さべあのま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

さべあ のま1956年 - )は、日本の女性漫画家イラストレーター

大阪府に生まれ、東京に育つ。高校時代から同人活動を始め、同人誌『楽書館』などに作品を発表。1978年Peke』(みのり書房)に掲載された「帰郷」で商業誌デビュー。1980年代の「ニューウェーブ」作家の一人と目された。代表作に『モト子せんせいの場合』(1988年TBS系『ドラマ23』にてテレビドラマ化された[1])、『ライトブルーペイジ』など。『月刊おひさま』連載の『スージーちゃんとマービー』は1999年NHK教育にてアニメ化されている[2]。近年はおもにイラストレーターとして活動。

デビュー前から高野文子と親交があり、デビュー初期には同じく「楽書館」で活動していた高野と互いの絵柄の類似が指摘されていた。実際にお互いの原稿を手伝っていたこともあるという(おしぐちたかし『漫画魂』より)。さべあの『はにほへといろは』巻末には高野との対談形式のイラストエッセイが収録されている。

作品リスト[編集]

  • ライトブルーペイジ
  • モト子せんせいの場合
  • 地球の午后三時
  • さべあのま キラキラヒカルYume
  • はにほへといろは
  • さべあぶらんど
  • ネバーランド物語
  • ギジェット
  • マービー
  • 懐しい贈りもの
  • スージーちゃんとマービー

単行本[編集]

  • 『ライトブルーペイジ』 奇想天外社〈奇想天外コミックス〉、1980年5月
  • 『モト子せんせいの場合』 主婦の友社〈GLコミックス〉、1982年1月
  • 『地球の午后三時』 朝日ソノラマ〈サンコミックス. ストロベリー・シリーズ〉、1982年11月、ISBN 4-257-91713-X
  • 『さべあのま キラキラヒカルYume』 サンリオ、1983年4月、全国書誌番号:83048557
  • 『はにほへといろは』 白泉社〈ジェッツコミックス〉、1984年1月、ISBN 4592130278
  • 『さべあぶらんど』 朝日ソノラマ、1985年9月、ISBN 4-257-90064-4
  • 『ネバーランド物語』 綺譚社、1987年1月、全国書誌番号:87030262
  • 『ギジェット』 白泉社〈ジェッツコミックス〉、1988年11月、ISBN 4592131258
  • 『マービー』 白泉社〈ジェッツコミックス〉、1988年12月、ISBN 4592131274
  • 『懐しい贈りもの』 新潮社、1990年12月、ISBN 4-10-603021-7
  • 『スージーちゃんとマービー』 小学館、全5巻
    1. 1999年5日、ISBN 4-09-727421-X
    2. 1999年8月、ISBN 4-09-727422-8
    3. 1999年11月、ISBN 4-09-727423-6
    4. 2000年4月、ISBN 4-09-727425-2
    5. 2002年1月、ISBN 4-09-727439-2
  • 『さべあのま全集』 メディアファクトリー〈MF文庫〉、全6巻
    1. 『モト子せんせいの場合』、2003年12月、ISBN 4-8401-1005-0
    2. 『地球の午后三時』 2004年1月、ISBN 4-8401-1016-6
    3. 『はにほへといろは』 2004年2月、ISBN 4-8401-1026-3
    4. 『ネバーランド物語』 2004年3月、ISBN 4-8401-1039-5
    5. 『マービーとギジェット』2004年4月、ISBN 4-8401-1059-X
    6. 『ライトブルーペイジ』 2004年5月、ISBN 4-8401-1078-6

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ モト子せんせいの場合 - ドラマ詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2022年10月2日閲覧。
  2. ^ スージーちゃんとマービー - アニメ詳細データ”. テレビドラマデータベース. 2022年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]