土屋健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土屋 健二
20130407 Kenji Tsuchiya, pitcher of the Yokohama DeNA BayStars,at Meiji Jingu Stadium.JPG
DeNA時代(2013年4月7日、明治神宮野球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県富士市
生年月日 (1990-10-04) 1990年10月4日(26歳)
身長
体重
181 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト4位
初出場 2010年4月28日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

土屋 健二(つちや けんじ、1990年10月4日 - )は、静岡県富士市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

野球人生のスタートは、小学3年生時に、後に出身高校の先輩となる松坂大輔の投球に衝撃を受けた事と後に語っている。 地元の「富士シニア」所属時代は投手として全国16強入りし、全日本選抜メンバーにも選出された。

2006年横浜高校に進学。2007年秋の明治神宮大会では準優勝投手となった。この年の秋関東大会までは背番号1だったが、明治神宮大会では背番号10として出場した(エースとしての自覚を持ってほしい事から、監督が背番号を10に変更させた)。エースとして3年生時の春(2008年)に出場した第80回選抜大会は初戦(2回戦)で北大津高校の前に敗退するも、続く3年生時の夏の第90回選手権大会では浦和学院高校広陵高校仙台育英高校といった強豪を撃破したものの、準決勝で浅村栄斗を擁する大阪桐蔭高校に敗れベスト4。社会人野球JR東日本入りが内定していたが、プロに対する気持ちが強くプロ志望届を提出した[1]

2008年プロ野球ドラフト会議北海道日本ハムファイターズから4巡目で指名。契約金3,500万円、年俸580万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は37

日本ハム時代[編集]

2010年イースタンリーグで78奪三振で1位タイ、防御率3.34、勝利数7でいずれも2位の好成績を残し、ベースボール・マガジン社選定のビッグホープ賞を受賞した。しかしながら一軍では5.1投球回で10失点と苦しんだ。プライベートでは9月21日に第1子が誕生[2]

2011年は一度も一軍登録されなかった。翌2012年6月5日に2年ぶりに登録され、同日の広島東洋カープ戦にてその試合の先発投手・吉川光夫危険球により退場処分となったため急遽登板するが、先頭の赤松真人に逆転本塁打を打たれるなどで一死も取れずに5失点で降板し、敗戦投手となった。同年内の登板はこの1試合のみに留まった。

DeNA時代[編集]

2012年11月14日に、北篤との交換トレードで、横浜DeNAベイスターズへ移籍することが発表された[3]。背番号は45

2013年、移籍後初登板となった4月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦でプロ初勝利を挙げる[4]。この試合はアレックス・ラミレスの日本での通算2000本安打の達成試合でもあった。

2014年、イースタン・リーグ公式戦20試合に登板。1勝1敗3セーブ、防御率1.35という成績を残した。一軍公式戦では7試合の登板にとどまったため、シーズン終了後には球団からの戦力外通告を覚悟していたが、現状維持の推定年俸650万円で契約の更改に至った[5]

2015年、横浜高校時代の同級生だった倉本寿彦が、ルーキー内野手としてDeNAに入団。高校卒業以来7年振りに、倉本のチームメイトになった[5]。しかし、倉本がオープン戦から遊撃手のレギュラー格として一軍で起用されたのに対して、土屋には一軍公式戦への登板機会がなかった。10月4日に戦力外通告を受けた[6]ことから、11月10日にはシートバッティング形式の12球団合同トライアウト草薙球場)に参加。打者3人を無安打に抑えた[7]が、11月19日に現役引退を発表した[8]

現役引退後[編集]

現役引退を機に、アスリートマネジメント会社「M.H.B」の代表へ就任した[9]。トレーニングの知識が豊富なダルビッシュ有と日本ハム時代に自主トレーニングを積んだ経験と、独学で身に付けたトレーニング理論を基に、パーソナルトレーナーとしても活動。また、2016年4月までに保険関連の資格を6つ取得したことを機に、保険代理業も営んでいる[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 日本ハム 3 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 33 5.1 12 3 5 0 1 3 0 0 10 10 16.88 3.19
2012 1 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 5 0.0 4 1 1 0 0 0 0 0 5 5 ---- ----
2013 DeNA 7 1 0 0 0 2 1 0 0 .667 47 9.2 15 3 3 0 1 7 1 1 8 7 6.52 1.86
2014 7 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 35 6.2 11 0 3 0 1 3 0 0 7 4 5.40 2.10
通算:4年 18 1 0 0 0 2 3 0 1 .400 120 21.2 42 7 12 0 3 13 1 1 30 26 10.80 2.49
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 37 (2009年 - 2012年)
  • 45 (2013年 - 2015年)

脚注[編集]

  1. ^ >“注目左腕・横浜の土屋がプロ志望届提出”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2008年10月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/10/06/kiji/K20081006Z00000650.html 2013年4月18日閲覧。 
  2. ^ 北海道日本ハムファイターズ公式サイト ニュース 土屋健二選手第1子誕生のお知らせ
  3. ^ “DeNAへトレード ハム・土屋“地元”で「気持ち新たに」”. スポニチSponichi Annex. (2012年11月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/14/kiji/K20121114004553300.html 2013年4月11日閲覧。 
  4. ^ “【DeNA】土屋1勝「みんなのおかげ」”. 日刊スポーツ. (2013年4月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130406-1108753.html 2013年4月11日閲覧。 
  5. ^ a b “DeNA土屋「クビかと思っていた」”. デイリースポーツ. (2014年11月25日). http://www.daily.co.jp/newsflash/baseball/2014/11/25/0007532348.shtml 2015年11月11日閲覧。 
  6. ^ “2016年度 選手契約について”. 横浜DeNAベイスターズ. (2015年10月4日). http://www.baystars.co.jp/news/2015/10/1004_01.php 2015年11月11日閲覧。 
  7. ^ “2015年合同トライアウト速報”. 日刊スポーツ. (2015年11月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1562569.html 
  8. ^ “DeNA土屋 引退を決意 爪切りで「野球人生が終わったと」”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年11月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/19/kiji/K20151119011533220.html 2015年11月21日閲覧。 
  9. ^ “DeNA後藤 “松坂世代”逆襲へ燃える「みんなで同じグラウンドに」”. スポニチ Sponichi Annex. (2015年12月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/12/21/kiji/K20151221011721180.html 2016年9月5日閲覧。 
  10. ^ “元DeNA・土屋健二氏 睡眠3時間「必死」の転身 現在は3つの顔”. スポニチ Sponichi Annex. (2016年5月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/05/03/kiji/K20160503012516110.html 2016年9月5日閲覧。 

関連リンク[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]