ドラゴンへの道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドラゴンへの道
猛龍過江
Way of the Dragon
Bruce Lee Stencil.jpg
監督 ブルース・リー
脚本 ブルース・リー
製作 レイモンド・チョウ
ブルース・リー
出演者 ブルース・リー
ノラ・ミャオ
チャック・ノリス
音楽 ジョセフ・クー
ブルース・リー
撮影 西本正
製作会社 コンコルド・プロダクション
配給 香港の旗 ゴールデン・ハーベスト
日本の旗 東映洋画
公開 香港の旗 1972年12月30日
日本の旗 1975年1月25日
上映時間 100分
製作国 香港の旗 香港 
言語 中国語
イタリア語
英語
製作費 $130,000(4000万円)
興行収入 日本:年間ランキング9位
テンプレートを表示
ドラゴンへの道
猛龍過江
各種表記
繁体字 猛龍過江
簡体字 猛龙过江
拼音 Měng Lóng Guò Jiāng
注音符号 ㄇㄥˇㄌㄨㄥˊㄍㄨㄛˋㄐㄧㄤ
発音: モンロングゥォジィァン
広東語拼音 Maang5 Lung5 Gwo3 Gong1
英文 Way of the Dragon
テンプレートを表示

ドラゴンへの道』(原題:猛龍過江、英題:The Way of the Dragon)は、1972年制作の香港映画ブルース・リー主演・監督。副題『最後のブルース・リー』。

概要[編集]

ドラゴン危機一発』、『ドラゴン怒りの鉄拳』で成功を収めたブルース・リーゴールデン・ハーベストレイモンド・チョウと共同で設立したコンコルド・プロダクションの第一回作品であり、リーが初めて監督・脚本・武術指導・主演の四役を務めた。

本作品は香港映画では初めてローマロケを敢行している。

ラストのコロッセオにおけるチャック・ノリスとの死闘[注 1]はブルース・リー作品でもベストに挙げられる[注 2]

また、他のブルース・リー作品では見られない明るさが目立ち、雑魚的な悪役はリーに叩きのめされても殺されないのが特徴である。

ストーリー[編集]

イタリア・ローマの中華レストラン「上海」は、その土地を狙う地元のギャング(地上げ屋)に毎日の様に執拗な嫌がらせを受け、客も恐がって殆ど来なくなり閑古鳥の鳴く状態が続いていた。亡き父の後を継いだ女店主のチェン(ノラ・ミャオ)は、故郷・香港の弁護士に相談すると、急病で来られなくなった弁護士の代わりに従兄のタン・ロン(ブルース・リー)がやって来る。

弁護士を頼んだはずが、やってきたのはいかにも香港の田舎から出てきたばかりの風貌の青年。おまけに異国の地の言語・習慣の違いに戸惑いドジをふむタン・ロンに、初めのうちはチェンは呆れ、空手を嗜むジミー(ユニコーン・チャン)やトニー(トニー・リュウ)らレストランの従業員達は馬鹿にする。しかしある夜ギャングの送り込んだチンピラ集団をタン・ロンは鮮やかな中国拳法でいとも簡単に倒すと一転従業員から尊敬されるようになり、タン・ロンの飾らない性格にチェンは淡い気持ちを抱くようになる。

