半保護されたページ

武田綾乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武田 綾乃
(たけだ あやの)
ペンネーム 武田 綾乃(たけだ あやの)
誕生 1992年????
日本の旗 日本京都府宇治市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 同志社大学文学部
代表作響け! ユーフォニアム』シリーズ
デビュー作 『今日、きみと息をする。』(2013年
活動期間 2013年 -
テンプレートを表示

武田 綾乃(たけだ あやの、1992年平成4年) - )は、日本小説家京都府宇治市出身。女性。代表作に『響け! ユーフォニアム』シリーズがある。


経歴

小学生の頃、自身と同じ京都府出身である綿矢りさの『蹴りたい背中[注 1]を読んで小説家に憧れるようになった。京都府立嵯峨野高等学校に進学後、文芸部に加入し本格的に小説を書き始める。

2012年平成24年)、同志社大学文学部美学芸術学科1年生のとき、高校の美術部を題材とした『今日、きみと息をする。』を宝島社主催の新人賞である第8回日本ラブストーリー大賞に応募する[1]。応募時の筆名は片仮名6文字でタケダアヤノだった。『今日、きみと息をする。』は同賞の最終選考候補作品に選ばれる。受賞とはならなかったものの「隠し玉作品」[注 2]として、2013年(平成25年)5月に宝島社文庫として出版された。

2013年(平成25年)12月に、小中学校時代に約5年間所属した吹奏楽部の体験と母校・嵯峨野高校吹奏楽部への取材を基にした第2作『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』を発表する[2][3]

テレビアニメ『響け!ユーフォニアム』が京都アニメーションにより制作され、第1期が2015年(平成27年)4月から6月まで、第2期が2016年(平成28年)10月から12月までBS11他で放送された。

2019年(平成31年/令和元年)、『その日、朱音は空を飛んだ』で第40回吉川英治文学新人賞候補。

作品リスト

小説

響け! ユーフォニアムシリーズ

北宇治高校編
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ(2013年12月 宝島社文庫
  • 響け! ユーフォニアム 2 北宇治高校吹奏楽部のいちばん熱い夏(2015年3月 宝島社文庫)
  • 響け! ユーフォニアム 3 北宇治高校吹奏楽部、最大の危機(2015年4月 宝島社文庫)
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のヒミツの話(2015年6月 宝島社文庫)
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校の吹奏楽部日誌(2016年10月 宝島社文庫) - 短編2篇を収録したガイドブック
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 前編(2017年9月 宝島社文庫)
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章 後編(2017年10月 宝島社文庫)
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部のホントの話(2018年4月 宝島社文庫)
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 前編(2019年5月 宝島社文庫)
  • 響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、決意の最終楽章 後編(2019年7月 宝島社文庫)
立華高校編
  • 響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編(2016年8月 宝島社文庫)
  • 響け! ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 後編(2016年9月 宝島社文庫)

君と漕ぐシリーズ

  • 君と漕ぐ ながとろ高校カヌー部(2019年2月 新潮文庫nex
  • 君と漕ぐ2 ながとろ高校カヌー部と強敵たち(2019年9月 新潮文庫nex)
  • 君と漕ぐ3 ながとろ高校カヌー部と孤高の女王(2020年9月 新潮文庫nex)

ノンシリーズ

  • 今日、きみと息をする。(2013年5月 宝島社文庫)
  • 石黒くんに春は来ない(2016年11月 イースト・プレス / 2019年12月 幻冬舎文庫
  • 青い春を数えて(2018年8月 講談社
    • 収録作品:白線と一歩 / 赤点と二万 / 側転と三夏 / 作戦と四角 / 漠然と五体
  • その日、朱音は空を飛んだ(2018年11月 幻冬舎
  • どうぞ愛をお叫びください(2020年6月 新潮社
  • 愛されなくても別に(2020年8月 講談社)

アンソロジー収録

  • 5分で読める! ひと駅ストーリー 夏の記憶 西口編(2013年7月 宝島社文庫)「俺の彼女は人見知り」
  • 5分で読める! ひと駅ストーリー 冬の記憶 西口編(2013年12月 宝島社文庫)「かわいそうなうさぎ」
  • 5分で凍る! ぞっとする怖い話(2015年5月 宝島社文庫)「かわいそうなうさぎ」
  • 5分で読める! ひと駅ストーリー 旅の話(2015年12月 宝島社文庫)「クリスマスプレゼント」
  • 5分で驚く! どんでん返しの物語(2016年6月 宝島社文庫)「かわいそうなうさぎ」

単行本未収録

  • 北宇治吹部だより 第10回「それじゃあ、またね」(2015年3月17日 宝島社特設サイト[4]
  • 祖母と、60回目の夏(『京響と仲間たち』 淡交社編集局編 2017年10月 淡交社[5]
  • 叫ぶ声は届いていた(講談社『小説現代』2018年7月号)
  • 青い鳥なんていらない(書店配布 / 2018年10月1日 講談社BOOK倶楽部[6]
  • そして奇跡は起こる(書店配布 / 2018年11月13日 講談社BOOK倶楽部[6]
  • ある日、東京にて。(『君と漕ぐ ながとろ高校カヌー部』初回限定特典)
  • 可哀想な蝿(新潮社『小説新潮』2019年11月号)

エッセイ

  • 「思い出の味 第25回「出町ふたばの豆大福」」(『STORY BOX』2019年11月号 / 2019年12月5日 小説丸[7]
  • 「幸せって何だろう Vol.27「猫の教え」」(『JAF Mate』2020年1月号)
  • 「おはようおかえり 京は猫日和」(2020年5月31日 - 連載中 小説丸[8]
  • 「いま再読したい「私を変えた一冊」」(瀬尾まいこ『卵の緒』) - 『群像』2020年10月号

脚注

注釈

  1. ^ デビュー作『今日、きみと息をする。』の189ページには『蹴りたい背中』の書名が登場する。
  2. ^ 日本ラブストーリー大賞では、受賞とならなかったものの編集部が将来性を感じた作品を「隠し玉作品」(推薦作品)として出版している。第8回の時は『今日、きみと息をする。』の他に2作品が隠し玉作品に選ばれた。

出典

外部リンク