田中光二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田中 光二(たなか こうじ、1941年2月14日 - )は、日本小説家SF作家推理作家冒険小説作家。日本の「SF作家第二世代」を代表する作家の一人。

人物[編集]

日本統治下の朝鮮京城ソウル)生まれ。父親は漕艇オリンピック選手であり作家でもあった田中英光私小説的作品『オリンポスの黄昏』で、父との葛藤を描いている。父の自殺に伴い、父方の祖母に引き取られ、厳格な躾に反撥して育つ。

高校生の時、養家を出て実母のもとに引き取られる。早稲田大学第二文学部英文科卒業。NHKに入局し、教養番組のプロデューサーを務める。1971年にNHKを退社後、『幻覚の地平線』で小説家としてデビューする。初期には海洋やジャングルを舞台とした冒険SFを得意としたが、後にアクション物、架空戦記物などにジャンルを広げ、人気を博す。

1980年、『黄金の罠』で第1回吉川英治文学新人賞を受賞する。同年、『血と黄金』で第6回角川小説賞を受賞する。1988年から1991年の間、日本SF作家クラブの6代目会長を務めた。

2012年2月には著作が300冊となった[1]。2月1日に日本SF作家クラブが主催で「田中光二さん300冊記念パーティ」が催された。

同年3月29日、青山霊園の先祖の墓前で自殺を図ったが、軽傷であった[2]

2013年、他のベテラン作家らとともに日本SF作家クラブ名誉会員となった[3]

作品リスト[編集]

