燃えろアタック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

燃えろアタック』(もえろアタック)は、石ノ森章太郎原作の1979年1月5日から1980年7月11日テレビ朝日系列で放送された日本スポーツ根性ドラマである。

概要[編集]

このドラマの枠では、以前は『がんばれ!!ロボコン』や『ロボット110番』といったロボットものを放送していたが、1978年に放映された『がんばれ!!レッドビッキーズ』以後、ロボットなどの非日常的な要素がない純粋なスポ根ものに転換し、その第2弾となった作品。

当時、テレビ朝日では1980年のモスクワオリンピックを民放独占中継することを決めていたこともあり、そのプロモーションという意味合いを込めて、小鹿ジュン(荒木由美子)を中心としたバレーボールに情熱を傾けた少女たちの物語として展開された。しかし、放送中に日本がモスクワオリンピックをボイコットする事が決まり、ドラマの結末(主人公ジュンがオリンピック日本代表選手に選ばれる)と現実の状況(日本選手がオリンピックに出場できない)とが大きく異なる。

スパイクの際、ジャンプして上空で1回転した反動で打ち込む「ひぐま落とし」という必殺技があり、これをはじめとする数々の技のため、『サインはV』同様、現場では負傷者が絶えなかったらしい。普通のスポ根ドラマに見えるが、登場人物が死神に呪われて死ぬといったオカルト展開がある。

本作は中国で『排球女将』(バレーボール女子キャプテンという意味)のタイトルで放映されていた。主演の荒木由美子は放映当時、同世代の中国の視聴者の中で絶大な人気で、中国での視聴率は80%以上。

石川森彦作画のコミカライズ版が、徳間書店テレビランド』に連載されていた。また本編では場面転換の際、石ノ森章太郎(+石森プロ)によるジュンの心情を表したイラストが挿入されていた。イラストは毎回のエンディング映像にも使用されている。

キャスト[編集]

白富士学園高校バレー部

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「燃えろアタック」
作詞 - 石森章太郎 / 作曲 - 京建輔 / 歌 - 堀江美都子ザ・チャープスコロムビアレコード
エンディングテーマ - 「お元気ですかお父さん」
作詞 - 八手三郎 / 作曲 - 京建輔 / 歌 - 日高美子
挿入歌 - 「春の妖精」
作詞 - 阿木燿子 / 作曲 - 宇崎竜童 / 編曲 - 萩田光雄 / 歌 - 荒木由美子(キャニオンレコード

サブタイトル[編集]