タン・ロンが加わった事でチェンと従業員達はギャングに立ち向かう決意を固めるが、叔父で調理担当のワンだけは頑なに反対。そのうちレストランの包囲、タン・ロンの暗殺計画、チェンの誘拐等、ギャングの手口はエスカレートしていくが、タン・ロンの拳法と機転によりことごとく失敗。引き下がれなくなったギャングのボスは最終手段として、アメリカ人の屈強な空手の達人・ゴードン(チャック・ノリス)を呼び寄せる。ギャングの罠によってコロッセオに誘い込まれたタン・ロンは、ゴードンと一対一の決闘をすることになる。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
タン・ロン(唐龍) ブルース・リー 柴俊夫
チェン(陳清華) ノラ・ミャオ 岡本茉利
ジミー ユニコーン・チャン 筈見純
トニー トニー・リュウ 田中秀幸
アメリカ人武術家・ゴードン チャック・ノリス 千葉耕市
ヨーロッパ人武術家・フレッド ボブ・ウォール
日本人武術家・長谷平 ウォン・インシック 仲木隆司
ギャングの手下・ホー ウェイ・ピンアオ 川辺久造
ワン伯父(王叔) ウォン・チュンスン 東富士郎
ギャングのボス ジョン・ベン 富田仲次郎
 街の娼婦  マリサ・ロンゴ 
※上記と同じ放送素材を使用した再放送が1979年4月11日に「水曜ロードショー」内で行われた(本編90分のカット版)

スタッフ[編集]

影響[編集]

後にブルース・リーとの共演経験もあるサモ・ハン・キンポーが、ブルース・リーと本作品へのオマージュを込めて製作したのが『燃えよデブゴン』(原題『肥龍過江』)である。

ラストのブルース・リーチャック・ノリスの死闘は、格闘家であった角田信朗も絶賛するほどであり、ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演、ツイ・ハーク監督の『ダブルチーム』のラストにあるミッキー・ロークとの死闘も明らかに本作を意識している。[要出典]

日本での配給[編集]

本作の日本での配給権を巡り、東宝東和東映洋画が激しい争奪戦を展開した[1][2][3]。元々、東宝東和がゴールデン・ハーベストと優先契約を結んでおり[2]、『片腕ドラゴン』から始まり、『ドラゴン危機一発』、『女活殺拳』、『ドラゴン怒りの鉄拳』と配給を続け、この『THE WAY OF THE DRAGON』も東和が配給を予定し[2]『ドラゴン電光石火』とタイトルを付け雑誌で宣伝EP盤のレコードまで発売していた。

一方の東映は1972年の映画『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』を香港でロケを行った時からゴールデン・ハーベストと付き合いが生まれ[4][5]、『ドラゴン怒りの鉄拳』の上映権が低価格で売りこまれていた[6]。東映は『ドラゴン怒りの鉄拳』を配給契約し[2]、ブルース・リー映画の配給権獲得を目的に東映洋画は設立[7][8]

その後『THE WAY OF THE DRAGON』の配給契約を東映は結んだが[2][7]、二重売りだったことから[3]、優先契約を結んでいた東宝東和が承服せず、川喜多長政レイモンド・チョウのトップ会談で、東和が『ドラゴン怒りの鉄拳』を配給することになった[2]。これに東映が反発し、岡田茂とチョウでもトップ会談が行われ、『THE WAY OF THE DRAGON』は東映に託す配給契約を取り交わした[2][7]。東和は優先契約を持ち、東映は配給契約を持つという奇妙なことになったが[2]、1974年9月11日、東映は『THE WAY OF THE DRAGON』の配給を発表[3][7]、席上「一部で、東和か東映か、と揉めているように書かれたが、そんな事実はない」と岡田は説明[3]。『THE WAY OF THE DRAGON』は東映の配給によりタイトルを『ドラゴンへの道』として1975年1月に日本で公開され大ヒットし、東映洋画が躍進する切っ掛けとなった[1][7][9]

香港映画界はカンフー映画のパターンが出尽くし、またブルース・リーが1973年7月に亡くなったこともあって新たな人気ジャンルの創出が必要だった[4]。1960年代末から世界的に巻き起こったポルノ映画ブームは中国語圏諸国を巻き込み、ゴールデン・ハーベストの宿敵・ショウ・ブラザーズがポルノ路線を先行していたこともあり、ゴールデン・ハーベストはポルノ路線増強を急務としていた[4]。しかしポルノをオープンに作ることはできず技術も未熟[4]。また東アジア特有の儒教的価値の影響で裸になる女優も少なく、そこでゴールデン・ハーベストが目を付けたのが、東映が撤退を表明していた東映ポルノだった[4][10]。チョウが「仕事にあぶれた東映ポルノの女優とスタッフを香港に輸入したい」と打診してきて[4][10]1973年の暮れからチョウと岡田の会談が何度か持たれこの時、指名されたのがチョウのお気に入りといわれた池玲子[10]、池を期限付きで貸し出す契約をゴールデン・ハーベストと結んだ[4][11]。この池とのバーターとして東映洋画はブルース・リー映画の契約に成功したのである[4][12][11]

