やまと虹一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

やまと 虹一(やまと こういち 1953年11月1日[1] - )は、秋田県出身の日本漫画家。代表作は『プラモ狂四郎』(クラフト団との共作)。

略歴[編集]

ダイナミックプロダクションに勤務しながら、1972年『少年ジャンプ別冊』で「エレジーママロボット」でデビュー[2]。石森プロにうつり「ロボコン」「ゴレンジャー」のコミカライズなどを担当。

『プラモ狂四郎』のヒットにより漫画家としての知名度が上がる一方で「ガンプラ作家」というレッテルを貼られたことを嫌い、ガンプラ関係の漫画の連載終了後に一度漫画家を辞めていたが、7年のブランクを経て復帰してからは、ガンプラガンダム関係以外の漫画では「プラモ狂四郎の名誉のため」として基本的に別のペンネーム(※特に公表はしていない)を用いている[3]

上記のとおりガンプラ関係の漫画家やデザイナーとして知られているが、プラモ狂四郎の連載と同時期に「わんぱっくコミック」(徳間書店)で主にゲームコミカライズ作品を執筆し、「魔界村」や「謎の村雨城」でのスプラッタ描写は読者に衝撃を与えた。一時期ダイナミックプロアシスタントも務めていた。

作品[編集]

漫画[編集]

イラスト提供[編集]

  • 非核まんが・アニメーション&アート展

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ガンダム・エイジ』(洋泉社)巻末著者紹介
  2. ^ 『ガンダム・エイジ』(洋泉社)でのインタビュー
  3. ^ 拝啓「プラモ狂四郎」さま。 - 続・やまと屋ブログ堂 を参照。

外部リンク[編集]