高沢順子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかざわ じゅんこ
高沢 順子
本名 高沢 順子
生年月日 (1955-01-30) 1955年1月30日(64歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県
職業 女優
ジャンル 映画、テレビドラマ
主な作品

映画
『新・同棲時代』(1973年)

テレビドラマ
それぞれの秋』(1973年)
テンプレートを表示

高沢 順子(たかざわ じゅんこ、1955年1月30日[1] - )は、日本女優。本名は同じ[1]

新潟県[1]新発田市出身[2]。プランニングメイに所属していた[1]

来歴[編集]

きょうだいは兄と弟が居る[2]。実家は建築業[2]新発田市立加治小学校新発田市立本丸中学校卒業、新潟県立西新発田高等学校中退[2]

中学生時代は足が速かったことで陸上部にスカウトされ、県大会に出場したほどだった[2]。しかし高校1年生の時に父親の経営する会社が倒産したことにより、高校を中退することになった[2]。その後、知り合いを頼って上京、プロダクションに入ってモデルの仕事を始める[2]

高沢順子が最初に注目されたのは、ホーローバスの「お魚になったワ・タ・シ」のCMだった。1973年の『新・同棲時代-愛のくらし-』[3]に出演し話題を呼んだ。高沢順子は映画に合わせて、週刊誌で美しいヌードを披露した。同作品では本郷直樹と共演している。その後、山田太一脚本の「それぞれの秋」(TBS、1973年)、「前略おふくろ様第2シリーズ」「夜明けの刑事」「必殺仕事人 激突」「はぐれ刑事純情派」「座頭市物語」など、多くのテレビドラマ、映画作品に出演。1975年には映画『本陣殺人事件』に出演している[4]。同映画は、長くソフトとして流通し続けている。エロスを描いた高林陽一作品『往生安楽国』では服部妙子と共演した[5]

79年には藤田敏八監督の『もっとしなやかに もっとしたたかに』に出演した。妖艶な役柄も演じた。映画は1996年の『極道追踪』が最後の作品になっている。2000年代以降は活動が確認されていないが、2010年に過去の出演作を再編集したDVD作品が発売された。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ビデオ作品[編集]

舞台[編集]

  • 旅立ち(1975年)
  • シェルブールの雨(1983年)
  • 近藤真彦デビュー10周年特別企画「若親分」(1989年)

レコード[編集]

写真集[編集]

  • 高沢順子写真集

雑誌[編集]

  • 週刊プレイボーイ、昭和49年8月27号、表紙・高沢順子

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]