香野麻里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

香野 麻里(こうの まり、1958年7月7日[1][2] - )は、日本の女優東京都出身[1]

青山学院大学卒業[1]東映俳優センターに所属していた[1]。本名(旧姓)及び旧芸名:平野 真理[1]

人物・来歴[編集]

1979年青山学院大学英文科在学中に本名でデビュー[2]

1981年、『哀愁美容室』への主演をきっかけに香野麻里の芸名を使用開始した。1984年になるとにっかつロマンポルノ『双子座の女』に出演し、アダルト向けの雑誌でヌードを披露。

一般には『科学戦隊ダイナマン』の王女キメラ役で知られる。大胆に脚を露出させたセクシーなコスチュームで、全国の特撮ファンを虜にした。

現在は引退。夫は俳優の五代高之(『西部警察』の兼子仁刑事 役、『太陽戦隊サンバルカン』の2代目バルイーグル・飛羽高之役)。

特技は英会話[1]水泳[1]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

木曜ドラマストリート枠での放映予定だったがお蔵入りし、番組枠の終了から3ヶ月後に年末ドラマスペシャルとして放映された。

映画[編集]

ビデオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、355頁。
  2. ^ a b GORO小学館)1983年1月27日 pp.103-107


外部リンク[編集]