ひみつ戦隊ゴレンジャーごっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ひみつ戦隊ゴレンジャーごっこ』(ひみつせんたいゴレンジャーごっこ)は、石ノ森章太郎(当時、石森章太郎)の漫画作品。

週刊少年サンデー小学館)1975年33号~1976年23号にて連載された。本物の「ゴレンジャー」に憧れ、ゴレンジャーのコスプレをした5人の少年少女を主人公とするお色気ギャグ作品で、町内で悪さを行うイジワリさんばあ、ガキ十字軍と、ゴレンジャーメンバーとの対決がメインとなっている。

登場人物[編集]

  • ゴレンジャー(ごっこ)
テレビの秘密戦隊ゴレンジャーを見てヒーローに憧れる5人組。それぞれアカ、アオ、キ、モモ、ミドリと呼ばれており、アカはスケ兵衛をひょんな事から貞操の危機から救い、敵でありながらデートに誘われるといった奇妙な関係になり、青い目の外国人にされたアオ、食欲の塊でスケ兵衛の全裸を見ても食べ物しか思い浮かべないキ、お色気担当でよく裸にされ乳首丸出しもざら、上下ハート模様または白の下着姿を晒すモモ。そのモモにHないたずらをする悪ガキミドリの5人組。
  • イジワリさんばあ
独身で一人さびしい老婆。イジワリさんばあに変身しては町内で悪事を働き、いじめっ子を集めガキ十字軍を結成しようとしたがスケ兵衛にガキ十字軍を乗っ取られ出番が激減。お色気シーンでのオチ要員にされていく。
  • 渡スケ兵衛(わたりすけべえ)
後半に登場したごっこもう一人の主人公的存在、モモと並ぶお色気要員の両巨頭。通称:どすけべえ。ゴレンジャーメンバーを次々に倒して登場。町内のスケ番でガキ十字軍を従える。オンナの子は特に念入りにいじめるのが趣味のため、特にモモが標的とされる。親から男のように育てられた事ですぐ全裸になってゴレンジャーを倒す。扉絵のメインも飾る。
  • ロボコン
戦闘の切り札として初登場し、しばらく登場が無かったがカレーハウスゴンのアルバイトとして再登場してからはモモやスケ兵衛のお色気現場によく居合せ、スケ兵衛のある部分の毛ゴキブリと見間違える。

『秘密戦隊ゴレンジャー』との関係[編集]

週刊少年サンデーに連載されていた漫画版『秘密戦隊ゴレンジャー』の掲載枠を引き継いで連載された。5人の少年少女が「ゴレンジャーごっこ」をするというお色気ギャグマンガに変更された。

『がんばれ!!ロボコン』との関係[編集]

ロボコンが登場しており、ロボコンの口から漫画『がんばれ!!ロボコン』のキャラクターのその後が語られるなど、同作の外伝としての面も持つ。

また、1976年3月以前の『秘密戦隊ゴレンジャー』劇場版には、同時上映として『がんばれ!!ロボコン ゆかいな仲間たち』『がんばれ!!ロボコン ムギョムギョ!!食いねエ』『ロボコンの大冒険』が同時上映されており、関係性は深い。

他誌[編集]

小学館の学習雑誌などの他誌作品では、タイトルは『秘密戦隊ゴレンジャー』のまま連載が続けられたが、ストーリーは、同様にギャグマンガに路線変更された。

単行本[編集]

双葉社版[編集]

1977年から1978年にかけて発売されたパワァ・コミックス『秘密戦隊ゴレンジャー』(双葉社)全5巻のうち後半部分が本作にあたる。

朝日ソノラマ版[編集]

1985年に発売されたサンワイドコミックス『秘密戦隊ゴレンジャー』(朝日ソノラマ)全1巻の後半部分に一部作品が収録されている。

メディアファクトリー版[編集]

1999年Shotaro worldの一環としてメディアファクトリーから『ひみつ戦隊ゴレンジャーごっこ』単独タイトルで再発売された。全2巻。

関連項目[編集]