ピエール・ルメートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ピエール・ルメートル
Pierre Lemaitre
誕生 (1951-04-19) 1951年4月19日(71歳)
フランスの旗 フランスパリ
職業 小説家
言語 フランス語
国籍 フランスの旗 フランス
活動期間 2006年 -
ジャンル ミステリー
サスペンス
代表作 カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ
主な受賞歴 リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門(2012年)
インターナショナル・ダガー賞(2013年、2015年、2016年)
ゴンクール賞(2013年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ピエール・ルメートル(Pierre Lemaitre, 1951年4月19日[1] - )は、フランス小説家推理作家脚本家[2]

経歴・人物[編集]

1951年パリ生まれ[3]。少年期をパリ北部近郊セーヌ=サン=ドニ県オーベルヴィリエドランシーで過ごした。成人向けの職業教育の場で、主に図書館員を対象に文学を教えながら、連続テレビドラマの脚本家として活躍する[2][4]2006年、カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ第1作『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー[2]、同作でコニャック市ミステリ文学賞 (fr他4つのミステリ賞を受賞する[5]2009年、『死のドレスを花婿に』がフランス国鉄ミステリ文学賞で次点に選ばれる[6]

カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ第2作『その女アレックス』は、フランスでリーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門(2012年)、イギリスでインターナショナル・ダガー賞(2013年)を受賞[2][5]、日本でも、『このミステリーがすごい!2015』海外部門第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」海外部門第1位、「ミステリが読みたい!」海外編第1位、「IN★POCKET文庫翻訳ミステリー・ベスト10」第1位、本屋大賞翻訳小説部門第1位となり[5][7]文春文庫版は60万部を超えるヒット作となる[8]

6冊目の小説である『天国でまた会おう』はミステリではなく、第一次世界大戦をテーマとしたもので、ゴンクール賞に選ばれた。日本語訳は日本翻訳家協会賞翻訳特別賞(2016年)を受賞。また英訳はインターナショナル・ダガー賞(2016年)を受賞し、前年の『傷だらけのカミーユ』に続き2年連続3回目の受賞となった。また『天国でまた会おう』は2017年アルベール・デュポンテルの監督・主演により同名で映画化されており、ルメートルがデュポンテルと共同で脚本を執筆し、第43回セザール賞フランス語版脚色賞フランス語版を受賞している[9]

著書[編集]

カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ[編集]

# 邦題 原題 刊行年
フランスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗 備考
1 悲しみのイレーヌ Travail soigné 2006年 2015年10月 橘明美 文藝春秋文春文庫 三部作第一作[10]
2 その女アレックス Alex 2011年 2014年9月 橘明美 文藝春秋〈文春文庫〉 三部作第二作[10]
3 わが母なるロージー Les Grands Moyens
別題Rosy & John[11]
2011年
2014年
2019年9月 橘明美 文藝春秋〈文春文庫〉 中編作品[2]。番外編
4 傷だらけのカミーユ Sacrifices 2012年 2016年10月 橘明美 文藝春秋〈文春文庫〉 三部作第三作[10]

災厄の子供たち三部作[編集]

# 邦題 原題 刊行年
フランスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 天国でまた会おう Au revoir là-haut 2013年 2015年10月 平岡敦 早川書房〈ハヤカワ・ミステリ文庫〉
早川書房(単行本)
2 炎の色 Couleurs de l'incendie 2018年 2018年11月 平岡敦 早川書房〈ハヤカワ・ミステリ文庫〉
早川書房(単行本)
3 われらが痛みの鏡 Miroir de nos peines 2020年 2021年6月 平岡敦 早川書房〈ハヤカワ・ミステリ文庫〉

その他[編集]

# 邦題 原題 刊行年
フランスの旗
刊行年月
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 死のドレスを花婿に Robe de marié 2009年 2009年7月 吉田恒雄 柏書房
2015年4月 文藝春秋〈文春文庫〉
2 監禁面接 Cadres noirs 2010年 2018年8月 橘明美 文藝春秋
3 僕が死んだあの森 Trois jours et une vie 2016年 2021年5月 橘明美 文藝春秋

※括弧内の邦題は『その女アレックス』の「訳者あとがき」に記載された仮の書名。

脚注[編集]

  1. ^ Pierre Lemaitre - Livres, citations, photos et vidéos - Babelio.com
  2. ^ a b c d e 英国推理作家協会賞受賞の大逆転サスペンス 『その女アレックス』 (ピエール・ルメートル 橘明美訳)”. 本の話WEB. 文藝春秋 (2014年10月2日). 2014年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月29日閲覧。
  3. ^ 楽天ブックス: その女アレックス - ピエール・ルメートル - 416790196X : 本
  4. ^ 詳細表示 - 中野区立図書館
  5. ^ a b c ピエール・ルメートル『その女アレックス』|特設サイト”. 本の話WEB. 文藝春秋. 2015年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月29日閲覧。
  6. ^ Amazon.co.jp: 死のドレスを花婿に: ピエール・ルメートル, 吉田恒雄: 本
  7. ^ 米光一成 (2014年12月12日). “ミステリ通大絶賛、今年のベストミステリ『その女アレックス』は本当に面白いのか”. エキサイトニュース. https://www.excite.co.jp/news/article/E1418315860082/ 2020年1月29日閲覧。 
  8. ^ “2014年のミステリー界を席巻した『その女アレックス』の前日譚!! 前代未聞の事件にヴェルーヴェン警部はどう立ち向かうのか?”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2016年2月3日). https://ddnavi.com/news/283981/a/ 2020年1月29日閲覧。 
  9. ^ hikita (2018年12月4日). “何もかも奪った国を相手に大胆な詐欺計画が始まる! 傑作小説の映画化『天国でまた会おう』公開決定”. SCREEN ONLINE. https://screenonline.jp/_ct/17232964 2021年11月8日閲覧。 
  10. ^ a b c 橘明美 (2016年10月5日). “ピエール・ルメートル『傷だらけのカミーユ』”. 翻訳ミステリー大賞シンジケート. 2020年1月29日閲覧。
  11. ^ “Prix littéraire - Et le Goncourt est attribué à... Pierre Lemaitre” (フランス語). Paris Match. (2013年11月4日). https://www.parismatch.com/Culture/Livres/Et-le-Goncourt-est-attribue-a-535331 2020年1月29日閲覧。