岡部まり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おかべ まり
岡部 まり
本名 酒井 芳枝(さかい よしえ)
別名義 岡部 マリ
生年月日 1960年1月22日(56歳)
出生地 日本の旗 日本長崎県
職業 タレントエッセイスト
事務所 グランディア
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
娯楽番組
探偵!ナイトスクープ

岡部 まり(おかべ まり、1960年1月22日 - )は、日本のタレントエッセイスト。本名、酒井 芳枝(さかい よしえ)[要出典]

長崎県出身[1]グランディア所属。

略歴[編集]

長崎県南高来郡加津佐町(現在の南島原市)出身。県立口加高校を経て、福岡女学院短期大学[1]英語科卒業。

テレビ、ラジオ、イベントのパーソナリティー、インタビュー、司会、コーディネーターの他、講演、女優業、執筆業など活動の場を広げる。中でも外国映画についての造詣が深く、映画に関するエッセー集のほかに、女性の視線で感じるエッセー集などを出版。近年では、エンタテイメント以外にも「暮らし」に関する企画のイベントや執筆にも積極的に参加している。朝日放送制作で全国ネット番組の『探偵!ナイトスクープ』の秘書役を21年間務める[1]。現在、ニューストゥナイトいいおとな「まりカフェ」(OBCラジオ大阪)発信中[1]。産経新聞夕刊コラム(近畿版)「岡部まりのほほえみ小箱」連載中。

参院選立候補[編集]

長年アシスタントを務めた『探偵!ナイトスクープ』を降板し、2010年7月11日の第22回参議院議員通常選挙大阪府選挙区民主党から立候補[2]したが、61万7,932票を得るも次点で落選した[3]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • FM東京 :「出光エナジー・ボックス・マイ・ベストセレクション」(1985)
  • FM福岡 : 「岡部まりの飾らない風景」(1993)
  • KISS-FM :「NICOS CINEMA CLUB」(1997)
  • OBCラジオ大阪 : ニューストゥナイトいいおとな「まりカフェ」(2011~)

映画・舞台[編集]

  • 映画 :「![ai-ou](1991年)
  • 朗読劇 :「ラヴ・レターズ」共演 PARCO劇場 (1998)
  • 舞台 :「忠臣蔵」 大石りく役 松竹座四月公演 (2000)
  • 舞台 :「忠臣蔵」 大石りく役 南座六月公演 (1999)

CM[編集]

審査員・アドバイザー[編集]

  • 読売映画・演劇広告賞 審査員 (1991 - 1998年)
  • シネスイッチ銀座 アドバイザリースタッフ (1987 - 1988年)
  • 最優秀外国映画輸入配給協会 審査員 (1989 - 1991年)

著書[編集]

  • 『お氣に召すまま』世界文化社 1989年 のち角川文庫 
  • 『片想いにさようなら』講談社 1992年2月 のち文庫 
  • 『親愛なる…』世界文化社 1991年1月 のち角川文庫
  • 『愛し方が知りたくて』講談社 1994年1月
  • 『女ごころを知りたい貴方へ』講談社 1996年4月
  • 『だから、一人が楽しい私』講談社 1997年10月
  • 『Media de MARI - 岡部まりの世界』プラネットジアース 2008年1月 ISBN 489340069X
  • 『Media de MARI - 岡部まりの世界〈2〉』プラネットジアース 2009年11月 ISBN 4893400967
  • 『岡部まりシンプルライフ』産経新聞出版 2012年1月

共著[編集]

  • 『二人よがりの恋愛論』(北野誠共著) 講談社 1998年4月
  • 『失敗しないための恋愛ナビゲーション』(北野誠共著)プラザ 1999年4月
  • 『Kissing「キス・キス・キス」』(片岡義男共著)扶桑社 1996年

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]