流浪の月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
流浪の月
著者 凪良ゆう
イラスト 鈴木久美(装幀)
Arx0nt / Getty Images(写真)
発行日 2019年8月30日
発行元 東京創元社
ジャンル 長編小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判仮フランス装
ページ数 314
公式サイト 凪良ゆう『流浪の月』 - 東京創元社 特設サイト
コード ISBN 978-4-488-02802-2
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

流浪の月』(るろうのつき、: The Wandering Moon)は、凪良ゆうの小説[1]2019年8月より東京創元社から出版され[1]、装幀は鈴木久美が担当している[2]。第17回本屋大賞受賞作[3][4]

概要[編集]

BL作家として活動していた作者が出版した初の単行本作品であり[5]、第1章「少女のはなし」から終章「彼のはなし II」の全6章で構成されている[6]。作者は『ダ・ヴィンチ』2021年5月号のインタビューの中で、2013年に出版したBL小説『あいのはなし』をベースにした作品だと説明した[7]

2021年7月現在で、累計発行部数は39万部を突破している[8]

凪良は登場人物ごとの曲として、佐伯文に対しては七尾旅人の「8月」を、家内更紗に対しては笹川美和の「紫陽花」を挙げている[9]

2022年、創元文芸文庫の創刊ラインナップとして文庫版が刊行された[10]

同年、李相日監督による映画版が公開[11]

あらすじ[編集]

主人公の家内更紗は、父を病で亡くし母に見捨てられ、母方の伯母の家に引き取られた。更紗は従兄(伯母の息子)の孝弘から虐待を受けており、学校が終わるといつも公園で過ごしていた。その公園には、小学生からロリコンと呼ばれる19歳の大学生・佐伯文がいた。ある日、公園では雨が降った。更紗がびしょ濡れになっているのを目にした文は、更紗に傘を差し出す。そして、引き取られている伯母の家に帰りたくないという更紗の気持ちを知り、自分のマンションに招き入れる。更紗は文のもとで2か月を過ごす。その間、更紗は行方不明の女児として、全国に実名報道されていた。そして、文と更紗が一緒に外出した先で通行人に見つかり、文は誘拐犯として逮捕されてしまう。警察官に抱えられ保護される更紗。更紗が「文と別れたくなくて」泣き叫ぶシーンは、居合わせた人の携帯電話で撮影・拡散されていった。その後更紗は「傷物にされた可哀想な女の子」、文は「ロリコンで凶悪な誘拐犯」というレッテルを貼られ続ける。二人の関係は、周囲の人たちが思うものとは全く違うものであったにも関らずに。そして事故から15年過ぎ、24歳になったある日、更紗は偶然文と再会する。

外部からは見えない真実や、恋愛でも友情でもない言い表しにくい2人の関係性が描かれている[12][13]

書誌情報[編集]

映画[編集]

流浪の月
監督 李相日
脚本 李相日
原作 凪良ゆう
製作 朴木浩美
製作総指揮 宇野康秀
依田巽
小竹里美
髙橋尚子
堀尾星矢
出演者 広瀬すず
松坂桃李
横浜流星
多部未華子
趣里
三浦貴大
白鳥玉季
増田光桜
内田也哉子
柄本明
音楽 原摩利彦
撮影 ホン・ギョンピョ
編集 今井剛
制作会社 UNO-FILMS
製作会社 「流浪の月」製作委員会
配給 ギャガ
公開 日本の旗 2022年5月13日
上映時間 150分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2022年5月13日に公開[15]。監督は李相日、主演は広瀬すず松坂桃李。UNO-FILMS製作第1弾作品[11]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:凪良ゆう『流浪の月』(東京創元社刊)
  • 監督・脚本:李相日
  • 撮影監督:ホン・ギョンピョ[19]
  • 音楽:原摩利彦
  • 製作総指揮:宇野康秀
  • 製作エグゼクティブ:依田巽
  • 製作:森田篤
  • プロデューサー:朴木浩美
  • エグゼクティブプロデューサー:小竹里美、髙橋尚子、堀尾星矢
  • ラインプロデューサー:山本礼二
  • 美術:種田陽平[19]、北川深幸
  • 照明:中村裕樹
  • 音響:白取貢
  • 音響効果:柴崎憲治
  • 編集:今井剛
  • 装飾:西尾共未、高畠一郎
  • キャスティングディレクター:元川益暢
  • 衣装デザイン:小川久美子
  • ヘアメイク:豊川京子
  • 制作担当:多賀典彬
  • 助監督:竹田正明
  • 韓国コーディネーター:
  • 音楽プロデューサー:杉田寿宏
  • 宣伝プロデューサー:依田苗子、新田晶子
  • 共同製作・配給:ギャガ[11]
  • 共同製作:UNITED PRODUCITONS[11]
  • 企画・製作幹事・制作プロダクション:UNO-FILMS[11]
  • 製作:「流浪の月」製作委員会(UNO-FILMS、ギャガ、UNITED PRODUCTIONS)

