川崎ゆきお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川崎 ゆきお(かわさき ゆきお、1951年 - )は、兵庫県伊丹市出身(現在も在住)の漫画家エッセイスト。本名、川崎行雄。

略歴[編集]

高校時代に雑誌『ガロ』で水木しげるの漫画と出会い、漫画家を志す。1968年から、屋我平勇・宇原泰年らとの肉筆漫画同人誌『もののけ』を主催する。

1971年に「うらぶれ夜風」で『ガロ』でデビュー。「ヘタウマ」ならぬ「ヘタヘタ」のあまりの絵の下手さに編集部内でも議論があったが、編集長の長井勝一の一存で掲載となった。その後も、『ガロ』をはじめとした、様々なマイナー雑誌に漫画作品を発表。そのダウナーな独特の世界観で、カルト作家として評価されているが、商業的に成功した作品はない。

代表作は、30年以上にわたって描き継がれている「猟奇王」シリーズ。また、『プレイガイドジャーナル』他の雑誌にエッセイ、写真エッセイなども発表している。また、インターネットの黎明期から、自身のサイトを保有。サイトでエッセイ、小説、RPGゲーム「川崎ダンジョン」、漫画等を多数発表、一部の作品はネット配信している。また、CGを使って漫画を描いたのも非常に早かった。ただし、絵の下手さは相変わらずである。2013年から、自作やエッセイをKindle化して販売中。

近年は、なかのしげる主催のインディーズ出版社「幻堂出版」から「川崎ゆきお幻堂不完全版全集」[1]と称して、単行本未収録を含む多数の作品が刊行された。

著書[編集]

漫画[編集]

  • 猟奇王 プレイガイドジャーナル社 1979.8
  • 天地無用 プレイガイドジャーナル社 1980.11
  • 活劇少女探偵 けいせい出版 1982.8
  • 悪いやつほどよく走る 青林堂, 1982.12
  • エディプスの怪人 けいせい出版 1982.12
  • 猟奇王国 ファンタジー活劇ロマン 東京三世社 1984.4
  • 二十面相の風景 けいせい出版 1984.8
  • ライカ伝 上下 プレイガイドジャーナル社 1985.5
  • 夢伝説 青林堂, 1986.8
  • レトロ帝国の逆襲 河出書房新社, 1987.1
  • 恐怖! 人食い猫 ドアの向こうに 立風書房, 1988.9
  • 猟奇夢は夜ひらく(猟奇王大全) チャンネルゼロ, 1995.11
  • 大阪は燃えているか(猟奇王大全) チャンネルゼロ, 1996.4
  • 猟奇の証明(猟奇王大全) チャンネルゼロ, 1996.4
  • 『Plus』VOL.1 川崎ゆきお原画展パンフレット, 恵文社, 1997.9
  • 川崎ゆきお全集1-2 幻堂出版, 1999.11
    • 「川崎ゆきお初期作品集」「猟奇王対おんな猟奇人」、ビデオ「実録・猟奇男」
  • 川崎ゆきお初期作品集2(川崎ゆきお全集3) 幻堂出版, 1999.12
  • 川崎ゆきおほのぼの傑作選(川崎ゆきお全集4) 幻堂出版, 2000.3
  • 川崎ゆきお初期作品集完結篇(川崎ゆきお全集5) 幻堂出版, 2000.4
  • 便所バエ対猟奇王(川崎ゆきお全集別巻/猟奇王セレクト集1) 幻堂出版, 2000.8
  • 恐怖! 人喰い猫(川崎ゆきお全集6) 幻堂出版, 2001.7
  • 真・猟奇王大阪ダンジョン(川崎ゆきお全集7) 幻堂出版, 2002.7
  • 秘蔵版・猟奇玉手箱 幻堂出版 2002.8
    • 「真・猟奇王/大阪ダンジョン」「復刻・ガリ版 猟奇の友」、ビデオ「幻活猟奇映画大全」、音楽CD「猟奇王のテーマ・他」、漫画CD「川崎ゆきお作品集」
  • 2001年猟奇への旅 少年少女世界猟奇名作選 なかのしげる編 幻堂出版 2002.8
  • 夢伝説 幻堂ヴァージョン(川崎ゆきお全集8) 幻堂出版, 2003.12

文章[編集]

  • 大阪もののけ紀行 白水社, 1989.5
  • 戯曲・猟奇王 川崎ゆきお原作・插し絵 北村想脚色 白水社, 1990.6
  • 小説猟奇王 怪奇ロマン派怪人譚 希林館, 1998.4
  • 猟奇娘 新実録猟奇娘オクトパスよ永遠に記念プログラム 面白空間幻堂, 2000.6

CD[編集]

  • 「探偵講談・猟奇王」川崎ゆきお原作 旭堂南湖口演 幻堂出版 2003

脚注[編集]

  1. ^ 全8巻+別巻。9巻目以降も予告されたが、刊行されなかった。

外部リンク[編集]