村上海賊の娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
村上海賊の娘
著者 和田竜
イラスト 平沢下戸
発行日 2013年10月22日
発行元 新潮社
ジャンル 歴史小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本四六判変型)
ページ数 上巻:476 / 下巻:506
コード ISBN 978-4-10-306882-2(上巻)
ISBN 978-4-10-306883-9(下巻)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

村上海賊の娘』(むらかみかいぞくのむすめ)は、和田竜による長編歴史小説1576年天正4年)の第一次木津川口の戦いでの村上水軍の当主・村上武吉の娘・景(きょう、20歳)を描いている。

週刊新潮』に2011年から2013年にかけて連載され、2013年10月に新潮社から単行本が刊行された。

あらすじ[編集]

主人公・景(きょう)、戦国時代に瀬戸内海を席巻した村上水軍の当主・村上武吉の娘である。景は、軍船に乗り瀬戸内の海で狼藉を働く者を成敗したり、男勝りの活躍をする。ある日、毛利家から信長に追い詰められ窮地に陥った本願寺を救うため、物資を輸送してほしいという依頼が来る。村上水軍は毛利方に加勢することを決め、景も戦いに身を投じていく。

備考[編集]

  • 創作の切っ掛けは、広島の小学生時代にまわりに村上姓がたくさんいて興味を持ち、家族旅行で因島にも行き、村上水軍の存在を知ったことで、大人になり作家デビュー後に本格的に調べ創作に至った[1]
  • 村上武吉は娘のうち大半が養女のなか、1人だけ景という実娘がおり、系図には載っていないが『萩藩譜録』にその記録がある。
  • 景は長身で細身、ぎょろりとした大きな目に大きな高い鼻であり、いつも船に乗っているため、肌は真っ黒に日焼けしているため「貰い手がいない醜女」と言われているが、現代ではいわゆるハーフの風貌であり、平均よりも美人の部類であるが、当時は色白でぽっちゃりした身長の低い目の小さい女性を絶世の美女としていた。
  • 作中で景は船に乗って戦い、相手をいたぶることが大好きであるが、昔は法律で女が船に乗ることは出来なかった。作中にも記載してあるが、実際には船に女性が乗ることはあった。しかし、景のように戦い、相手を殺害して海に投げ捨てる女性は当然いなかった。

受賞[編集]

連載[編集]

漫画[編集]

吉田史朗の作画で漫画化され、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて2015年37・38合併号から連載されている。既刊6巻。

脚注[編集]

  1. ^ 第143回:和田竜さんその5「最近の読書&新作『村上海賊の娘』」 - 作家の読書道”. WEB本の雑誌 (2013年11月20日). 2017年9月3日閲覧。
  2. ^ 吉川英治文学新人賞”. e-hon 文学賞ページ. 2014年4月11日閲覧。
  3. ^ 本屋大賞”. 本屋大賞実行委員会. 2014年4月11日閲覧。

外部リンク[編集]