オレたちのオーレ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オレたちのオーレ!
ジャンル テレビドラマ
企画 山田尚、出口孝臣
脚本 吉村ゆう、笠井健夫
演出 川島透、門奈克夫、花堂純次
出演者 大鶴義丹
寺脇康文
西田尚美
大寶智子
マルシア
オープニング 井上武英「君と僕の愛の歌は」
エンディング 徳永英明「僕のそばに」
製作
プロデューサー 芝野昌之、都丸雅明、内堀雄三
制作 毎日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年10月14日 - 12月23日
放送時間 木曜日20:00 - 20:54
放送枠 TBS木曜8時枠の連続ドラマ
放送分 54分
回数 11
テンプレートを表示

オレたちのオーレ!』は、1993年10月14日から同年12月23日まで、毎日放送(MBS)を制作局として、TBS系列で放送された日本のテレビドラマである。放送時間は、毎週木曜20:00 - 20:54(JST)。全11話。

概要[編集]

サッカーを題材としたコメディタッチの作品で、同年のJリーグブームを反映して10月の番組改編期に合わせて企画された[1]。サッカーの要素だけでなく地域おこしや、それを通じた人間模様が描かれたほか、「陽気で軟派」「サッカーに熱狂する国民性」「露出度の高い女性」などといった日本人がブラジルラテン系にもつステレオタイプのイメージがそのまま描かれた[1]。人気番組『ダウトをさがせ!』の放送を終了して企画・開始したもので、半年間の放送を予定していたが[1]、12月9日放送回で視聴率が5パーセントを記録するなど低迷したため[2]、全11話で打ち切りとなった。

同じクールには日本テレビ系列の『もうひとつのJリーグ』、テレビ朝日系列の『青春オフサイド!女教師と熱血イレブン』といった作品も放送され、競合する形となったがいずれも視聴率低迷により短期間で終了した[2]

なお、木曜20時枠でMBS制作のドラマが放送されたのは「腸捻転」時代の1969年に制作された『おやじは大学一年生』以来24年ぶりであった。

TBS系列の木曜20時台の枠においてMBSが放映枠を持っている間は初めてのドラマが極端な低視聴率による打ち切りの影響もあり、MBS製作のテレビドラマの放映枠を作ることが出来ず、本作が唯一のテレビドラマとなってしまった。

ストーリー[編集]

府川修はブラジルのサッカー選手だが、試合出場経験は1試合のみで、その試合で決勝点を決め新聞で報道されたことを自慢にして女性をナンパする日々を送っている。つい先日もナンパしたモニカに一目ぼれされた上に結婚を迫られ、彼女の兄弟に追われていた。友人の島田健太はコーディネーターを名乗る怪しい人物で、通訳や観光ガイドのほか、ダフ屋などの仕事も請け負っている。

ある日、府川と島田は日本の舞網町からブラジルに視察旅行に訪れた中西町長と出会い、中西が町おこしのための3億円の使途について悩んでいることを知る。3億円に目を付けた二人は「流行りのサッカーで町おこしを行い第2の鹿島アントラーズを目指そう」と、言葉巧みに中西を丸め込むのだった。

日本へと渡った府川と島田だったが、入団するはずの舞網町の工場チームは既に解散していた。二人は「話が違う」と騒ぎ立てるが、焦る中西町長は島田の話術に乗せられ「3億円の管理は島田に任せる」と約束をする。中西の娘の祐子の主導で新チームを立ち上げようとするが、舞網町の選手の多くは鷹巣町チームのオーナー・三田村麗子によって引き抜かれていた。島田の発案で新聞に選手募集の広告を掲載しセレクションを行うが目ぼしい選手は集まらず、使用する筈の練習グラウンドも鷹巣町の峰岸町長の横槍が入り使用不可となった。

そんな中、ブラジルにいたモニカが府川を追って舞網町に現れ結婚を迫るが、そこから逃げ出したい府川は鷹巣町チームの麗子に接近する。島田は紆余曲折を経て町から1000万円の準備金を受け取るが、彼を追ってブラジルからやってきた借金取りに脅されて、全額を明け渡すことになる。そのため練習グラウンドが用意できずに砂浜での練習を余儀なくされ、選手の不満が高まる。

