GIRLSブラボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GIRLSブラボー
ジャンル ラブコメディ
漫画
作者 まりお金田
出版社 角川書店
掲載誌 月刊少年エース
レーベル 角川コミックスエース
発表期間 2000年 - 2005年
巻数 全10巻
アニメ:GIRLSブラボー
first season(第1期) / second season(第2期)
原作 まりお金田
監督 あおきえい
シリーズ構成 渡辺陽
キャラクターデザイン 牧野竜一
アニメーション制作 AICスピリッツ
製作 GIRLSブラボー製作委員会
フジテレビ(第1期のみ)
放送局 フジテレビ(第1期)
WOWOW(第2期)
放送期間 第1期:
2004年7月6日 - 9月27日
第2期:
2005年1月27日 - 4月21日
話数 第1期:全11話
第2期:全13話
ゲーム:GIRLSブラボー Romance15's
ゲームジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 プレイステーション2
発売元 角川書店
プレイ人数 1人
発売日 2005年1月27日
レイティング 15歳以上対象
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

GIRLSブラボー』(ガールズブラボー)は、まりお金田による少年漫画作品。「月刊少年エース」(角川書店)、及び「少年エース 桃組」(同)にて、2000年から2005年にかけて連載された。単行本は、角川コミックスエースより全10巻。

あらすじ[編集]

幼い頃から童顔で背が低いことから女子に苛められたことが元で、極度の女性恐怖症となり、女性に触れると蕁麻疹が出来るアレルギー体質になってしまった少年・佐々木雪成は、ある日、お風呂場から異世界・セーレンに飛ばされてしまう。そこでは、世界全体に対して男性の数が1割にも満たない為、常に男を巡っての抗争が絶えなかった。そこで彼は、女性アレルギーが出ない少女 ・ミハル・セナ・カナカに出会う。これを機に、地球にセーレンの美少女達がやって来て、雪成は様々な女難に遭う破目になる。

登場人物[編集]

声優は、テレビアニメゲーム版 / 『CDバラエティ GIRLS ブラボー』および『CDバラエティ GIRLS ブラボー3時のおやつ』のドラマCD[1]の順で記載。また声優1名だけの記載の場合はテレビアニメ・ゲーム版のみで、ドラマCD版には登場しなかった(または台詞がなかった)ことを示す。

主要キャラクター[編集]

