弐瓶勉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弐瓶勉
生誕 1971年2月26日(44歳)
国籍 日本
活動期間 1995年 -
ジャンル 青年漫画
代表作 BLAME!
BIOMEGA
シドニアの騎士
テンプレートを表示

弐瓶勉(にへい つとむ、1971年2月26日[1] - )は日本漫画家。男性。福島県郡山市出身[2]。現在独身[3][要検証 ]。代表作に『BLAME!』、『BIOMEGA』、『シドニアの騎士』など。

概要[編集]

福島県立郡山北工業高等学校を卒業後[2]、上京し現場監督の見習いや施工図など建築関係の仕事に就くが、組織の一員として働くことに向かないと感じ退職、単身渡米し1年ほど日本の出版社へ漫画を投稿するもデビュー出来ず帰国[2]。1995年にアフタヌーン四季賞夏のコンテストで短編作品の『BLAME』が審査員(谷口ジロー)特別賞を受賞。その後、高橋ツトムの専属アシスタントを5ヶ月ほど経験し、1997年より『月刊アフタヌーン』で長編作品『BLAME!』の連載を開始。この作品は後にOVA化されている。

ハードSF的な世界観の作品が多いが、特に巨大な建築物と人物を対比させることにより、「スケール感」を表現する手法を多用する。他方で、一般的な漫画作品と比較して台詞が極端に少ない作風のため(『BLAME!』では台詞が全くない回もある)、ストーリーが理解しにくいとの評価もある。それに対して作者自身は「情報は最小限のものを断片的にしか出さず、あとは勝手に想像してもらう方がリアルだと信じている」とインタビューで答えている。2009年から連載を開始した『シドニアの騎士』では、雑誌連載第2話より用語の説明やあらすじを書いたページが用意された。複数の作品において、「東亜重工」という企業名や「奇居子(がうな)」と称される存在を、スターシステム的なガジェットとして使用している。特に「東亜重工」は、自身がデザインしたグッズのロゴや、スタンド花の贈り主名[4]、他作家とのコラボレーション企画[5]などに利用している

海外での評価も高く、エンキ・ビラルなどから賞賛を受けている。村上隆によるアート展『「SUPER FLAT」at 渋谷パルコギャラリー』(2000年)にもイラストを出品した。また、単行本『シドニアの騎士』第2巻では椎名誠が帯文を寄せた。

原稿にはコピックマルチライナー筆ペンを使用(単行本『ABARA』発売時点)。カラー原稿は初期にはアクリルを使っていたが、『BLAME!』中期よりデジタル環境(フォトショップ)に移行した模様[6]。また『BIOMEGA』や『シドニアの騎士』では、作画時の参考資料として登場メカの立体模型を自作している[6]。背景にまで個性を出せるとしてアシスタントは使っていない[2]

『シドニアの騎士』以降、Twitterのアイコンや自画像にクワガタを使用している。

『シドニアの騎士』第11巻からは赤松健が提唱している同人マークを赤松以外の著作物では初めて付ける[7]など、常識範囲内の二次創作についても寛容な姿勢を見せている。

2015年、『シドニアの騎士』で第39回講談社漫画賞・一般部門を受賞[8]

作品リスト[編集]

長編作品[編集]

短編作品[編集]

