木村博江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

木村 博江(きむら ひろえ、1941年3月27日 - )は、日本の翻訳家

東京出身[1]国際基督教大学卒。編集者を経て、はじめ音楽関係の翻訳をするが、のち動物もの、恋愛論などノンフィクションや推理小説に領域を広げる。『なぜ美人ばかりが得をするのか』はベストセラーになった。 また、前野律名義でジャズ関係の本のほか、ロマンチックサスペンスものや、幼児教育関係の本の翻訳も手がけている。

翻訳[編集]

  • 王様ルービンシュタイン 最後のロマン派 エリック・リープマン 東芝EMI音楽出版 1981.3
  • ショパン その実像 ジョージ・R.マレック&マリア・ゴードン=スミス 東京創元社 1981.12
  • ルービンシュタイン自伝 神に愛されたピアニスト 共同通信社 1983-1984
  • グレン・グールド変奏曲 ジョン・マグリーヴィ編 東京創元社 1986.12
  • ゼッフィレッリ自伝 東京創元社 1989.1 のち文庫
  • パリ・オペラ座 夢の聖堂の秘密 ミッシェル・サラザン 音楽之友社 1989.6
  • コンサートは始まる 小沢征爾とボストン交響楽団 カール・A.ヴィーゲランド 音楽之友社 1990
  • ジュリアードの青春 音楽に賭ける若者たち ジュディス・コーガン 新宿書房 1990.8
  • モーツァルトの生涯 ウェンディ・トンプソン 音楽之友社 1991.6
  • 音楽のなかの言葉 アルフレート・ブレンデル 音楽之友社 1992.3
  • アメリカに生きる私 二つの言語、二つの文化の間で エヴァ・ホフマン 新宿書房 1992.1
  • ジャクリーヌ・デュ・プレ キャロル・イーストン 青玄社 1992.7
  • デキのいい犬、わるい犬 あなたの犬の偏差値は? スタンレー・コレン 文藝春秋 1994.11 のち文庫
  • ダウンタウンマーマレード ラビンドラ・ダンクス 朝日新聞社 1994.11
  • ダイアナ妃13年目の選択 アンドリュー・モートン 石戸谷滋共訳 文藝春秋 1994.12
  • ある英国人作家の偽りと沈黙 ペネロピ・ライヴリー 草思社 1995.4
  • 猫たちの隠された生活 エリザベス・M.トーマス 草思社 1996.3
  • 睡眠不足は危険がいっぱい スタンレー・コレン 文藝春秋 1996.6
  • 犬と山羊の聖なる夜 エリザベス・M.トーマス 草思社 1996.12
  • カプラー医師の奇妙な事件 殺人者になった医師 キース・ラッセル・アブロウ 草思社 1996.8
  • 親を殺した子供たち エリオット・レイトン 草思社 1997.6
  • 囚われの恋 メリリン・シモンズ 文藝春秋 1997.8
  • パンプルムース氏のおすすめ料理 マイケル・ボンド 東京創元社 1998.2 のち文庫
  • ショルティ自伝 ゲオルク・ショルティ 草思社 1998.11
  • 哲学者になった犬 スタンレー・コレン 文藝春秋 1998.7
  • 相性のいい犬、わるい犬 失敗しない犬選びのコツ スタンレー・コレン 文藝春秋 1999.7 のち文庫
  • パンプルムース氏の秘密任務 マイケル・ボンド 東京創元社 1999.3 のち文庫
  • 犬たちの礼節ある社会生活 エリザベス・M.トーマス 草思社 2000.9
  • なぜ美人ばかりが得をするのか ナンシー・エトコフ 草思社 2000.12
  • わが子、ヨーヨー 母が語る"天才"ヨーヨー・マの少年時代 マリナ・マ 音楽之友社, 2000.11
  • あなたの恋愛が続かない10の理由 キャサリン・カーディナル 草思社, 2001.6
  • ヘルベルト・フォン・カラヤン リチャード・オズボーン 白水社, 2001.7
  • 犬語の話し方 スタンレー・コレン 文春文庫 2002.9
  • パンプルムース家の犬 マイケル・ボンド 創元推理文庫 2002.4
  • パンプルムース氏のダイエット マイケル・ボンド 創元推理文庫 2002.11
  • 女の子はいつも秘密語でしゃべってる ジョージー・ヴォーゲル 草思社 2003.5
  • パンプルムース氏と飛行船 マイケル・ボンド 創元推理文庫 2003.6
  • 死体あります アンティーク・フェア殺人事件 リア・ウェイト 文春文庫 2003.9
  • 嘆きのパ・ド・ドゥ エレン・ポール ソニー・マガジンズ 2003.10(ヴィレッジブックス)
  • パンプルムース氏対ハッカー マイケル・ボンド 創元推理文庫 2004.1
  • ウィスキー・サワーは殺しの香り J.A.コンラス 文春文庫 2005.2
  • 春に葬られた光 ローラ・カジシュキー ソニー・マガジンズ 2005.3(ヴィレッジブックス)
  • パンプルムース氏の晩餐会 マイケル・ボンド 創元推理文庫 2005.5
  • ジュリエットと気まぐれ詩人 エレン・ポール ソニー・マガジンズ 2006.1(ヴィレッジブックス)
  • あなたの犬バカ度を測る10の方法 ジェニー・リー 文春文庫 2006.1
  • 良心をもたない人たち 25人に1人という恐怖 マーサ・スタウト 草思社 2006.2 のち文庫
  • 犬も平気でうそをつく? スタンレー・コレン 文春文庫 2007.1
  • パンプルムース氏とホテルの秘密 マイケル・ボンド 創元推理文庫 2007.5
  • 子供をゲーム依存から救うための本 オリヴィア&カート・ブルーナー 文藝春秋 2007.6
  • あなたがあたえる 大富豪ピンダーの夢をかなえる5つの秘密 ボブ・バーグ、ジョン・デイビッド・マン 文藝春秋 2008.7
  • 理想の犬の育て方 スタンレー・コレン 文春文庫 2008.9
  • 探偵は犬を連れて イヴリン・デイヴィッド 創元推理文庫 2009.2
  • アンティキテラ古代ギリシアのコンピュータ ジョー・マーチャント 文藝春秋 2009.5
  • ロストロポーヴィチ伝 巨匠が語る音楽の教え、演奏家の魂 エリザベス・ウィルソン 音楽之友社 2009.9
  • その科学が成功を決める リチャード・ワイズマン 文藝春秋 2010.1
  • 夫の死に救われる妻たち ジェニファー・エリソン/クリス・マゴニーグル 飛鳥新社2010.9
  • 錯覚の科学 クリストファー・チャブリス&ダニエル・シモンズ 文藝春秋 2011.2
  • うつは手仕事で治る! ケリー・ランバート 飛鳥新社 2011.9
  • 犬があなたをこう変える スタンレー・コレン 文春文庫 2011.10
  • 超常現象の科学 リチャード・ワイズマン 文藝春秋 2012.2
  • なぜ、それを買わずにはいられないのか 文藝春秋 2012.11
  • その科学があなたを変える 文藝春秋 2013.10
  • ガーンジー島の読書会 イーストプレス 2013.11
  • ツタンカーメン 死後の奇妙な物語 文藝春秋 2014.9
  • ブルース、日本でワインをつくる(聞き書き) 新潮社図書編集室 2014.11
  • FIFA腐敗の全内幕 文藝春秋 2015.10
  • よく眠るための科学が教える10の秘密 2015.11 

