松本修 (プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本 修(まつもと おさむ、1949年11月5日 - )は、朝日放送[1]制作局局長プロデューサー。 

来歴・人物[編集]

滋賀県高島郡海津村(現在の高島市マキノ町海津)出身。1972年京都大学法学部卒業後、朝日放送に入社。『霊感ヤマカン第六感』、『ラブアタック!』をはじめ数々の番組の企画ディレクターを担当した。1988年には『探偵!ナイトスクープ』をプロデューサーとして立ち上げた。

1970年代後半、『ラブアタック!』で「どんくさい」という近畿方言の単語を全国に広めた。

当時の副社長だった藤井桑正は、『ラブアタック!』のディレクターだった松本の制作能力を高く評価し、朝日放送の局部長会議で彼をプロデューサーとしたテレビ番組の制作が必要だと発言した[2]

現在は、企画を務めている(2010年4月23日放送分までは、チーフプロデューサー)。1991年に、『探偵!ナイトスクープ』の「全国アホ・バカ分布図の完成」編で日本民間放送連盟賞テレビ娯楽部門最優秀賞、ギャラクシー賞選奨、ATP賞グランプリを受賞。2010年度から、大阪芸術大学放送学科の教授も兼任している。

担当番組[編集]

現在

過去

著書[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 会社法人としては現在の朝日放送グループホールディングス。放送局としては現在の朝日放送テレビ朝日放送ラジオ
  2. ^ 松本の自著「探偵!ナイトスクープ アホの遺伝子」(ポプラ社)第一章P15より