関連書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 流浪の月 - 国立国会図書館”. 2020年10月29日閲覧。
  2. ^ 凪良ゆう『流浪の月』 - 東京創元社 特設サイト”. 東京創元社. 2020年10月29日閲覧。
  3. ^ “「2020年本屋大賞」決定!! 大賞は凪良ゆう『流浪の月』 全ノミネート作の順位を発表!”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2020年4月8日). https://ddnavi.com/news/608865/a/ 2021年7月22日閲覧。 
  4. ^ これまでの本屋大賞”. 本屋大賞. 2020年10月29日閲覧。
  5. ^ <凪良ゆうインタビュー>センシティブな筆致にファン急増中。「好きに書いていいよ」が生んだ名作『流浪の月』”. 本の話. 別冊文藝春秋. 文藝春秋 (2020年1月23日). 2020年10月29日閲覧。
  6. ^ Kanba (2020年11月18日). “流浪の月(本屋大賞受賞) 凪良ゆう(著) 新しい人間関係への旅立ちを描いた異色の小説”. DREAM-ARRIVE. 読書日和. 2021年7月12日閲覧。
  7. ^ 凪良ゆう「ブレることが、BL時代を含めた私の作風」『滅びの前のシャングリラ』発表までの苦悩とは?”. ダ・ヴィンチニュース (2021年4月10日). 2021年12月5日閲覧。
  8. ^ 【プレスリリース】2020年〈本屋大賞〉受賞作、凪良ゆう『流浪の月』が、李相日監督のもと、広瀬すず・松坂桃李ダブル主演で映画化決定!原作本に主演キャストスチール帯をつけて出荷!、東京創元社、2021年7月21日。
  9. ^ 「音楽がないと書けないですね」2020年本屋大賞受賞『流浪の月』凪良ゆうさんの登場人物プレイリスト▼凪良さんオススメ江國香織さん、大島弓子さん作品”. 山形純菜 プレシャスサンデー. TBSラジオ (2020年5月10日). 2020年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月12日閲覧。
  10. ^ a b 東京創元社の新たな文庫レーベル 〈創元文芸文庫〉創刊!”. Web東京創元社マガジン. 東京創元社 (2022年2月22日). 2022年11月1日閲覧。
  11. ^ a b c d e "広瀬すず×松坂桃李W主演で『流浪の月』映画化 監督は『悪人』『怒り』の李相日". リアルサウンド映画部. 12 July 2021. 2021年7月12日閲覧
  12. ^ 本屋大賞・凪良ゆう「流浪の月」 「常識」では表せない切実な絆”. 好書好日. 朝日新聞社 (2020年7月21日). 2020年10月29日閲覧。
  13. ^ 【2020年本屋大賞受賞】ふたりは再会してはいけなかった…? 世間が反対しても、そばにいたい。新たな“つながり”と”断絶”を描く『流浪の月』”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA (2020年4月7日). 2020年10月29日閲覧。
  14. ^ tokyosogenshaの2019年8月29日のツイート2022年11月2日閲覧。
  15. ^ "広瀬すず&松坂桃李W主演『流浪の月』の公開日が5月13日に決定! 美しくも不穏な特報映像が完成". MOVIE WALKER PRESS. 22 February 2022. 2022年3月16日閲覧
  16. ^ a b c d e f “映画『流浪の月』広瀬すずの幼少期を演じるのは人気子役の白鳥玉季”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年12月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2217348/full/ 2021年12月13日閲覧。 
  17. ^ "横浜流星が広瀬すず×松坂桃李W主演映画「流浪の月」に出演決定「僕の中にまだある殻を破ることができたら」". TV LIFE web. ワンパブリッシング. 17 August 2021. 2021年8月17日閲覧
  18. ^ "多部未華子、広瀬すず×松坂桃李W主演映画『流浪の月』出演決定 「とても魅⼒的な脚本」". Real Sound. blueprint. 25 October 2021. 2021年10月25日閲覧
  19. ^ a b 「流浪の月」撮影監督は「パラサイト」のホン・ギョンピョ、美術監督は種田陽平! コメント独占入手” (日本語). 映画.com. 2021年8月13日閲覧。
  20. ^ tokyosogenshaの2022年6月13日のツイート2022年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]