佐々木 雪成(ささき ゆきなり)
声 - 能登麻美子 / 阪口大助
本作の主人公。水野高校に通う高校2年生。幼い頃から童顔で背が低いことから女子に苛められ、高校になっても福山や女子に「チビナリ」と呼ばれて苛められ、極度の女性恐怖症及び女性アレルギー(女性に触れると蕁麻疹が出来る)になってしまい、まともに女性に近付くことも出来ず、女性運もなかった。しかし、女嫌いという訳ではなく、Hな妄想をしたり、エロ本を持っていたりする。
ある日、セーレンに飛ばされて、そこでミハル達と出会ってから彼の生活が一変した。
ミハル・セナ・カナカ(ミハル)
声 - 川澄綾子 / 同左
本作のメインヒロイン。セーレン出身。雪成が触ってもアレルギーが出ない唯一の女性。素直な性格だが、それ以上に天然ボケでマイペース。雪成の女性恐怖症を治そうと奮闘する。常に敬語で話す。
驚異の食欲を持ち、いくら食べても太らない。全てを食べ物に結びつける傾向があり、トモカの連れてきた謎の生物「えび」(後述)を食べようとしたり、化学の実験でおいしい食べ物が出来ると勘違いした。料理上手だが、味見で全てなくなってしまう。感極まると自分の周りから爆発が起こる特殊能力がある。
小島 桐絵(こじま きりえ)
声 - 斎藤千和 / 浅野真澄
本作のサブヒロイン。雪成の同級生で幼馴染。女性から嫌われ続ける雪成を理解する数少ない女性。スタイル抜群、成績優秀、運動万能で格闘術に秀でているが、料理の腕前はかなり悪く、お化けが大の苦手。
福山のセクハラ行為や、雪成に対する苛めに毎回正義と怒りの鉄槌を下す。雪成にも暴力を振るうことが多いが、本当は彼のことが気になるようで、彼を巡ってミハルに嫉妬したこともあったが、彼女とはそれなりに良好な関係の様だ。
福山 和春(ふくやま かずはる)
声 - 置鮎龍太郎 / 三木眞一郎
雪成と桐絵の同級生。雪成を「チビナリ」と呼び小馬鹿にして苛めている。美形・金持ち・長身・運動神経抜群で意外と女性にモテるが、女性と見ると見境なくセクハラをしまくる性欲の権化(ただし、桐絵には頭が上がらない)のため、嫌われたり、桐絵に制裁を受けたりと割と酷い目に遭っているものの、本人は全く自覚も反省もしていない。また、頭は悪い。雪成とは反対の男性アレルギーを隠す為に手袋をしており、家には女性客しか入れない。お節介な一面を併せ持ち、唯一トモカに対しては妹同然に大切に思っているらしい。
福山 リサ(ふくやま リサ)
声 - 松岡由貴 / こおろぎさとみ
和春の。自称:魔法使い。兄・和春と同じ水野高校に通う高校一年生。黒魔術に造詣が深い。かつては入学式以降、ひきこもりだったが、マバンヤ様のお告げで学校へ行くようになる。
登校中に会った雪成を運命の人と信じて疑わず、彼の迷惑もお構い無しに果敢にアタックを続ける。妄想癖があり、目的のためには手段を選ばない性格。
10年前偶然足を踏み入れた部屋で、黒魔術の本を見つけ、そこに書かれていた儀式により魂を得た人形のエリ。その後も何をする時もエリと一緒で、唯一気が許せる存在だったが、エリとの楽しい日々は続かず魔力の効力を失ったエリは普通の人形に戻った。その事が彼女の心に暗い影を落とす事となり人形のエリの魂を復活させるため黒魔術や魔法にのめり込んでいった悲しい過去を持っている。
コヨミ・ハレ・ナナカ(こよみ)
声 - 倉田雅世 / 椎名へきる
本編のキーパーソン的な存在で、星痕(せいこん)の謎を知る人物。
セーレン出身。時空管理局・時空捜査課に勤務しているが、仕事の成果はイマイチ。真面目で淑やかな性格。セーレンで突如行方不明になったミハルを探すために地球を訪れたが、彼女や雪成の思いに動かされ、後に地球に戻ってくる。父親は地球人で、母親は星痕が付いている。
重度の男性恐怖症で、男性に触れられると、穴を掘って怯える習性がある。福山によるセクハラの一番の被害者でもある。セーレンでの球技(地球の卓球そのもの)では、五大会連続のチャンピオン。
トモカ・ラナ・ジュード(トモカ)
声 - 齋藤彩夏
セーレン出身。時空管理局時空捜査課に勤務。とにかく天才でエリートらしい。幼くして社会人になったとはいえ、心も体もまだ子供。しかし本人は否定する。動物などを変身させる魔法が使えるが、不完全な部分が多い。生意気な性格ではあるが、10年前に消えた人形のエリ(魔法により変身した子犬)をリサに逢わせるなど友達思いの優しい一面を持っている。口癖は「…なのだ」
えび
声 - 金田朋子(心の中 - 立木文彦
トモカが連れている謎の生物。引っ張りまわされたりぶん投げられたりとぞんざいな扱いである。口から太いビームを出す。また、トモカが魔法をかけると女の子に変身できるが、声はえびのまま。女の子に変身した姿で、唯一リサが、気が許せる存在でもある。

その他の登場人物[編集]

マハル・セナ・カナカ(マハル)
声 - 大原さやか / 三石琴乃
ミハルの。セーレン出身。豪快で凶暴な性格だが、意外と妹思いで彼女には優しい。ナイスバディだが30歳間近のためか結婚を焦っておりコヨミとトモカに婿探しを依頼しているが、成果は上がっていないようだ。しかし、原作最終巻ではめでたく亭主を迎えた。
ナナエ・クウ・ハルカ
声 - 岩居由希子
時空管理局・時空捜査課の課長。コヨミやトモカの上司。時空管理局特務課とは、あまり良好な関係ではなく、特務課の介入を好まない。
梨々花(りりか)・ステイシー
声 - 桑谷夏子
福山家に仕えるメイド。格闘術などの戦闘能力は高く桐絵をあっけなく倒した。背中には過去の拷問の大きな古傷(詳しい詳細は不明)が残っている。
疾風(はやて)
声 - 星野貴紀
リサの傍に仕える男性従者。小雨と同様に諜報活動を行う。小雨の兄でもある(アニメ11話予告)。
アニメ版では、トモカと着ぐるみを着て闘う(脱衣麻雀に負けて)シーンがあった。
小雨(こさめ)
声 - 升望
リサの傍に仕える女性従者。諜報、拉致などを行う。
アニメ版では同じ女性であるにも関わらず桐絵のことが好きになり、ストーカーまがいの行為や女性同士の危ない世界に引きずり込もうとし最後には桐絵のファーストキスを奪った。
町田 守(まちだ まもる)
声 - 吉野裕行(second season のみ)
水野高校美化委員長。ヒーローの姿で、ゴミのポイ捨てなどを注意する。後にミハルの紹介により梨々花の弟子になった。
はかな
声 - 清水愛(first season のみ)
彼方 ヒジリ(かなた ヒジリ)
声 - 久川綾(second season のみ)
赴任してきた水野高校教員。セーレン時空管理局特務課で、ユキナの直属の部下。星痕(せいこん)の能力者ミハルをセーレンに連れ戻す為に教員に成りすましトモカからアクアランプ(時空転移&通信装置)を奪いミハルを攫う機会を窺い、ついにユキナをセーレンに連れ戻すが、ユキナを助けるために追ってきた桐絵によって倒された。同性でありながらミハルが好きで、物心付く前からずっと付きまとっていたが、桐絵に倒されてからは桐絵にベタ惚れしてしまった。
邪眼の能力の持ち主で、相手を催眠状態にして心を自在に操る能力を持つ(心の隙間がない人に対しては効果なし)。また、戦闘能力は高くこよみの父親を操り梨々花や小雨を苦戦させた。
ユキナ
声 - 野川さくら(second season のみ)
ロープを纏った謎の少女。その正体は、セーレン時空管理局特務課長、セーレンの中で最強の能力者。背が低く身体中に星痕(せいこん)が付いており、男性アレルギー(男性に触れると蕁麻疹が出る)。
セーレンを男性のいない女性だけの楽園を作ろうとしたが、雪成の説得で改心する。以来、男性アレルギーが治って彼にベタ惚れしてしまった。

