上連雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 三鷹市 > 上連雀
上連雀
三鷹警察署
三鷹警察署
上連雀の位置(多摩地域内)
上連雀
上連雀
上連雀の位置
北緯35度41分45.13秒 東経139度33分11.17秒 / 北緯35.6958694度 東経139.5531028度 / 35.6958694; 139.5531028
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
市町村 Flag of Mitaka, Tokyo.svg 三鷹市
人口
2018年(平成30年)1月1日現在)[1]
 • 合計 25,583人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
181-0012[2]
市外局番 0422 (武蔵野三鷹MA)[3]
ナンバープレート 多摩

上連雀(かみれんじゃく)は、東京都三鷹市の地名[4]。現行行政地名は上連雀一丁目から上連雀九丁目。郵便番号は181-0012[2]

地理[編集]

三鷹市の中部に位置する地域である。東から時計回りに下連雀野崎井口武蔵野市境南町関前西久保及び中町に隣接し、北端の玉川上水と南端の東京都道110号府中三鷹線人見街道)に挟まれており、中央本線の北側に上連雀一丁目、南側に上連雀二丁目から九丁目までがある。

地価[編集]

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、上連雀1-11-3の地点で47万7000円/m2となっている[5]

歴史[編集]

1657年(明暦3年)1月の明暦の大火による神田連雀町(現在の千代田区神田須田町神田淡路町付近)の被災者の替え地として、1658年(万治元年)に神田連雀新田(現在の下連雀)が開発された。

この神田連雀新田を拡大して開発されたのが現在の上連雀地区である。

開発当初は連雀前新田と称されたが、享保の頃、新田開発の進捗とともに連雀新田が連雀村と改称され、京都(朝廷)に近い方を「上」と称し、江戸方に近い方を「下」と称す慣習により下連雀村に対して上連雀村となった。

連雀の名の由来としては、「連雀」とは小板を使った背負い梯子のことで江戸神田の連雀の職人仲間が住んでいた町を連雀町と呼んでいた、とする説がある。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
上連雀一丁目 1,830世帯 3,154人
上連雀二丁目 1,352世帯 2,328人
上連雀三丁目 905世帯 1,554人
上連雀四丁目 1,674世帯 3,161人
上連雀五丁目 1,467世帯 2,759人
上連雀六丁目 1,506世帯 3,019人
上連雀七丁目 1,398世帯 2,910人
上連雀八丁目 1,577世帯 3,533人
上連雀九丁目 1,489世帯 3,165人
13,198世帯 25,583人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
上連雀一丁目 全域 三鷹市立第三小学校 三鷹市立第四中学校
上連雀二丁目 全域
上連雀三丁目 全域
上連雀四丁目 1~18番
26〜27番
その他 三鷹市立第七小学校
上連雀五丁目 全域
上連雀六丁目 全域
上連雀七丁目 全域
上連雀八丁目 18番
その他 三鷹市立南浦小学校 三鷹市立第一中学校
上連雀九丁目 2~14番
16~18番
その他 三鷹市立第七小学校 三鷹市立第四中学校

交通[編集]

道路

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口・世帯数”. 三鷹市 (2018年1月5日). 2018年1月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月22日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月22日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P1146
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 三鷹市立小・中学校の通学区域【小学校】”. 三鷹市 (2014年9月18日). 2018年1月22日閲覧。
  7. ^ 三鷹市立小・中学校の通学区域【中学校】”. 三鷹市 (2014年9月18日). 2018年1月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]