藤井光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤井 光(ふじい ひかる、1980年3月31日 - )は、日本の英文学者同志社大学文学部英文学科准教授

大阪府高槻市生まれ。大阪教育大学附属高等学校池田校舎では光森裕樹と同期。2002年北海道大学文学部言語・文学コース卒業。卒論はポール・オースター[1]。2007年同大学院文学研究科言語文学専攻博士課程修了、「彷徨への地図 現代アメリカ文学における自己形成と生成変化」で博士(文学)。同志社大学文学部英文学科助教を経て、2014年准教授。訳書であるテア・オブレヒト『タイガーズ・ワイフ』が第10回(2013年)本屋大賞翻訳小説部門第1位、アンソニー・ドーア『すべての見えない光』が第7回(2016年)Twitter文学賞海外部門第1位に選ばれる。

著書[編集]

  • 『ターミナルから荒れ地へ 「アメリカ」なき時代のアメリカ文学』中央公論新社、2016

翻訳[編集]

  • ウェルズ・タワー『奪い尽くされ、焼き尽くされ』新潮社新潮クレスト・ブックス〉、2010
  • デニス・ジョンソン『煙の樹』白水社 エクス・リブリス、2010
  • サルバドール・プラセンシア『紙の民』白水社、2011
  • ラウィ・ハージ『デニーロ・ゲーム』白水社 エクス・リブリス、2011
  • ロレンス・ダレル『アヴィニョン五重奏』全5巻 河出書房新社、2012-2014
  • テア・オブレヒト『タイガーズ・ワイフ』新潮クレスト・ブックス、2012
  • ダニエル・アラルコン『ロスト・シティ・レディオ』新潮クレスト・ブックス、2012
  • ロン・カリー・ジュニア『神は死んだ』白水社 エクス・リブリス、2013
  • セス・フリード『大いなる不満』新潮クレスト・ブックス、2014
  • ポール・ユーン『かつては岸』白水社 エクス・リブリス、2014
  • マヌエル・ゴンザレス『ミニチュアの妻』白水社 (エクス・リブリス)2015
  • ダニエル・アラルコン『夜、僕らは輪になって歩く』(新潮クレスト・ブックス) 2016
  • アンソニー・ドーア『すべての見えない光』(新潮クレスト・ブックス) 2016

参考[編集]

脚注[編集]