  • 『幻覚の地平線』(早川書房、1974年、のちハヤカワ文庫角川文庫ハルキ文庫
  • 『わが赴くは蒼き大地』(早川書房、1974年、のちハヤカワ文庫、角川文庫、ハルキ文庫)
  • 『大滅亡』(祥伝社、1974年、のち角川文庫)
  • 『爆発の臨海』(祥伝社、1974年、のち角川文庫、集英社文庫
  • 『スフィンクスを殺せ』(早川書房、1975年、のちハヤカワ文庫、角川文庫)
  • 『大いなる逃亡』(角川書店、1975年、のち角川文庫、徳間文庫
  • 『ぼくたちの創世記』(徳間書店、1976年、のち角川文庫)
  • 『失なわれたものの伝説』(トクマノベルス、1976年、のち角川文庫、徳間文庫、ハルキ文庫)
  • 『異星の人 エーリアン・メモ』(早川書房、1976年、のちハヤカワ文庫、角川文庫、徳間文庫、ハルキ文庫)
  • 『君は円盤を見たか』(角川文庫、1976年)
  • 『エデンの戦士』(文化出版局、1976年、のち角川文庫、ハルキ文庫)
  • 『怒りの聖樹』(祥伝社、1977年、のち角川文庫)
  • 『幻魚の島』(講談社、1977年、のち講談社文庫
  • 『大放浪』(徳間書店、1977年、のち徳間文庫)
  • 『ビッグ・ラン』(実業之日本社、1977年、のち文春文庫
  • 『さらば人間 新・創命記 SF情報小説』(光文社カッパ・ノベルス、1978年1月、のち角川文庫)
  • 『灼熱の水平線』(徳間書店、1978年3月、のち角川文庫、徳間文庫)
  • 『最後の障壁』(角川書店 1978年3月、のち徳間文庫)
  • 『男の塩』(徳間書店、1978年、のち角川文庫)
  • 『大追走』(光文社カッパノベルス、1978年、のち角川文庫)
  • 『銀河の聖戦士』(徳間書店、1979年、のち徳間文庫)
  • 『死はわが職業』(角川文庫、1979年)
  • 『南十字戦線』(講談社、1979年3月、のち講談社文庫)
  • 『白熱』(角川文庫、1979年)
  • 『パンサー特急』(徳間書店、1979年8月)
  • 『血と黄金』(角川書店、1979年8月、のち角川文庫、徳間文庫)
  • 『黄金の罠』(祥伝社、1979年9月、のち集英社文庫)
  • 『凶獣の島』(講談社、1979年12月、のち講談社文庫)
  • 『鉄の巨魚』(双葉社、1980年6月、のち徳間文庫)
  • 『悪霊の街 エクソシスト探偵』(トクマノベルス、1980年7月、のち徳間文庫)
  • 『二人だけの珊瑚礁』(文藝春秋、1980年10月、のち文春文庫)
  • 『ロストワールド2』(徳間書店、1980年9月、のち徳間文庫)
  • 『キツネ狩り』(徳間文庫、1980年)
  • 『風葬の街』(徳間書店、1981年4月、のち徳間文庫)
  • 『魔の氷山』(トクマノベルス、1981年2月、のち徳間文庫)
  • 『小さき神の島々 太平洋物語』(角川書店、1981年8月、のち角川文庫)
  • 『ぼくはエイリアン 田中光二のがらくたエッセイ』(奇想天外社 1981年3月、のち徳間文庫)
  • 『闇の牙』(集英社、1982年1月、のち集英社文庫)
  • 『勇者の血』(集英社、1982年7月、のち集英社文庫)
  • 『宇宙からの衝撃』(光文社(カッパ・ノベルス)、1982年12月、のち光文社文庫)
  • 『パンサー、罠を跳べ 運び屋ブルース』(1982年3月、徳間文庫)
  • 『銀河十字軍(銀河の聖戦士2)』(トクマノベルス、1983年2月、のち徳間文庫
  • 『蒼き大地の伝説』(集英社、1984年6月、のち集英社文庫)
  • 『アマゾン・チェイス』(1984年9月、光文社文庫)
  • 『魔犬』(1984年10月、徳間文庫)
  • 『誘拐都市』(広済堂出版(アドベンチャースーパーブックス)、1985年10月)
  • 『荒野と拳銃 現代拳銃無宿シリーズ』(トクマノベルス、1985年12月、のち徳間文庫)
  • 『アマゾン漂流 最後の冒険大陸を行く』(勁文社 1985年9月、のちケイブンシャ文庫
  • 『森の涙』(集英社 1985年2月、のち集英社文庫)
  • 『ザ・サイキック エクソシスト探偵シリーズ特別篇』1-2 (トクマノベルス、1985年-1986年、のち徳間文庫)
  • 『大いなる魚影』(徳間書店 1985年5月、のち徳間文庫)
  • 『今夜はあの男の話をしよう 田中光二、北方謙三、大沢在昌が語り合う男のロマン』(実業之日本社、1985年8月)
  • 『チャイルド・スナッチ』(1985年8月、講談社文庫)
  • 『男たちの砂塵』(有楽出版社、1986年3月、のち徳間文庫)
  • 『国家殺し』(サンケイノベルス、1986年9月、のち徳間文庫)
  • 『地の涯幻の湖』(徳間書店、1987年1月、のち徳間文庫)