アニメ[編集]

アニメ版は1期『first season』と2期『second season』の2シリーズからなる。

GIRLSブラボー first season
2004年7月6日から9月27日までフジテレビで放送された。全11話。当初ハーレムアニメかつ萌えアニメというお色気満載の作品となるはずであったが、その頃にこれまで比較的緩やかな方針であったフジテレビ側が突如、表現規制を厳格化した影響で、過剰なまでの修正によりそれらはほぼカットされていた。なお、DVDのCMでは「DVDで湯気スッキリ」、ゲーム版のCMでは「ボタン連打で湯気スッキリ」などと謳われていた。
この作品がDVD化されるに当たっては、「笑劇映像大幅追加版」と題してテレビ放送時に施された修正を戻している。なお、北米版DVDはfirst season/second seasonを区別せずに(連続して)発売されており、ジェネオンUSAでは「17歳以上推奨」の指定を受けている[2]。また、2004年8月19日からフジテレビ721で、2007年9月25日からAT-Xでも放送(後者は視聴年齢制限あり)された[3]
GIRLSブラボー second season
2005年1月27日から4月21日までWOWOW・ノンスクランブル枠で放送された。R-15指定相当。その後AT-Xでも放送された(first seasonの終了後に続けて放送[4]。)
DVDも映像倫規定によってR-15指定されており、15歳未満禁止指定となっている。

スタッフ[編集]

  • 監督 - あおきえい
  • シリーズ構成 - 渡辺陽
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 牧野竜一
  • メカ・小物設定 - 小川浩
  • 美術監督 - 河合泰利
  • 撮影監督 - 大前亮介(第1期)、佐藤正人(第2期)
  • 色彩設計 - 友野亜紀子
  • 編集 - 重村建吾
  • 音楽 - 上松範康
  • 音響監督 - 鶴岡陽太
  • プロデューサー - 松崎義之(共通)、高瀬敦也(第1期)→北浦宏之(第2期)
  • アニメーション制作 - AICスピリッツ
  • 制作協力 - WOWOW(第2期)
  • 制作 - GIRLSブラボー製作委員会(角川書店、ハピネットクロックワークス)、フジテレビ(第1期のみ)

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

first season
going my way」(第2話 - 第11話)
作詞・作曲 - tororo / 編曲 - Angel Note / 歌 - yozuca*
second season
Ever After」(第1話 - 第12話)
作詞・作曲 - tororo / 編曲 - Angel Note / 歌 - yozuca*
  • 第13話ではEDで使用された。

エンディングテーマ[編集]

first season
ここにいるから…
作詞 - 橋本みゆき / 作曲 - 酒井真理子 / 編曲 - 景家淳 / 歌 - 橋本みゆき
second season
and then,」(第1話 - 第12話)
作詞・作曲 - 橋本みゆき / 編曲 - 景家淳 / 歌 - 橋本みゆき

挿入歌[編集]

first season
「ぽよんちゃんのテーマ」(第9話)
作詞 - 井出安軌 / 作曲・編曲 - 上松範康 / 歌 - 新谷良子
second season
「大丈夫・だいじょうぶ(ミハルのテーマ)」(第3話)
作詞 - 江幡育子 / 作曲 - Raqia / 編曲 - Angel Note / 歌 - 橋本みゆき
「ぽよんちゃんのテーマ」(第4話)
作詞 - 井出安軌 / 作曲・編曲 - 上松範康 / 歌 - 新谷良子
「子どもじゃないのだっ!(トモカのテーマ)」(第5話)
作詞 - 江幡育子 / 作曲 - kenji / 編曲 - Angel Note / 歌 - 中山マミ
「花が咲く景色の中で(コヨミのテーマ)」(第10話)
作詞 - 江幡育子 / 作曲 - 鶴田勇気 / 編曲 - Angel Note / 歌 - みるくくるみ