前野律名義

  • ジャズの世界 アンドレ・フランシス東京創元社 1981.2
  • 親こそ最良の教師 2000.2(ドーマン研究所)
  • 赤ちゃんに読みをどう教えるか 2000.3(ドーマン研究所)
  • 赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか 2000.3(ドーマン研究所)
  • 素顔は見せないで リサ・ガードナー ソニー・マガジンズ 2002.2(ヴィレッジブックス)
  • ブルーノート・レコード--史上最強のジャズ・レーベルの物語 リチャード・クック 行方均監修 朝日文庫 2002.12
  • あどけない殺人 リサ・ガードナー ソニー・マガジンズ 2002.2 (ヴィレッジブックス)
  • 誰も知らない恋人 リサ・ガードナー ソニー・マガジンズ 2003.3(ヴィレッジブックス)
  • いまは誰も愛せない リサ・ガードナー ソニー・マガジンズ 2004.10(ヴィレッジブックス)
  • 熱帯夜の狩人 リサ・ガードナー ソニー・マガジンズ 2006.3(ヴィレッジブックス)
  • あなただけに真実を リサ・ガードナー ソニー・マガジンズ 2007.4(ヴィレッジブックス)
  • 愛しき人は雨に消されて リサ・ガードナー ソニー・マガジンズ 2009.8(ヴィレッジブックス)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.448