村上景親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
村上景親
Murakami Kagechika.jpg
村上景親像 (村上水軍博物館所蔵)
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 永禄元年(1558年
死没 慶長15年2月9日[1]1610年3月4日
別名 三郎兵衛尉(通称)、源八郎
墓所 山口県大島郡周防大島町
主君 小早川隆景秀秋毛利輝元
氏族 村上氏
父母 父:村上武吉[1]、母:村上通康次女
兄弟 元吉[1]景親
正室:平岡房実
側室:両班の娘
八助、元信村上元武宍戸景好

村上 景親(むらかみ かげちか)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将小早川氏毛利氏家臣。

生涯[編集]

天正6年(1578年)の上月城の戦いに出陣した。その後は、兄と行動を共にした。文禄元年(1592年)から始まる文禄・慶長の役では吉川広家に従って、兄共々朝鮮に渡海している。小早川隆景が隠居すると、父と兄は毛利氏に帰参したが、景親はそのまま小早川家中に残り、養嗣子の小早川秀秋の家臣として仕えた。慶長2年(1597年)に小早川隆景が死去すると毛利氏に帰参して安芸国竹原に所領を得た。

慶長5年(1600年)、兄の元吉と共に水軍を率いて、蜂須賀氏の所領であった阿波国猪山城を攻撃し、落城させた。その後は毛利軍の一員として、関ヶ原の戦いに参加した。

防長移封後、細川忠興池田輝政も景親の武勇を見初め、家臣として誘ったが、景親はこれを辞退して父と共に屋代島に移住、毛利家御船手組の組頭となった。

慶長15年(1610年)に死去。

逸話[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]