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
first season
1 お風呂場からブラボー! 渡辺陽 あおきえい 信田ユウ 梶浦紳一郎
2 学校でブラボー! 石平信司
あおきえい
花井信也 荒尾英幸
3 クッキングはブラボー! 古川政美
あおきえい
西山明樹彦 中島美子
4 豪邸でブラボー! 友田政晴 しまだひであき
重松しんいち
5 雨の日にブラボー! (前編) 上野史博 太田知章 渡辺純子
6 雨の日にブラボー! (後編) あおきえい 山口美浩 斎藤和也
7 おムコさん探しでブラボー! そーとめこういちろう 花井信也 荒尾英幸
8 いっぱいでブラボー! 日暮茶坊 小林一三 西山明樹彦 中島美子
9 魔法大戦でブラボー! 渡辺陽 井出安軌 友田政晴 しまだひであき
重松しんいち
10 温泉でブラボー! 日暮茶坊 友田政晴 井草かほる 野口木の実
11 ピンポンでブラボー! ラスプーチン矢野 林宏樹 椛島洋介 木村貴宏
second season
1 プールでブラボー! ラスプーチン矢野 林宏樹 藤澤俊幸
2 ファイト・ブラボー! 渡辺陽 殿勝秀樹 いとがしんたろう 高乗陽子
ひのたかふみ
今木宏明
3 初デートはブラボー! 西山明樹彦 中島美子
4 お掃除ブラボー! ラスプーチン矢野 福多潤 西村大樹 岩田竜治
斎藤和也
5 ふたりならブラボー! 日暮茶坊 友田政晴 小林孝嗣 しまだひであき
重松しんいち
6 アルバイトはブラボー! 福多潤 渡辺純子
7 麻雀でブラボー! 渡辺陽 大森英敏 友田政晴 藤澤俊幸
8 ウサ耳ブラボー! ラスプーチン矢野 小林孝嗣 ひのたかふみ
9 学園祭はブラボー! 渡辺陽 笹嶋啓一 西村大樹 斎藤和也
10 晴れた日の午後はブラボー! 小林一三 西山明樹彦 中島美子
11 プレゼントはブラボー! 小林孝嗣 しまだひであき
重松しんいち
12 セーレンへブラボー! 林宏樹 福多潤 渡辺純子
13 ファイナル・ブラボー! あおきえい 牧野竜一

商品[編集]

単行本:角川コミックスエース(全10巻)
GIRLSブラボー (1巻):2001年7月発行 ISBN 4-04-713435-X
GIRLSブラボー (2巻):2001年12月発行 ISBN 4-04-713466-X
GIRLSブラボー (3巻):2002年5月発行 ISBN 4-04-713491-0
GIRLSブラボー (4巻):2002年9月発行 ISBN 4-04-713506-2
GIRLSブラボー (5巻):2003年3月発行 ISBN 4-04-713535-6
GIRLSブラボー (6巻):2003年9月発行 ISBN 4-04-713570-4
GIRLSブラボー (7巻):2004年4月発行 ISBN 4-04-713616-6
GIRLSブラボー (8巻):2004年6月発行 ISBN 4-04-713631-X
GIRLSブラボー (9巻):2004年11月発行 ISBN 4-04-713682-4
GIRLSブラボー (10巻:限定版):2005年3月発行 ISBN 4-04-713717-0
GIRLSブラボー (10巻:通常版):2005年4月発行 ISBN 4-04-713716-2
オールカラーイラスト集
総天然色GIRLSブラボー:2005年3月発行 ISBN 4-04-853810-1
CD
GIRLSブラボー first season オリジナルサウンドトラック
GIRLSブラボー second season イメージヴォーカルアルバム「GO!GO!GIRLS!」
DVD
GIRLSブラボー first season(全6巻)
GIRLSブラボー second season(全7巻)
ゲーム
GIRLSブラボー Romance15's

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2002年に少年エースの誌上通販で販売された。
  2. ^ 北米版公式サイト[リンク切れ] 「Products」を参照。 2007年11月11日閲覧
  3. ^ GIRLSブラボー first season AT-X 2007年11月11日閲覧(2007年12月18日時点のアーカイブ
  4. ^ GIRLSブラボー second season AT-X 2007年11月11日閲覧(2007年12月18日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]

アニメ
ゲーム
フジテレビ 月曜26:28枠
前番組 番組名 次番組
GIRLSブラボー first season
単発枠
WOWOW 木曜24:30枠
GIRLSブラボー second season
SHUFFLE!
(開始までに2か月以上の開きあり)