朝鮮神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝鮮神宮
Chosen Jingu.JPG
朝鮮神宮
所在地 朝鮮京畿道京城府南山
現・大韓民国ソウル特別市龍山区厚岩洞30-65
位置 北緯37度33分13秒
東経126度58分58秒
座標: 北緯37度33分13秒 東経126度58分58秒
主祭神 天照大神
明治天皇
社格 官幣大社・勅祭社
創建 大正14年(1925年)
本殿の様式 神明造
例祭 10月17日
地図
朝鮮神宮の位置(ソウル特別市内)
朝鮮神宮
朝鮮神宮
テンプレートを表示

朝鮮神宮(ちょうせんじんぐう,조선신궁,チョソンシングン)とは、朝鮮京畿道京城府南山(現・大韓民国ソウル特別市)にあった神社である。社格官幣大社で、朝鮮半島の総鎮守とされた。

歴史[編集]

1919年(大正8年)7月18日、天照大神明治天皇を祭神とする「朝鮮神社」を創立し、官幣大社に列する旨が仰出された[1]1920年(大正9年)、南山の頂の御用地20万坪、境内7000坪の地を卜し、総工費150万円で殿舎の造営に着手、6箇年で竣成した。1925年(大正14年)6月27日、「朝鮮神社」が「朝鮮神宮」に改称され[2]、同年9月14日には鎮座祭の期日(同年10月15日)と例祭日(毎年10月17日)が定められた[3]

1925年(大正14年)10月15日、園池掌典次長が勅使として御霊代を奉戴し、鎮座の盛儀が執行され、17日、園池勅使の参向のもとに初回の例祭が挙行された。以後、例祭ごとに勅使の参向があり、また本社の宮司は勅任待遇であった。

大日本帝国第二次世界大戦における敗戦に伴い、1945年昭和20年)8月16日に御御霊昇神の儀を行い、11月17日に廃社となった[4]。跡地には南山公園が作られた。公園の中には安重根義士記念館、Nソウルタワーなどがある。

参拝の奨励・強要と神社参拝拒否運動[編集]

 
朝鮮神宮(日本の絵葉書より)

朝鮮神宮の建立以降、朝鮮総督府は「皇民化政策の一環」として神社参拝を奨励し、各家庭での神棚設置と礼拝を奨励した。さらに日中戦争が始まった1937年(昭和12年)以降になると、神社参拝を奨励した[5]

この頃には、日米関係の悪化も関係しており、朝鮮のキリスト教徒に対する圧力も強まっていた。それまで植民地統治下にあって、キリスト教会内部だけは比較的、表現集会の自由が容認されていた。これは堤岩里事件を引き起こしたことに対して、欧米から強く非難されたためであった。

カトリック教会への圧力が強まる中、1939年(昭和14年)には長老派教会が警察官立ち会いの下で神社参拝を決議した。これに反対した約2000人の牧師・教徒が、検挙・投獄された(神社参拝拒否運動)。この際、日本基督教団は神社参拝に反対する朝鮮の教会に赴き「国家の祭祀を要求することは改宗を迫るものではない」という趣旨で、反対派牧師たちを説得している。神社参拝拒否運動は、200あまりの教会が閉鎖されるという結末を辿った。

関連書籍[編集]

  • 朝鮮神宮年報 官幣大社朝鮮神宮社務所 1933年~
  • 朝鮮神職会会報『鳥居』 朝鮮神職会
  • 神社・学校・植民地: 逆機能する朝鮮支配 樋浦郷子 2013年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 内閣告示第12号 官報第2086号(大正8年7月18日) 415頁
  2. ^ 内閣告示第6号 官報第3853号(大正14年6月27日) 701頁
  3. ^ 内閣告示第9号 官報第3918号(大正14年9月14日) 345頁
  4. ^ 内務省告示第264号 官報第5660号(昭和20年11月22日) 1頁
  5. ^ 『朝鮮を知る事典』平凡社、220頁。

参考文献[編集]

  • 『恩来』 朝鮮神宮御鎮座十周年記念 朝鮮神宮奉賛会編纂 昭和12年11月20日発行

関連項目[編集]