2 70km/h[14] 歩行者・軽車両・小二輪通行禁止 鹿児島地域振興局
山田IC - 鹿児島IC 自動車専用道路 鹿児島県道路公社

通行料金[編集]

指宿スカイライン料金表(概略)
  普通車 大型車I 大型車II 軽自動車等 軽車両等
鹿児島IC 均一制
料金徴収:山田料金所
通行不可
山田IC
無料
中山IC
谷山IC
距離制
料金徴収:谷山料金所または各IC
錫山IC
川辺IC
知覧IC
頴娃IC
  • 山田ICと谷山ICを境に通行料金が異なる。
  • 鹿児島IC - 山田ICの通行料は、本線上にある山田料金所で徴収される。
  • 山田IC - 谷山IC間は無料であるが、山田ICは鹿児島IC方面のハーフインターの為、乗り降り出来るという意味合いでの無料区間は中山IC - 谷山IC間となる。
  • 谷山IC(本線上にある谷山料金所) - 頴娃ICは「入口券」と呼ばれる通行券制による走行区間に応じた料金である。ただし、当該区間の料金所の営業時間は7時から22時までとなっており、22時 - 7時は当区間内に限り全線無料で通行ができる[15]

交通量[編集]

平日24時間交通量(台)(上下合計)[16]

料金 区間 平成17年度
(2005年度)
平成22年度(2010年度)
台数 混雑度
有料 頴娃IC - 知覧IC 458 288 0.04
知覧IC - 川辺IC 801 362 0.07
川辺IC - 錫山IC 1,402 708 0.11
錫山IC - 谷山IC 1,605 708 0.11
無料 谷山IC - 中山IC 32,055 29,541 0.74
中山IC - 山田IC 16,797 17,403 0.47
有料 山田IC - 鹿児島IC 19,005 19,721 0.48

トンネル[編集]

  • 西陵トンネル(鹿児島IC - 山田IC)
  • 田上トンネル(同上)
  • 中山トンネル(中山IC - 谷山IC)
  • 滝之下トンネル(同上)

地理[編集]

薩摩半島の尾根に沿って南北に延びる道路で、沿道の木々に遮られるところも多く一部を除いては眺望は効かないが、3カ所の展望台が設けられており、須々原展望台(鹿児島市下福元町)あたりからは東に鹿児島湾錦江湾)や桜島、西に東シナ海が見える[1][17]。また、樋高展望台(鹿児島市喜入中名町)からは、錦江湾に突き出た世界最大の原油備蓄基地のJX日鉱日石石油基地のタンク群などが見える[1]。線形は、適度にアップダウンやカーブのあるワインディングロードとなっている[17]。南端は池田湖にほど近く、薩摩富士とも呼ばれる開聞岳も見える[17]

通過する自治体[編集]

起点付近から川辺ICまでの区間は、南九州市と鹿児島市の境界線上に道路が走るため、この2市の境界を何度も行き来する。

  • 鹿児島県
    • 指宿市 - 南九州市 - 鹿児島市

交差する道路[編集]

谷山ICと産業道路を結ぶ県道219号玉取迫鹿児島港線

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 佐々木・石野・伊藤 2015, p. 129.
  2. ^ 意見・提案(平成23年4月)#【指宿スカイラインの料金について】 - 鹿児島県 2013年7月14日閲覧。
  3. ^ どうして!こうして!鹿児島[リンク切れ] - 南日本放送公式ウェブサイト 2011年5月29日閲覧。
  4. ^ a b 南日本新聞』 2015年6月12日付 26面(指宿スカイライン 42年まで有料 鹿県が延長方針、山田ICや路線改修、維持費に)
  5. ^ a b 平成28年第1回定例会議案,請願・陳情 鹿児島県議会、2016年3月25日更新、同年4月8日閲覧。
  6. ^ a b 鹿児島県総務部学事法制課『鹿児島県公報 (PDF) 』鹿児島県、第3202号、2016年4月8日(鹿児島県道路公社公告「指宿有料道路(II期)及び指宿有料道路(III期)の改築工事の開始の公告」「指宿有料道路(II期)及び指宿有料道路(III期)を一の道路として料金を徴収することについての料金の額及び料金徴収期間の公告の一部を変更する公告」)
  7. ^ 谷山ICの本線にて鹿児島県道219号玉取迫鹿児島港線と分岐する。
  8. ^ a b c d e 公社概要 - 鹿児島県道路公社 2011年12月8日閲覧。
  9. ^ 『南日本新聞』 2011年12月8日付 26面(鹿児島IC-谷山IC間 最高速度60→70キロ 今月中旬引き上げ
  10. ^ 土砂崩れ:指宿スカイラインで 頴娃-知覧通行止め、復旧めどたたず - 毎日新聞 2013年3月2日閲覧。
  11. ^ 頴娃IC⇔知覧IC間の通行止め解除(条件付片側交互通行) - 鹿児島県道路公社、2013年7月14日閲覧。
  12. ^ 南日本新聞(2017年6月27日付第1面、山田料金所12月ETC化)
  13. ^ 鹿児島県道路公社 ETC設置工事 - 鹿児島県道路公社、2017年7月1日閲覧。
  14. ^ 鹿児島ICから谷山IC間の規制速度が70kmになりました - 鹿児島県道路公社 2012年1月6日閲覧。
  15. ^ 指宿スカイライン料金表 - 鹿児島県道路公社 2011年12月17日閲覧。
  16. ^ 平成22年度道路交通センサス 一般交通量調査 箇所別基本表(鹿児島県) (PDF)”. 国土交通省道路局. 2013年5月2日閲覧。
  17. ^ a b c 須藤英一 2013, p. 181.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]