和田竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和田 竜
(わだ りょう)
誕生 1969年12月
日本の旗 日本大阪府
職業 脚本家小説家
ジャンル 時代小説
代表作 『のぼうの城』
村上海賊の娘
主な受賞歴 第29回城戸賞
2014年本屋大賞
テンプレートを表示

和田 竜(わだ りょう、1969年12月 - )は、日本の脚本家小説家大阪府生まれ、広島県広島市育ち[1][2][3] オリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞し、同作の小説化作品『のぼうの城』が第139回直木賞候補。時代劇時代小説を専門とする。

人物・来歴[編集]

大阪で生まれ、生後3ヶ月から広島県広島市安佐南区川内で育つ[1][2][4]。「竜」という名前は、坂本竜馬が好きだった母が付けた[1][5]広島市立川内小学校を経て広島市立城南中学校2年の時に東京に引越す[1]綾瀬はるかは小中学の後輩[1][6]。小学校時は薬師丸ひろ子のファンで、『ねらわれた学園』(大林宣彦監督)を観たことがきっかけで、原作の眉村卓の小説に没頭した[7]。他に星新一もよく読み、高校まではSF小説の大ファンだった。東京都立富士高等学校時代に、映画『ターミネーター』を観て映画への気持ちが高じ進学先には、当時テレビなどマスコミ関係の出身者が多いと聞いた早稲田大学政治経済学部を選ぶ[7]歴史に興味を持ったのは大学時代、「自分の名前の元ネタの人の小説でも読むか」と司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を手にしたのが切っ掛け[1][7]

大学卒業後、番組制作会社泉放送制作に就職。『愛していると言ってくれ』、『理想の結婚』など様々なドラマのADを経験したが、現場のスピード感に馴染めず3年で退職[5]。当初から脚本家を志しシナリオコンクールに応募した[7]。その後は繊維・ファッション業界専門の新聞社に転職[2][5]

2003年(平成15年)12月、業界紙記者のかたわら執筆したオリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞する。

2007年(平成19年)11月、『忍ぶの城』を自ら小説化、『のぼうの城』として出版。明瞭で痛快にテンポよく進む時代物で、従来とはテイストが異なる"ニューウェーブ時代小説"の旗手として脚光を浴びる。同作は、翌2008年7月、第139回直木賞候補作に選ばれた。

2009年(平成21年)、『忍びの国』で第30回吉川英治文学新人賞候補。

2012年(平成24年)和田自ら脚本を担当した『のぼうの城』が映画化され公開。

2014年(平成26年)、小学生のころ家族で訪れた因島で知った村上水軍を題材にした『村上海賊の娘』で第35回吉川英治文学新人賞と2014年本屋大賞[3][8]、第8回親鸞賞を受賞、第27回山本周五郎賞の候補作となる。

2017年夏に、『忍びの国』が大野智)主演で映画化[9]

作品リスト[編集]

小説[編集]

エッセイ集[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が和田の作品。

  • 作家の口福 おかわり(2016年9月、河出書房新社)「お好み焼き オオニッチャンちの思い出」「鮎 眠気がぶっ飛ぶほど旨かった」「醬油 北条氏康に無茶苦茶怒られる」「トンカツ 午後八時必着の美味い店」 - エッセイ

脚本[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f 中国新聞 2013年10月24日 11面、11月16日 11面
  2. ^ a b c 2013年12月号掲載 著者との60分 『村上海賊の娘』上・下の和田竜さん”. トーハン (2013年12月). 2014年8月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  3. ^ a b 海賊物語 因島に原点 作家・和田竜さん”. 朝日新聞社 (2013年12月). 2014年4月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  4. ^ 和田竜『戦国時代の余談のよだん。』、KKベストセラーズ、2012年、15、198頁。
  5. ^ a b c 朝日新聞 2014年4月10日、2面
  6. ^ “本屋大賞『村上海賊の娘』100万部突破記念! 小中学校の『同窓生』! ローカル対談 『和田竜』×『綾瀬はるか』」女優と作家、2人の意外な間柄(1/1)|Book Cafe 矢来町ぐるり”. 週刊新潮 (新潮社): 42-45頁. (2014-05-29). オリジナルの2014年5月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140529071131/http://www.gruri.jp/topics/14/05231130/ 2016年7月25日閲覧。. “綾瀬はるか 実家ではほっかむりして農作業 腕前はプロ級(1/1)”. 週刊新潮 (新潮社): 42-45頁. (2014-05-29). オリジナルの2014年5月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140529071129/http://www.gruri.jp/topics/14/05250900/ 2016年7月25日閲覧。. 
  7. ^ a b c d “『のぼうの城』原作者・和田竜の人生観を作った3人の歴史小説家”. 週刊現代 (講談社). (2016-11-07). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50096 2017年9月13日閲覧。. 
  8. ^ 「村上海賊の娘」の和田竜さん、知事と歓談 広島 - MSN産経ニュース Archived 2016年3月4日, at the Wayback Machine.
  9. ^ “大野智、史上最強の伊賀忍者役「アクションや格闘シーンたくさん」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年5月31日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160531/joh16053105040001-n1.html 2016年5月31日閲覧。