  • 『新・ソロモン王の宝窟』(早川書房、1987年2月)
  • 『虹をつかむ男』(祥伝社(ノン・ポシェット)、1987年3月)
  • 『黄金狩り』(祥伝社(ノン・ポシェット)、1987年7月)
  • 『地獄のフェアウェイ』(光文社文庫、1987年9月)
  • 『あのグリーンを撃て! 野望のフェアウェイ』(勁文社ノベルス、1987年6月、のちケイブンシャ文庫)
  • 『熱帯戦線』(扶桑社ミステリー、1988年5月、のち徳間文庫)
  • 『エメラルドの罠』(祥伝社(ノン・ポシェット)、1988年5月)
  • 『吼える密林 アフリカ竜を探せ』(光文社文庫、1988年9月)
  • 『秘宝狩り トレジャー・ハンター得能次郎の冒険』(実業之日本社(Joy novels)、1988年7月、のち徳間文庫)
  • 『黒呪術の女』(1988年7月、角川文庫)
  • 『死霊の唄が聞こえる 死に神探偵むくろ帳』(トクマノベルス、1989年12月、「死霊捜査線」徳間文庫)
  • 『虹へのティショット』1-2 (勁文社ノベルス、1989年5月、のちケイブンシャ文庫)
  • 『鋼鉄海峡』(徳間書店、1989年7月、のち徳間文庫、広済堂文庫)
  • 『新・ソロモン王の宝窟』(ハヤカワ文庫、1989年8月)
  • 『メタモル・ナイト おれのワイフはhoney cat』1-2 (大陸書房、1989年-1990年、のちケイブンシャ文庫)
  • 『サーキラー 戦慄の都心環状線』(光文社文庫、1990年9月)
  • 『Rapian 犯された地球』(光文社文庫、1990年1月)
  • 『テルムー魔像の誘惑』(トクマノベルス、1990年5月、「大魔島」徳間文庫)
  • 『樹-審判の日』(祥伝社、1990年12月、「裁きの日」ノン・ポシェット)
  • 『ヤング・スペース』1-3 (トクマノベルス、1990年3月)
  • 『母なる森の血よ』(徳間書店(Tokuma冒険&推理特別書下し)、1991年3月)
  • 『マフィアより愛をこめて』(実業之日本社(Joy novels)、1991年3月)
  • 『わだつみの魚の詩』(勁文社、1991年6月、のちケイブンシャ文庫)
  • 『巨獣戦線』(徳間文庫、1992年9月)
  • 『オリンポスの黄昏』(集英社、1992年2月、のち集英社文庫)ー田中英光の伝記
  • 『甘い声 肉の物語』(祥伝社(ノン・ポシェット)、1992年4月)
  • 『さらば森の虹』(双葉社、1992年9月、のち双葉文庫)
  • 『翼なき王者』(双葉社、1993年11月)
  • 『凶獣捜査線』(トクマノベルス、1993年8月、のちケイブンシャ文庫、「多重人格殺人事件」廣済堂文庫)
  • 『幽霊空戦 1995ガダルカナル』(徳間文庫、1995年9月)
  • 『白き死の伝説』(双葉社(Survival agent series)、1995年7月)
  • 『シャドウ』(1995年12月、角川ホラー文庫)
  • 『大西洋の鷲 ドイツ空母戦記』(双葉ノベルス、1996年12月)
  • 『黄金樹林』(角川書店、1996年7月、「ヒトラーの黄金」徳間文庫)
  • 『日本人は戦争に向いていない 平和への近未来大戦略』(青春出版社(プレイブックス)、1997年3月)
  • 『神風の吹くとき 異説・連合艦隊戦記』(光文社(カッパ・ノベルス)、1997年9月、「異説・連合艦隊」コスモシミュレーション文庫)
  • 『日本人は悪党になりきれない 大いなる幻影の悲劇』(青春出版社(プレイブックス)、1997年11月)
  • 『冷血』(勁文社、1998年5月、のちハルキ文庫)
  • 『「連合艦隊」が日本を救う 逆説の歴史 “未来なき日本"の幻想を破る』(青春出版社(プレイブックス)、1998年6月)
  • 『笑う心臓』(光文社文庫、1999年6月)
  • 『タイタニック撃沈』(有楽出版社(Joy novels)、2000年9月)のち光文社文庫
  • 『その罪を撃て 市民警察・志津四郎』(光文社文庫、2000年9月)
  • 『わたしを深く埋めて 花妖殺人事件』(光文社文庫、2001年7月)
  • 『伊勢・志摩、狼伝説殺人事件』(有楽出版社(Joy novels)、2001年8月、のち光文社文庫)
  • 『熊野古道に消ゆ』(有楽出版社(Joy novels)、2001年4月、のち光文社文庫)
  • 『つぶやく骨… 秋吉台殺人事件』(有楽出版社(Joy novels)、2002年7月、のち光文社文庫)
  • 『南紀白浜磯釣り殺人事件』(有楽出版社(Joy novels)、2002年2月、「南紀白浜呪いの磯殺人事件」光文社文庫)
  • 『一心剣』(徳間文庫、2004年9月)
『霧丸斬妖剣 一心剣』(2005年11月、徳間文庫)
