横山博人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横山博人(よこやまひろと、1948年3月16日- )は日本映画監督福岡県飯塚市出身。日本大学除籍後の1971年伊藤俊也監督の紹介で東映東京撮影所の契約助監督になる。石井輝男深作欣二中島貞夫鈴木則文、伊藤俊也など10名の監督たちにつく。

1977年工藝舎を設立。1979年監督デビュー作『』がカンヌ国際映画祭、批評家週間でオープニング上映。1980年、『純』が国内初公開。自主制作映画として配給収入の最高記録を樹立。 その後『』(1983)、『フリーター』(1987)『恋はいつもアマンドピンク』(1988)『眠れる美女』(1995)などを監督。 裕木奈江主演の『曖昧Me』(1990)をプロデュース。

近年は、後進の指導などにも当たっている。 自らのブログで「シナリオレーゼシナリオでは駄目だ」と書いている。(外部リンク参照)

主な作品[編集]

  • (1980年);脚本も兼ねる
  • 卍(まんじ)(1983年)
  • フリーター(1987年)
  • 恋はいつもアマンドピンク(1988年)
  • 曖昧Me(1990年、プロデュース)
  • 眠れる美女(1995年)

テレビドラマ[編集]

外部リンク[編集]

  • [本人のブログ[1]