太字は傑作選DVD収録エピソード。

放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1979年1月5日 跳べ! 明日に向かって 上原正三 奥中惇夫 榊原郁恵山本緑
2 1979年1月12日 母と同じコートに立つ
3 1979年1月19日 狙え! エースアタッカー 田中秀夫
4 1979年1月26日 UFOサーブと対決
5 1979年2月9日 北へ・そしてふる里へ 奥中惇夫
6 1979年2月16日 初めて知った母の秘密
7 1979年2月23日 オリンピックへの道
8 1979年3月2日 秘密兵器をあみだせ
9 1979年3月9日 コートに散るライバルの火花 鷺山京子
10 1979年3月16日 ライバルの挑戦状 伊上勝 田中秀夫
11 1979年3月23日 白富士の新エース 上原正三
12 1979年3月30日 めぐり逢った幻の母
13 1979年4月6日 母がくれた必殺スパイク
14 1979年4月20日 新しい敵! 新しい挑戦 奥中惇夫
15 1979年4月27日 トスは誰のために 鷺山京子
16 1979年5月4日 恐るべき魔女姉妹!! 上原正三
17 1979年5月18日 熊おとしと鬼コーチ
18 1979年5月25日 母にとどけ八丈太鼓 田中秀夫
19 1979年6月1日 波と石とバレーボール
20 1979年6月8日 涙のブロッカー魂 鷺山京子
21 1979年6月15日 跳べる青春 跳べない青春 上原正三
22 1979年6月22日 栄光へのバックトス 奥中惇夫
23 1979年6月29日 涙のファーストラブ 鷺山京子
24 1979年7月6日 父と母の再会 上原正三
25 1979年7月13日 ジュン、母さんを忘れろ!
26 1979年7月20日 対決した幼なじみ 田中秀夫
27 1979年8月3日 えっ!? リカがお見合い!? 鷺山京子
28 1979年8月10日 太地シスターズの秘密
29 1979年8月17日 決戦! インターハイ 上原正三
30 1979年8月24日 戦った そして日本一は!? 奥中惇夫
31 1979年9月7日 転校して来た天才少女
32 1979年9月14日 ジュンとゆか 二人のエース
33 1979年9月21日 くだかれたエースの誇り 鷺山京子
34 1979年9月28日 新しい敵! 新しい挑戦 田中秀夫
35 1979年10月5日 さよなら! わが青春コート 上原正三
36 1979年10月12日 プクちゃんの挑戦
37 1979年10月19日 コーチに捧げる逆転クロス
38 1979年10月26日 優勝! 三年生パワー 鷺山京子 奥中惇夫
39 1979年11月2日 三年生を追い出せ
40 1979年11月9日 友情のヒグマおとし 上原正三
41 1979年11月16日 北国に燃える闘魂
42 1979年11月23日 母さんの特訓日記 田中秀夫
43 1979年11月30日 オリンピックの新星たち
44 1979年12月7日 これが全日本チームだ!!
45 1979年12月14日 新白富士のデビュー戦!! 鷺山京子
46 1979年12月28日 Wヒグマおとしと虹 上原正三 奥中惇夫
47 1980年1月04日 振袖に誓うジュンの涙
48 1980年1月11日 エースを狙う不敵な新入部員
49 1980年1月18日 ヒグマおとしは通用しない!? 鷺山京子
50 1980年1月25日 ゆか、なぜ私を裏切るの 上原正三 田中秀夫
51 1980年2月1日 日本一コンビの秘密 鷺山京子
52 1980年2月8日 白富士に吹くつむじ風 上原正三
53 1980年2月15日 エースの座を追われたジュン
54 1980年2月22日 幻のスパイクを求めて 奥中惇夫
55 1980年2月29日 オリンピックの重さ 鷺山京子
56 1980年3月7日 炎のフライングレシーブ 上原正三
57 1980年3月14日 二人で作った愛のスパイク
58 1980年3月21日 ベールをぬいだ必殺技 田中秀夫
59 1980年3月28日 さようなら三年生
60 1980年4月4日 青春コートの十字路
61 1980年4月11日 幻のスパイクに賭ける! 鷺山京子
62 1980年4月18日 異国にとどけ小さな願い 上原正三 奥中惇夫
63 1980年5月2日 失われたチームワーク 鷺山京子
64 1980年5月16日 一番星は母さん星 上原正三
65 1980年5月23日 完成! 幻のスパイク
66 1980年5月30日 オリンピックにいけるのは!?! 鷺山京子 田中秀夫
67 1980年6月6日 ゆかに何がおこったか 上原正三
68 1980年6月13日 選考会 ジュンが危ない!? 鷺山京子
69 1980年6月27日 死なないで! ゆか!! 上原正三 奥中惇夫
70 1980年7月4日 ジュン、母さんと呼んで
71 1980年7月11日 明日への旅立ち

放映ネット局[編集]

※は遅れネット

映像ソフト[編集]

2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」にテレビシリーズの第1話が収録された。

2013年に傑作選DVDが東映ビデオより発売。vol.1は白富士学園高校バレー部の奮闘話で構成された「高校バレー編」、vol.2は「インターハイ・国体編」、vol.3は「全日本選抜チーム編」。

テレビ朝日 金曜19時台後半
前番組 番組名 次番組
燃えろアタック
単発特番

それゆけ!レッドビッキーズ