地域リーグ加盟を掛けた鷹巣町チームとの試合が迫る中、府川にブラジルのサントスFCからオファーが届く。調子に乗った府川は2日後にブラジルへ渡ると発言するが、その日は鷹巣町との試合当日だった。一方、島田は峰岸から「1000万円の準備金を使い込んだことを公表されたくなければ八百長に応じるように」と持ちかけられていたため、府川を無理に引きとめようとしないが、結局はブラジル行きを諦める。

舞網町と鷹巣町との試合は、峰岸の思惑が外れて接戦となったものの舞網町が敗れ、選手達は意気消沈するが、そこに地域リーグ加盟承認の知らせが届き一転して歓喜の声があがる。一方、府川は一度は諦めたサントスFCからの入団オファーが、まだ取り消されていないことを知り、ブラジル行きを決意するところで物語を終える。

キャスト[編集]

府川修
演 - 大鶴義丹 
ブラジルのプロサッカー選手。ただし試合出場は1試合のみ。陽気だが、異性関係にだらしなく、いい加減な性格[3]
島田健太
演 - 寺脇康文 
ブラジルのコーディネーター。舞網町の町おこし資金に目をつけ中西町長に近づく。学生時代はサッカー経験者[3]
中西祐子
演 - 西田尚美 
中西の娘。東京の短大を卒業後に地元に戻り、父親のブラジル視察に同行。高校時代はサッカー部のマネージャー[3]
江口七海
演 - 大寶智子 
舞網町長の秘書。男好きの尻軽な性格[3]
モニカ・ガルシアス
演 - マルシア 
日系ブラジル人。ブラジルで府川と知り合い、彼の後を追って日本へ渡り結婚を迫る。サッカー選手の兄弟がいる[3]
江口縁
演 - 秋本奈緒美 
七海の叔母。「スナック舞網」のママ。祐子や七海の相談相手となる[3]
水沢
演 - 山口祥行 
舞網町チームの選手。地元に戻った祐子を追って、チームに加入した。
篠原錠
演 - 宮下直紀 
舞網町にあるバイク屋の店員。事故が原因でサッカーから離れている。
山崎哲夫
演 - 清水圭 
中西五郎
演 - きたろう 
舞網町町長。ブラジル視察中に府川と島田の口車に乗せられて「第2の鹿島アントラーズ」を目指すことになる[3]
峰岸三郎
演 - 斉木しげる
隣町の鷹巣町町長。中西とは高校時代からのライバル。舞網町を編入合併し、市に昇格させることを画策する[3]。 
三田村麗子
演 - 墨田ユキ
島田の元婚約者。隣町の鷹巣町チームのオーナーを務めている[3]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

  1. アミーゴのコンビは脳天気
  2. 帰るぜ!黄金の国
  3. 町から3億!今宵はサンバ
  4. 変な入団テスト!?
  5. ちぎれたミサンガ
  6. アミーゴの危機!!
  7. 衝撃の一夜!!修と祐子が…ゴールが恐い!! 蹴れない男
  8. 天才ドリブラーに修激怒!! ゆがんだ愛に島田おぼれる
  9. チーム見捨てる修に島田ムカムカッ!! 祐子とモニカ恋の対決!! 泣くのは…
  10. 決戦
  11. アミーゴ

備考[編集]

大鶴義丹マルシアは、ブラジルでプレーするサッカー選手と日系ブラジル人の女の子という設定で共演し、マルシアが大鶴にポルトガル語を、逆に大鶴がマルシアに日本語などを教えているうちに意気投合。翌1994年結婚した(2004年離婚)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「試写室 オレたちのオーレ!」『朝日新聞』1993年10月14日 13版 32面
  2. ^ a b 都築響一「サルマネ クリエイター天国 11 お願いデーモン!とサッカードラマの巻」『マルコポーロ』1994年2月号、文藝春秋、110頁
  3. ^ a b c d e f g h i 「オレたちのオーレ! サッカーに賭けた男の純情で第2の鹿島をめざして町おこし!」『週刊TVガイド』1993年10月8日号、60-61頁


毎日放送制作・TBS系列 木曜20時枠
前番組 番組名 次番組
オレたちのオーレ!
【当番組のみドラマ