土屋賢二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土屋 賢二(つちや けんじ、1944年11月26日 - )は、日本哲学者、エッセイスト。お茶の水女子大学名誉教授。専攻はギリシア哲学分析哲学

経歴[編集]

岡山県玉野市出身。岡山県立岡山操山高等学校から、官僚を志し東京大学教養学部文科一類入学。1967年東京大学文学部哲学科卒業。学科同期に菅野盾樹大阪大学名誉教授)、袴田茂樹青山学院大学名誉教授)など。その後宅地建物取引士の資格を取り、不動産会社で3ヶ月働く。東京大学院人文科学研究科博士課程中退。

東京大学助手を経て、1975年からお茶の水女子大学教育学部講師。1979年に同助教授に、1989年に同教授に昇格。2002年から2年間、お茶の水女子大学文教育学部学部長を務めた。2010年定年退職、名誉教授。定年退職後は神戸市に移住した。

人物[編集]

研究の傍らユーモアエッセイを執筆。一見哲学的な深い洞察をしているように見えながら実は論理的に奇妙な文章になっているという、学術論文をパロディ化したような独特の作風。そこからついたあだ名が「笑う哲学者」。趣味はジャズピアノ。ライブで演奏する曲は『ラカンの鏡』『オッカムの髭』など哲学と関係したタイトルになっている。漫画家の柴門ふみはお茶の水女子大学での教え子。ときおり著書にイラストを描くいしいひさいちは小学校の後輩で、『ののちゃん』の中に「ツチノコ教頭」として土屋を登場させている。

ブッチホンを受けた事がある。

著書[編集]

哲学書

  • 『猫とロボットとモーツァルト』(勁草書房 1998年)
  • 『ツチヤ教授の哲学講義』(岩波書店 2005年)
  • 『もしもソクラテスに口説かれたら―愛について・自己について』(岩波書店 2007年)
  • 『あたらしい哲学入門―なぜ人間は八本足か?』(文藝春秋 2011年)

エッセイ

  • 『われ笑う、ゆえにわれあり』 (文藝春秋 1994年,文庫 1997年)
  • 『われ大いに笑う、ゆえにわれ笑う』 (文藝春秋 1996年,文庫 1999年)
  • 『哲学者かく笑えり』(講談社 1997年,文庫 2001年)
  • 『人間は笑う葦である』(文藝春秋 1998年,文庫 2001年)
  • 『ツチヤの軽はずみ』(文藝春秋 1999年,文庫 2001年)
  • 『棚から哲学』(文藝春秋 2000年,文庫 2002年)
  • 『汝みずからを笑え』(文藝春秋 2000年,文庫 2003年)
  • 『ソクラテスの口説き方』(文藝春秋 2001年,文庫 2003年)
  • 『紅茶を注文する方法』(文藝春秋 2002年,文庫 2004年)
  • 『ツチヤ学部長の弁明』(講談社 2003年,文庫 2006年)
  • 『簡単に断れない。』(文藝春秋 2004年,文庫 2006年)
  • 『ツチヤの口車』(文藝春秋 2005年,文庫 2008年)
  • 『貧相ですが、何か? 哲学教授大いに悩む』(文藝春秋 2006年,文庫 2009年)
  • 『妻と罰』(文藝春秋 2007年,文庫 2010年)
  • 『人間は考えても無駄である-ツチヤの変客万来』(講談社 文庫 2009年)
  • 『ツチヤ教授の哲学講義―哲学で何がわかるか?』(文藝春秋 文庫 2011年)
  • 『ツチヤの貧格』(文藝春秋 2008年,文庫 2011年)
  • 『純粋ツチヤ批判』(講談社 2009年,文庫 2012年)
  • 『幸・不幸の分かれ道 考え違いとユーモア』(東京書籍,2011年)
  • 『ツチヤ教授の哲学ゼミ―もしもソクラテスに口説かれたら』(文藝春秋 文庫 2011年)
  • 『教授の異常な弁解』(文藝春秋 2009年,文庫 2012年)
  • 『論より譲歩』(文藝春秋 2012年)
  • 『われ悩む、ゆえにわれあり』(PHP研究所 2012年)
  • 『不要家族』(文藝春秋 文庫 2013年)
  • 『哲学者にならない方法』(東京書籍 2013年)

共著

  • 『哲学を疑え! 笑う哲学往復書簡』(石原壮一郎と共著 飛鳥新社 2001年)
  • 『ツチケンモモコラーゲン』(さくらももこと共著 集英社 2001年,文庫 2005年)
  • 『国立大学改革とお茶の水女子大学のゆくえ』(本田和子,OAA編集会 お茶の水ブックレット, 2003年)
  • 『人間は考えるFになる』(森博嗣と共著 講談社 2004年,文庫 2013年)
  • 『人生気のせい人のせい ツチヤ教授,代々木駅前の精神科医と語る』(三浦勇夫と共著,PHP研究所, 2007年)
  • 『「ゆる人生」のススメ』(三浦勇夫と共著,文藝春秋 2011年)

翻訳[編集]

  • 『ギリシア人の経験』 (セシル=モーリス・バウラ、水野一共訳、みすず書房、1972
  • 『心は機械で作れるか』 (ティム=クレイン、勁草書房、2001年)

連載

関連項目[編集]

外部リンク[編集]