飯島澄男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯島澄男
名城2010Fとともに.jpg
名城大学電顕の前で
生誕 (1939-05-02) 1939年5月2日(80歳)
国籍 日本の旗 日本
出身校 電気通信大学[1]東北大学[1]
主な業績 高分解能電子顕微鏡法の確立およびカーボンナノチューブの発見 (1991年)
主な受賞歴 本文参照
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

飯島 澄男(いいじま すみお、1939年5月2日 - )は、日本物理学者および化学者埼玉県越谷市出身。 文化功労者恩賜賞・日本学士院賞受賞者、文化勲章受章者。日本学士院会員。名古屋大学高等研究院アカデミー会員、名古屋大学特別招聘教授名城大学終身教授

カーボンナノチューブの発見(1991年)と電子顕微鏡による構造決定[2]の功績で、世界的に有名になった。原子アメーバのように動く金超微粒子の“構造ゆらぎ”現象を発見(1984年)。 ノーベル化学賞物理学賞の有力候補とも見られている[3]

名城大学終身教授、NEC特別主席研究員をはじめ多数の職を現職で兼任する。

現職[編集]

略歴[編集]

研究分野[編集]

ナノ科学物性物理材料科学電子顕微鏡学、結晶学

所属アカデミー[編集]

フェロー・名誉教授・名誉会員[編集]

記念講演講師[編集]

学術賞歴[編集]

栄典[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 飯島 澄男特別主席研究員: NECの研究者”. NEC. 2019年5月30日閲覧。
  2. ^ Iijima, Sumio (1991年11月7日). “Helical microtubules of graphitic carbon”. Nature 354: 56–58. doi:10.1038/354056a0. 
  3. ^ 世界にその名を馳せるノーベル賞候補者・飯島澄男博士を特集!

外部リンク[編集]