田辺節雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田辺 節雄(たなべ せつお、本名同じ[1]1949年1月28日[1] - )は、日本の漫画家大分県東国東郡出身[1]大分県立安岐高等学校[1]

来歴・人物[編集]

高校卒業後、京都の電機会社に就職するが、望月三起也から誘いの手紙をもらい退職、その後上京して望月のアシスタントとなり、約2年半続けた[1]。独立後、1971年に『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)にてサッカー劇画どろんこシュート』でデビュー[1]少年画報社新人漫画賞佳作受賞。

以後、『戦国自衛隊』(原作・半村良)『地球0年』(原作・矢野徹)、『謀殺のチェス・ゲーム』(原作・山田正紀)、『滅びの笛』(原作・西村寿行)などを執筆。『週刊漫画TIMES』(芳文社)に『悪党貴族』(原作・間都聖史)、『悪玉志願』(原作・渡辺一雄/脚色・磯田健生)、『しぶとい男』(原作・伊東恒久)、「歴史と旅」に『武田信玄』を連載。

また、ゴルフレッスンもの等を10年余り連載し、少年向けのサッカー解説書『少年サッカー』やサッカー解説者として知られている湯浅健二の『サッカーを「観る」技術 スーパープレー5秒間のドラマ』(新潮社)においてイラストを担当するなどスポーツ漫画、イラストの作者としても知られる。 アシスタントからは佐佐木勝彦がデビューした。

作品リスト[編集]

 トクマコミックス バイク戦士(ソルジャー)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『劇画・マンガ家オール名鑑』 p218 徳間書店