八神ひろき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
八神ひろき
生誕 (1966-07-05) 1966年7月5日(52歳)[1][2]
日本の旗 新潟県柏崎市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1987年 -
代表作2人におまかせ!
G-taste
DEAR BOYS
受賞 1986年第37回週刊少年マガジン新人漫画賞入選[3]
2007年第31回講談社漫画賞少年部門
(『DEAR BOYS ACT II』)[4]
テンプレートを表示

八神 ひろき(やがみ ひろき、1966年[1]7月5日[2] - )は、日本漫画家新潟県柏崎市出身。東京アニメーター学院卒。

代表作は『2人におまかせ!』、『G-taste』、『DEAR BOYS』 。

経歴[編集]

1986年、第37回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選[3]

1987年、「月刊少年マガジン」(講談社)にて『2人におまかせ!』でデビュー。

1989年まで連載終了より、同誌にて『DEAR BOYS』を連載開始。同作品は2003年4月から9月にテレビアニメが全26話で放送された。

1996年から2004年まで『ミスターマガジン』および『ヤングマガジンアッパーズ』(講談社)にて『G-taste』を連載した。

『DEAR BOYS』は、番外編『DEAR BOYS THE EARLY DAYS』を挟み、1997年より2008年まで、続編『DEAR BOYS ACT II』を連載した。

2007年には『DEAR BOYS ACT II』で第31回講談社漫画賞少年部門を受賞[4]

2009年より2015年まで、『DEAR BOYS ACT3』を連載した。本編完結後に同誌にて2016年3月号から2017年2月号まで特別編『DEAR BOYS OVER TIME』が集中連載された。シリーズの累計売上は4000万部を突破した[5]

2017年6月号より、「月刊少年マガジン」にて『トキワボウルの女神さま』の連載が開始し、2018年8月号にて終了した。

2018年11月号より、『DEAR BOYS ACT4』の連載が開始された。

エピソード[編集]

  • ペンネームの八神は、彼が好きだったミュージシャン、八神純子から取ったものである。
  • 大のJBLファン。
  • 洋服はHYSTERIC GLAMOURを愛用している。
  • 『2人におまかせ』が月刊誌の一話完結のコメディーで四苦八苦したほどの遅筆を痛感したという反省から次作は引き延ばしが利くストーリーにしたという。

作品リスト[編集]

発行は注記のない限り全て講談社。太字は現在連載中の作品。

漫画
  • 2人におまかせ!月刊少年マガジン 1987年2月号 - 1989年3月号、全6巻、文庫版全4巻)
  • DEAR BOYS(月刊少年マガジン、1989年 - )
    • DEAR BOYS(1989年7月号 - 1997年2月号、全23巻、文庫版全12巻)
    • DEAR BOYS THE EARLY DAYS(1997年3月号 - 1997年6月号、全1巻)
    • DEAR BOYS ACT II(1997年8月号 - 2008年12月号、全30巻、文庫版全6巻[6]
    • DEAR BOYS ACT3(2009年1月号 - 2016年1月号、全21巻)
    • DEAR BOYS OVER TIME(2016年3月号 - 2017年2月号、全3巻)
    • DEAR BOYS ACT4(2018年11月号 - )
  • G-tasteミスターマガジン 1996年第9号 - 2000年1月 → ヤングマガジンアッパーズ 2000年10号 - 2004年、月刊ヤングマガジン 2010年9月)
  • トキワボウルの女神さま(月刊少年マガジン 2017年6月号 - 2018年8月号、全4巻)
その他
  • DEAR BOYS The Girls' days(原作作画担当、作:金春智子、2002年8月16日発売)
  • NEAR BOYS(企画監修担当、漫画:櫻太助、2014年06月17日発売)[7]
画集
  • DEAR BOYS ILLUSTRATIONS 「SCENE」(2001年6月14日発売)
  • DEAR BOYS ILLUSTRATIONS 2 「QUARTER」(2014年09月17日発売)

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b honto - DEARBOYS25周年 八神ひろきトーク&サイン会イベントレポート 著者紹介より
  2. ^ a b 『DEAR BOYS』単行本5巻214ページ「1991年4月のプロフィール」より
  3. ^ a b 『DEAR BOYS 公式ガイドブック グッドグッドボーイテキスト』12ページ「巻頭特別メッセージ」より
  4. ^ a b 過去の受賞者一覧 : 講談社漫画賞 : 講談社「おもしろくて、ためになる」出版を”. 講談社. 2007年8月21日閲覧。
  5. ^ DEAR BOYS ACT3(21)”. 講談社コミックプラス. 2017年5月10日閲覧。
  6. ^ 講談社コミックプラス 『DEAR BOYS ACT2』既刊一覧
  7. ^ 講談社コミックプラス シリーズ累計2000万部突破、大人気青春バスケ漫画『DEAR BOYS』シリーズを、作者公認パロディ漫画化!