田中英光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 英光
ペンネーム 出方名 英光
誕生 田中 英光
(1913-01-10) 1913年1月10日
日本の旗 日本・東京府東京市赤坂区榎坂町
死没 (1949-11-03) 1949年11月3日(満36歳没)
日本の旗 日本・東京都 禅林寺 (三鷹市)にて自殺を図る
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
代表作 オリンポスの果実(1940年)
子供 田中光二
ロサンゼルスオリンピック (1932年)ボート競技選手
テンプレートを表示

田中 英光(たなか ひでみつ、1913年大正2年)1月10日 - 1949年昭和24年)11月3日)は、日本作家無頼派として知られる。

「出方名 英光(でかたな ひでみつ)」という筆名もある[注 1]。名前の英光を「えいこう」と音読みされる場合もある。

息子は作家の田中光二

略歴[編集]

生い立ち、ロサンゼルスオリンピックに出場[編集]

高知県出身の歴史家岩崎鏡川(英重)の息子として東京府東京市赤坂区榎坂町(現・東京都港区赤坂)に生まれ、岩崎家から母の実家田中家に入籍。鎌倉市に育つ。神奈川県立湘南中学(現神奈川県立湘南高等学校)、早稲田高等学院卒業。

早稲田大学政治経済学部在学中の1932年(昭和7年)、ロサンゼルスオリンピック漕艇選手としてエイト種目に出場した(予選敗退)[1]

1935年(昭和10年)3月、早稲田大学を卒業。横浜護謨製造株式会社(現・横浜ゴム)に就職。京城出張所勤務となる。

太宰治との出会い[編集]

就職した年に同人雑誌『非望』(1935年3月~6月、第6号で廃刊)の同人となる。『非望』第5号(1935年8月)に起稿した「空吹く風」が太宰治の目に止まる。太宰は京城に住む田中宛てに「君の小説を読んで、泣いた男がある。曾てなきことである」と書いた葉書を投函[注 2]。以後、田中の師事が始まる[2]

1937年(昭和12年)2月、小島喜代と結婚。朝鮮神宮で挙式。

1939年(昭和14年)2月頃、中国山西省臨晋の野戦病院に入院していた間に書いた小説「鍋鶴」を太宰宛てに送稿し、発表誌紹介を依頼する[注 3]。「鍋鶴」は太宰のによって清書され『若草』1939年5月号に掲載された[4]

1940年(昭和15年)3月、臨時本社勤務となり、東京に戻る。3月22、23日頃、三鷹に住む太宰を訪問、初めての対面となった。このとき田中は「われは海の子」と「杏の実」を持参している。太宰は中島孤島訳の「ギリシヤ神話」に拠って「杏の実」を「オリンポスの果実」と改題させ、『文學界』に斡旋する[5]。同誌1940年9月号に『オリンポスの果実』掲載。同年12月、同作品は第7回池谷信三郎賞を受賞する。また高山書院から太宰の序文をつけて出版される。

1944年(昭和19年)、京城から静岡県に引き揚げる。

1947年(昭和22年)、妻子を静岡に残したまま、東京都新宿区にて同棲生活を始める。

1948年(昭和23年)6月13日、太宰が自殺。大きな衝撃を受けた英光は睡眠薬中毒と化す。

1949年(昭和24年)5月、同棲相手を薬物中毒による妄想のため刺す。同年11月3日三鷹市禅林寺の太宰の墓前で自殺をはかり、搬送先の病院で死去する。36歳没。

備考[編集]

  • 横浜ゴムの駐在員として派遣された当時の朝鮮での体験、実兄の影響で入党した共産党での体験、愛人との新宿での生活が文学の背景にある。
  • 芳賀書店より田中英光全集(全11巻)が刊行されている。
  • 太宰治の『お伽草紙』の「カチカチ山」に出てくる狸は英光がモデルではないかと言われている[6]

作品リスト[編集]

  • 「魔王」
  • 「野狐」
  • 「オリンポスの果実」(1940年)
  • 「聖やくざ」
  • 『われは海の子』桜井書店 1941
  • 『雲白く草青し』桜井書店 1943
  • 『端艇漕手』今日の問題社 1944
  • 『我が西遊記』桜井書店 1944
  • 『愛の手紙』青葉書房 1946
  • 『オリンポスの果実』鎌倉文庫 1946 のち新潮文庫、角川文庫
  • 『姫むかしよもぎ』赤坂書店 1947
  • 『桑名古庵』講談社 1947
  • 『暗黒天使と小悪魔』文潮社 1948
  • 『嘘と少女』真善美社 1949
  • 『青春の河』思索社 1949
  • 『愛と憎しみの傷に』月曜書房 1949
  • 『地下室から』八雲書店 1949
  • 『酔いどれ船』小山書店 1949
  • 『さようなら 遺作集』月曜書房 1949 のち角川文庫
  • 『嘘』真善美社 1950
  • 『田中英光選集』全2巻 月曜書房 1950
  • 田中英光全集』全11巻 芳賀書店 1964-65
  • 『桜・愛と青春と生活』講談社文芸文庫 1992
  • 『師太宰治』津軽書房 1994

伝記など[編集]

  • 小説田中英光 北村鱒夫 三一書房 1965
  • 「酔いどれ船」の青春 もう1つの戦中・戦後 川村湊 講談社 1986
  • オリンポスの黄昏 田中光二(1992)集英社文庫
  • 田中英光評伝 無頼と無垢と 南雲智 論創社 2006
  • 西村賢太『田中英光私研究』全八輯 私家版

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 田中は身長180センチの巨体で「でかい田中」と呼ばれていた。「出方名英光(でかたな ひでみつ)」という筆名は、そこから取られた。
  2. ^ 葉書の文面の詳細を記す。「君の小説を読んで、泣いた男がある。曾てなきことである。君の薄暗い荒れた竹藪の中には、かぐや姫がゐる。君、その無精髭を剃り給へ。」
  3. ^ 太宰は短編小説『』の中で、田中が戦地から小説を送ったことについて触れている[3]

出典[編集]

  1. ^ Hidemitsu Tanaka Biography and Olympic Results at Sports-Reference.com. 2012年10月15日閲覧。(英語)
  2. ^ 山内祥史 『太宰治の年譜』大修館書店、2012年12月20日、160-161頁。
  3. ^ 『鴎』:新字新仮名(青空文庫)
  4. ^ 津島美知子 『回想の太宰治』人文書院、1978年5月20日。
  5. ^ 山内祥史 『太宰治の年譜』前掲書、225頁。
  6. ^ 『太宰治全集 8』筑摩書房、1998年11月24日、433-435頁。小山清「お伽草紙の頃」。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]