エピソード[編集]

  • 日本人空手家として登場するウォン・インシック黄仁植)の物凄いイントネーションの日本語(「おまぃわぁ~タンロンがぁ?(お前はタンロンか?)」など)は、ブルース・リー・ファンの話のタネにされることが多い。
  • リンダ夫人はインタビューで、「私が一番好きなのは『ドラゴンへの道』です。なぜならユーモラスなところが普段の彼に一番近いからです。」と発言している。
  • チャック・ノリス演じるアメリカ人武術家はバージョンによって名前が違っており、広東版のクレジットではコルト(Colt)という名になっている。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 実際はスタジオのセットで行われた。
  2. ^ この作品の出演で国際的にも名が広まったノリスは『地獄のヒーロー』(1984)を始めとするアクション映画に多数出演。一躍アメリカの人気アクションスターに成長した。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「東映ミニヒストリー輸出入」『クロニクル東映:1947-1991』1、東映1992年、189頁。「洋画部悲願の大作を獲得、『ドラゴンへの道』大ヒット」『クロニクル東映:1947-1991』2、1992年、61頁。
  2. ^ a b c d e f g h 「「映画・トピック・ジャーナル」『ドラゴンへの道』をめぐって」、『キネマ旬報』1974年10月上旬号、 163頁。
  3. ^ a b c d 「映画界の動き 『ドラゴンへの道』は東映で」、『キネマ旬報』1974年10月下旬号、 167頁。「指定席73 ドラゴンへの道騒動 黒井和男」、『キネマ旬報』1974年10月下旬号、 181頁。
  4. ^ a b c d e f g h 「ラスト・スケバン・スタンディング8」、『映画秘宝』、洋泉社、2009年9月、 99頁。「ラスト・スケバン・スタンディング9」2009年10月号99頁、「ラスト・スケバン・スタンディング14」2010年4月号101頁、「ラスト・スケバン・スタンディング15」2010年5月号101頁。
  5. ^ 福永邦昭 (2016年3月18日). “【今だから明かす あの映画のウラ舞台】香港で出会った大スター 「千葉空手」生んだブルース・リーの死 (1/2ページ)”. ZAKZAK. 夕刊フジ. 2016年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月27日閲覧。
  6. ^ 福永邦昭 (2016年3月18日). “【今だから明かす あの映画のウラ舞台】香港で出会った大スター 「千葉空手」生んだブルース・リーの死 (2/2ページ)”. ZAKZAK. 夕刊フジ. 2016年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月27日閲覧。
  7. ^ a b c d e 荻昌弘ジャンボ対談(26) 東映社長岡田茂氏 '76年洋画界の地図を大きくかえる東映・岡田社長の野心と情熱ー B・リー A・ドロンで洋画界に殴り込み!」、『ロードショー』1976年3月号、集英社、 196-199頁。
  8. ^ 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』、79-80頁。
  9. ^ 東映が24年ぶりに洋画買い付け・配給 新レーベル発足 - 映画.com
  10. ^ a b c 週刊朝日』、朝日新聞社、1974年2月22日号、 36頁。1974年8月9日号37頁、1974年9月20日号36頁。
  11. ^ a b 杉作J太郎・植地毅(編著) 『東映ピンキー・バイオレンス浪漫アルバム』 徳間書店1999年、51頁。ISBN 4-19-861016-9
  12. ^ 「東映不良性感度映画の世界」、『映画秘宝』、洋泉社、2011年8月、 61頁。

外部リンク[編集]