『薩摩隠密行 一心剣』(2005年2月、徳間文庫)
『秘剣独眼竜 一心剣』(2005年6月、徳間文庫)
  • 『無人大陸中国』(光文社(カッパ・ノベルス)、2004年2月)
  • 『鬼ノ剣 十兵衛刺客始末』(2005年6月、ハルキ文庫)
  • 『北の黄金』(2006年7月、徳間文庫)
  • 『大脱出 浮田秀丸行状記』(2007年5月、徳間文庫)
  • 『五人武蔵』(2007年8月、ベスト時代文庫)
  • 『UFOハンター』シリーズ (文藝春秋)
    • 沈黙の岬 (1978年、のち文春文庫)
    • 地球、この緑の島より (1982年12月、文春文庫)
  • 『ヘリック』シリーズ
    • わが名はヘリック (光文社、1981年12月、のち光文社文庫)
    • 魔海のヘリック (光文社、1983年11月、のち光文社文庫)
    • 怒りのヘリック (1985年9月、光文社文庫)
    • ヘリック最後の冒険 (1986年9月、光文社文庫)
  • アッシュ・サーガ
    • アッシュー大宇宙の狼 (講談社 1978年10月、のち講談社文庫)
    • アッシュと燃える惑星 アッシュシリーズ2 (講談社 1980年6月、のち講談社文庫)
    • アッシュと母なる惑星 アッシュ・サーガ 3 (1984年7月、講談社文庫)
    • アッシュと地球の緑の森 (1987年4月、講談社文庫)
  • 『怒りの大洋』シリーズ
    • 怒りの大洋(わだつみ) (双葉社、1978年、のち角川文庫、徳間文庫)
    • 大海神 (双葉社、1978年、のち角川文庫)
    • 大漂流 (双葉社、1980年、のち角川文庫)
  • ハーマゲドンの嵐 (トクマノベルス のち文庫)
    • ハーマゲドンの嵐 第1部 エクソシスト探偵シリーズ 3 (1982年9月)
    • 地球の光と影 ハーマゲドンの嵐2 (1983年11月)
    • 天界航路 ハーマゲドンの嵐3 (1984年7月)
  • メガロポリス特捜隊
    • メガロポリスの戦士 (集英社、1986年4月、のち文庫)
    • メガロポリス特捜隊 現代編 1-2 (カドカワノベルズ、1986年8月、のち文庫)
    • メガロポリス特捜隊 近未来編 1-2 (カドカワノベルズ、1988年、のち文庫)
  • 『処刑捜査官』シリーズ 光文社文庫
    • 処刑捜査官 (1992年2月)
    • 誅殺列島 処刑捜査官2 (1992年4月)
    • 処刑最前線 (1992年9月)
    • 処刑の荒野 (1992年12月)
    • 処刑大陸 (1993年5月)
    • 帰ってきた処刑人 (1994年10月)
    • 処刑の地平線 (1995年9月)
    • 処刑の追跡 (1995年6月)
    • 処刑の復讐(リベンジ) (1996年3月)
    • 処刑の雷鳴 (1996年12月)
    • 処刑の邪神 (1996年7月)
    • 処刑の人狼 (1997年7月)
    • 処刑の死線 (1997年4月)
    • 処刑の天使 (1997年9月)
    • 処刑の南十字星 (1997年12月)
    • 処刑の惑星 (1998年8月)
    • 処刑の火山島 (1998年10月)
    • 処刑の天空 (1998年6月)
  • 『麻薬捜査官』シリーズ (光文社文庫)
    • 麻薬取締官(ドラッグ・ハンター) (1994年1月)
    • 黒い手錠〜麻薬取締官2〜 (1994年6月)
    • 幻覚列島 (1995年12月)
  • 『新太平洋大戦記』シリーズ (全11冊、光文社カッパノベルス、1993年-1998年、のち光文社文庫)
  • 『新世界大戦記』シリーズ (全6冊、光文社カッパノベルス、1998年-2000年、のちコスモシミュレーション文庫)
  • 警視庁国際徳壮刑事シリーズ (祥伝社ノンノベル)
    • 警視庁国際特捜隊 (1993年4月 のちケイブンシャ文庫)
    • 魔薬街 警視庁国際特捜隊2 (1993年11月 「美しい囮」ノン・ポシェット)
    • 冷面殺手 警視庁国際特捜隊3 (1995年4月 「警視庁国際特捜刑事」ノン・ポシェット
    • 警官の血 警視庁国際特捜刑事・復讐行 (1999年9月)
    • 武装突入 警視庁国際特捜刑事・上海行 (1999年4月)
  • 『聖竜伝説』シリーズ (光文社文庫)
    • 聖竜伝説・燃える地球 (2002年)
    • 聖竜伝説・凶獣たちの宴 (2002年)
    • 聖竜伝説・邪神覚醒 (2002年)
    • 聖竜伝説・最終大戦 (2003年)