  • BLAME(月刊アフタヌーン、1995年10月号、講談社) ※単行本『NOiSE』に収録。
  • ブラム学園!シリーズ(月刊アフタヌーン、2004年5月号・2007年10月号・2008年5月号、講談社) ※単行本『ブラム学園! アンドソーオン』に収録。既出3話。
  • BLAME!2第八系子体プセルの都市構造体脱出記モーニング増刊マンダラ、2008年、通巻第2号、講談社) ※単行本『ブラム学園! アンドソーオン』に収録。
  • DEADHEADS(アフタヌーンシーズン増刊、2002年、通巻第12号、講談社) ※第1話発表の後に掲載誌が休刊。画集『BLAME! and so on』に収録。
  • DIGIMORTAL(ウルトラジャンプ、1995年1月号・2月号、集英社) ※単行本『ABARA』下巻に収録。前後編。
  • ネットスフィアエンジニア(別冊モーニング、2005年、通巻第4号、講談社) ※第1話発表の後に掲載誌が休刊。単行本『ブラム学園! アンドソーオン』に収録。
  • ZEB-NOID(チャンピオンRED、2004年7月号掲載、秋田書店) ※単行本『ブラム学園! アンドソーオン』に収録。
  • 戦翅甲蟲 天蛾(ヤングガンガン、2007年第3号、スクウェア・エニックス) ※読み切り作品。単行本『ブラム学園! アンドソーオン』に収録。
  • MEGALOMANIA(STUDIO VOICE、2000年、INFASパブリケーションズ) ※連作イラスト。画集『BLAME! and so on』に収録。
  • Wolverine: Snikt!マーベル・コミック、2003年、全5冊)※アメコミ作品『X-メン』『ウルヴァリンシリーズ』のウルヴァリンを主人公にしたスピンオフ作品シリーズ。
  • 同人誌『赤い牙』に掲載した短編(サブリナ・アイダホ・沼の神・小包・ポンプ) ※『沼の神』(月刊アフタヌーン2008年10月掲載)および『小包』『ポンプ』(ともに商業誌未掲載)の3作品は、単行本『ブラム学園! アンドソーオン』に収録。

画集[編集]

  • BLAME! and so on 弐瓶勉画集(2003年、講談社)

その他[編集]

書誌情報[編集]

  • 弐瓶勉『ブラム学園! アンドソーオン 弐瓶勉作品集』〈アフタヌーンKC〉講談社
  1. 2008年9月22日発売 ISBN 978-4063145311
  • 弐瓶勉『BLAME! and so on 弐瓶勉画集』講談社
  1. 2003年10月23日発売 ISBN 978-4063645286
  1. 2006年8月9日発売 ISBN 978-0785123729

メディア出演[編集]

インタビュー掲載[編集]

  • 電撃ホビーマガジン2013年9月号 弐瓶勉氏が語る『シドニアの騎士』[9]
  • BookLive!インタビュー『わが生涯に一片のコマあり!』 第三回;弐瓶勉先生[10]

ラジオ[編集]

  • WEBラジオ シドニアの騎士〜綾と綾音の秘密の光合成〜 (ゲスト出演[11])

アニメ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ◆祝御生誕‼︎◆本日2月26日は「シドニアの騎士」という素晴らしい作品を生み出された我らが弐瓶勉先生の生誕日でございます!TVアニメ「シドニアの騎士」の公式Twitter
  2. ^ a b c d 講談社漫画賞で本県出身2人受賞 世界観、高い評価 - 福島民友
  3. ^ 公式にFacebookにて記載
  4. ^ a b 今井寿の公式ブログ[1]
  5. ^ 銀盤騎士で選手のスポンサー企業として登場している。
  6. ^ a b アニメイト配布のフリーペーパー『シドニア制作記』より。
  7. ^ 弐瓶勉『シドニアの騎士』に「同人OK」マークが付きました!”. アフタヌーン公式サイト「モアイ」(講談社). 2013-10-232閲覧。 なお、同人マークの有効範囲は本作第1巻に遡って全話で適用される。
  8. ^ 『講談社漫画賞』決定 少年部門は『七つの大罪』&『弱ペダ』”. ORICON (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  9. ^ 電ホビ9月号では『シドニアの騎士』特集を決行!”. 電撃ホビーウェブ. 2013年7月22日閲覧。
  10. ^ 『シドニアの騎士』弐瓶先生インタビュー”. 電子書籍ストア BookLive!. 2014年6月23日閲覧。
  11. ^ ラジオ シドニアの騎士〜綾と綾音の秘密の光合成〜”. 音泉. 2015年3月18日閲覧。

外部リンク[編集]