渡辺みちお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
渡辺 みちお
生誕 (1954-07-27) 1954年7月27日(63歳)[1]
日本の旗 新潟県佐渡市[2]
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1978年 -
ジャンル 劇画
代表作 白竜
まるごし刑事
テンプレートを表示

渡辺 みちお(わたなべ みちお、1954年7月27日[1] - )は、日本漫画家新潟県佐渡市出身[2]血液型B型[2]。代表作に『まるごし刑事』、『白竜』など。

経歴[編集]

小学3年生の頃に絵画コンクールで賞を貰った事をきっかけに絵を描く事に興味を抱くようになる[2]。離島在住のため近くに本屋がなく、通信販売で当時刊行されていた漫画雑誌の『冒険王』や『少年』などを取り寄せて読んでいた[2]。小学校の高学年の頃から友人と共に漫画を描くようになり[2]中学生の頃に石ノ森章太郎の『マンガ家入門』が発売されると、渡辺はそれを教科書にして本格的な漫画の描き方を覚えるようになる[2]

高校時代に作品を2本ほど投稿するも落選、実力不足と判断して高校を卒業した時点で漫画家の道は諦めていた[2]。その後は父が建築関係の仕事をしていたため、上京して建築関係の専門学校に入学し新聞奨学生を始める[2]。しかし建築を志望していたわけではなかったために、学業にあまり興味が持てずに挫折[2]

当時の恩師といえる新聞販売店の所長に「本当は漫画家になりたい」と告げると、彼の知人であったかざま鋭二を紹介される[2]。これをきっかけに専門学校を3ヶ月で中退し、アシスタントになる[2]。しかし奨学生という立場から、1年間は新聞配達の仕事を続けながらかざまのアトリエに通っていた[2]。その後、かざまに「来年から毎日来い」と言われ、かざまプロに4年間通い始める[2]。この時期に知り合いになった編集者との縁で、24歳の時に芳文社漫画雑誌コミックマガジン』にて原作付き作品を隔週連載しデビューを果たす[2]。その後は主に原作付きの漫画作品を描いている。『別冊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて『大和の獅子』を連載中だったが、全3巻で完結した。

現在、『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて『白竜』の続編に当たる『白竜HADOU』を連載中であり、同誌の看板作品となっている。

主な作品[編集]

師匠[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b まるごし刑事 第1巻 巻末カバー 実業之日本社
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 2009年10月号/渡辺みちお先生”. 漫画家リレー訪問記. 日本漫画学院 (2009年). 2011年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]