  • 殺し屋カラス (光文社文庫)
    • 殺し屋カラス (1998年12月)
    • 悪魔の生物兵器を潰せ 殺し屋カラス (1999年10月)
    • 黒いドラゴン 殺し屋カラス (1999年2月)
    • 殺戮の島 殺し屋カラス (1999年4月)
    • 海賊島 殺し屋カラス (2000年12月)
    • 灼熱海峡 殺し屋カラス (2000年1月)
  • 『歴史群像新書』シリーズ (学習研究社、のち学研M文庫)
    • 超空の艦隊 1-5 (1999年-2000年)
    • 超空の艦隊エクストラ ファイナル・カウント・ダウン 2001年)
    • 世界心霊大戦 1 (1999年)
    • 超空の決戦 1-6 (1999年-2003年)
    • バーチャル・ウォーズ 1-2 (2001年)
    • 超空の叛撃 1-3 (2003年)
    • 超空の連合艦隊 1-4 (2004年、改題「超空の大和」文庫)
    • 天空の要塞 1-4 (2004年-2005年)
    • 天空の富嶽 1-4 (2005年)
    • 超海の大戦 1-4 (2007年)
    • 超日米大戦 1-3 (2008年)
    • 超日ソ大戦 モスクワ進行作戦 (2009年)
    • 超日中大戦 空母戦闘群激突 (2009年)
    • 超太平洋戦争 1-4 (2009年-2010年)
    • 烈日の機動部隊 小沢治三郎風雲録 1-3 (2010年)
    • 山本五十六異戦録 1-3 (2011年)
    • 超地球大戦 1-2 (2012年)
    • 本土決戦 1-2 (2012年)
    • 太陽の艦隊 1-2 (2012年-2013年)
    • 太陽の艦隊 激闘!日米決戦篇 2013
  • 『書下ろし架空戦記』シリーズ (実業之日本社ジョイノベルス、のち学研M文庫)
    • 超空母出撃 1-4 (2005年)
  • 『書下ろし太平洋戦争シミュレーション』シリーズ (実業之日本社ジョイノベルス、のち学研M文庫)
    • 海底戦艦イ800 1-4 (2003年-2004年 「超潜水艦出撃」学研M文庫)
    • 超戦闘機出撃 1-4 (2006年-2007年)
    • 超戦艦空母出撃 1-4 (2007年)
    • 潜水空母イ2000 1-4 (2009年)
    • 超海底戦車出撃 1-2 (2010年)
    • 山口多聞疾風録 1-3 (2010年-2011年)
    • 英魂の艦隊 1-3 (2011年)
    • 大空戦 1-3 (2011年-2012年)
  • 『書下ろし長編戦記シミュレーション』シリーズ (コスモノベルス)
    • 激闘艦隊 1-2 (2008年)
    • 超次元連合艦隊 1-3 (2009年)
    • 夜襲機動部隊出撃 1-2 (2010年)
    • 独立戦艦小隊竜虎 1-3 (2010年-2011年)
    • 異獣艦隊 1-2 (2011年-2012年)
  • 秘策!大東亜戦線終結ス
  • 幽霊海戦(潜水艦イ20浮上せり) (徳間書店、1988年2月、のち徳間文庫)
  • 神風の艦隊 1-3 (勁文社ノベルス、1994年-1996年、のちコスミック文庫)
  • 幻の超戦艦を追え! 1-2 (有楽出版社(Joy novels simulation)、2004年9月)
  • 異界戦艦「大和」 (光文社(カッパ・ノベルス)、2001年6月、のち光文社文庫)
  • 栄光の艦隊 太平洋特攻作戦 (コスモシミュレーション文庫、2001年10月)
  • 異説・連合艦隊
  • 愛国者の銃弾 (有楽出版社、1997年1月)
  • 愛国者の地雷 (有楽出版社、1999年3月)
  • 帝国アメリカ消失 (光文社(カッパ・ノベルス)、2003年7月)

翻訳[編集]

  • エドマンド・H・ノース『メテオ』ヘラルド・エンタープライズ、1979年7月)

その他[編集]

  • 東京湾炎上 - 1975年公開の映画:原作「爆発の臨界」
  • 白熱デッドヒート - 1977年公開の映画:原作「白熱」
  • 大放浪 - 1978年放送のNHKラジオドラマ:原作

脚注[編集]

  1. ^ [1] 日本SF作家クラブ公認ネットマガジン
  2. ^ “作家の田中光二さんが自殺未遂 家族の墓前で”. msn産経ニュース (産経新聞). (2012年3月30日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120330/crm12033020270013-n1.htm 2016年1月15日閲覧。 
  3. ^ 『日本SF短篇50(1)』早川書房