立原啓裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たちはら けいすけ
立原 啓裕
本名 小西 啓裕
生年月日 (1954-01-12) 1954年1月12日(63歳)
出身地 奈良県桜井市
職業 俳優・タレント
活動期間 1977年 -
配偶者 あり
公式サイト タレント立原啓裕
主な作品
探偵!ナイトスクープ

立原 啓裕(たちはら けいすけ、1954年1月12日 - )は、日本の俳優タレント

来歴・人物[編集]

大阪府出身[1]奈良県桜井市育ち。関西圏を中心に、テレビラジオで活躍している。滋賀県大津市在住。既婚。

劇団四季に入団[編集]

桃山学院高等学校大阪芸術大学芸術学部放送学科を経て、1977年劇団四季に入団し、浅利慶太に師事する。厳しい修行をしたが、ダンスが苦手だった為、夜中一人でダンスの特訓をし、浅利にそれが認められ入団三年目で、初の舞台を踏む。以後300本を超える舞台を経験したが、1982年に退団した。また、退団後大阪に戻りMC企画に所属しその後個人事務所を設立した。

退団後・そして放送タレントに[編集]

退団後すぐに時代劇暴れん坊将軍』にゲスト出演するが、劇団時代のリアクションの演技がスタッフ等の目を引き過ぎてしまい、カルチャーショックを受ける。同年にはKBS京都ハイヤング京都』でラジオDJとしてデビューし、ラジオ大阪決定!全日本歌謡選抜』のパーソナリティに抜擢される。『決定!全日本歌謡選抜』での自称は「Mr.スリム」であった。

劇団を旗揚げ[編集]

1985年に、升毅牧野エミの3人で、演劇ユニット「売名行為」を結成し座長になり、関西の演劇層に一大ムーブメントを作り人気を博したが1991年10回目の大公演を終え解散。テレビでの活躍が目立っていく。

レギュラー番組本数の日本新記録樹立[編集]

放送タレントとしては、1987年テレビ大阪町ごとドンドン生放送』へ出演、以後テレビ・ラジオの出演数が増え、1989年には『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)の探偵や、『立原啓裕の昼はおまかせ』(ABCラジオ)メインパーソナリティ、『OBCブンブンリクエスト』(ラジオ大阪)など、レギュラー16本と絶頂を極め、関西ローカルながらレギュラー本数日本新記録の鉄人記録を樹立した。現在もその記録は破られていない。

メディカルタレント[編集]

しかし、過酷なスケジュールとの戦いと多忙がたたり、2ヶ月の病気・療養生活を余儀なくされ、以後はレギュラー本数を減らすとともに、「メディカルタレント」を宣言し、日本医学ジャーナリスト協会にも所属、全国的に講演活動も行うようになった。その時の体験を本にまとめ、2004年にメタモル出版から出版した『立原啓裕の自律神経安定法』CD付きが、2007年6月頃からネット上で話題となり、健康のみならず、願望実現に効果があった等の声が多数寄せられ、巷でブームを呼んでいる。医療健康本という専門書の分類にありながら、ついに7万部突破のベストセラーとなる。 それを受けて、2010年6月21日第2弾本『CDを聞くだけであなたの不安が消える本』(CD付き)を角川グループ中経出版からビジネス実用書として上梓した。 モチベーションアップ・性格改善・願望実現に特化した内容で、全国の自治体等を中心に講演活動も好調な展開を見せている。

なお、1989年7月以来探偵として出演してきた『探偵!ナイトスクープ』では、後半は特に「病弱キャラ」でいじられるなどで活躍し、新分野への挑戦を理由に2005年4月16日放送分をもって探偵として16年間の出演を終了したが、2006年7月28日から顧問として復帰している。かつて本番組内で、「薬(錠剤やカプセル)を見ただけで中身の成分を言い当てられる」という特技を披露したことがある。ちなみに病弱キャラの裏返しなのか、健康器具マニアである事が『たかじん胸いっぱい』で明らかにされている。

現在[編集]

大阪芸術大学グループ客員教授に就任し後進の指導に力を入れている。

2010年2月27日に放送された『よしもとモノマネGP2010』内で、博多大吉が「久米宏に扮装したつもりが立原啓裕になってしまった」といったときにテロップで「立原啓」と出たが、間違いである。

『探偵!ナイトスクープ』のDVD(vol.1〜12)でも立原啓裕の面白さは発揮されているが、『現代用語の基礎体力』のDVD(vol.1・2)で、被り物をさせると、立原啓裕の面白さは120%発揮されることが証明されている。

2010年、間瀬りさ、水澤薫、月野さあやの三人からなるユニット「ポケットパレットw.」を自らのプロデュースによりてがける。

担当番組[編集]

過去の主な担当番組[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 祭平成の歌垣「花夢絵巻」(平城遷都1300年祭)

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]