若林厚史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若林 厚史(わかばやし あつし、1964年12月10日 - )は、日本のアニメーション監督、アニメーション演出家アニメーター栃木県出身。

略歴[編集]

竜の子アニメ技術研究所を経て、90年代は『幽☆遊☆白書』、『みどりのマキバオー』などの作画監督を務め、主にスタジオぴえろ作品の作画を支えた。『NARUTO -ナルト- 』では第30話・第71話・第133話の絵コンテ・演出・作画監督・原画を担当し注目を集めた。その後は、他社作品へと仕事の場を広げているが絵コンテのみの参加が多い。現場での愛称は「カバさん」。

2009年には『グイン・サーガ』で初監督を務めた。 2013年からはぴえろの創業者である布川郁司が設立した、NUNOANI塾の講師も務めている[1]

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ アニメ演出の映像表現を学ぶ プロフェッショナルのための“NUNOANI塾”が二期生募集 アニメ!アニメ!ビズ 2014年4月12日
  2. ^ 烈火の炎”. ぴえろ公式サイト. 2018年2月8日閲覧。
  3. ^ STAFF&CAST”. グイン・サーガ公式サイト. 2016年5月22日閲覧。

関連項目[編集]