ザリガニの鳴くところ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザリガニの鳴くところ
Where the Crawdads Sing
監督 オリヴィア・ニューマン
脚本 ルーシー・アリバー
原作 ディーリア・オーウェンズ
『ザリガニの鳴くところ』(早川書房
製作 リース・ウィザースプーン
ローレン・ノイスタッター
製作総指揮 ベッツィー・ダンバリー
ロンダ・フェア
ジョン・ウー
出演者 デイジー・エドガー=ジョーンズ
テイラー・ジョン・スミス
ハリス・ディキンソン
マイケル・ハイアット
音楽 マイケル・ダナ
撮影 ポリー・モーガン
編集 アラン・エドワード・ベル
製作会社 コロンビア ピクチャーズ
3000ピクチャーズ
ハロー・サンシャイン
ハーパーコリンズ・パブリッシャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗ソニー・ピクチャーズ リリーシング
日本の旗ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメント
公開 アメリカ合衆国の旗2022年7月15日
日本の旗2022年11月18日
上映時間 126分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000[1]
興行収入 世界の旗$97,725,308[1]
テンプレートを表示

ザリガニの鳴くところ』(原題:Where the Crawdads Sing)は2022年に公開されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はオリヴィア・ニューマン、主演はデイジー・エドガー=ジョーンズが務めた。本作はディーリア・オーウェンズ2018年に上梓した同名の小説を原作としている。

概略[編集]

1950年代。幼い頃に家族が散り散りになってからというもの、キャサリン・クラーク(カイア)はノースカロライナ州の湿地帯で一人たくましく生き抜いてきた。そんな彼女にとって唯一の友人がテイト・ウォーカーであった。カイアはテイトから文字の読み書きや計算を教わっていた。一緒に過ごす中で、いつしか2人の間には恋心が芽生えていた。ところが、テイトは大学に進学するために都会へ行くことになった。年に1回は会いに来ると約束したテイトだったが、彼が湿地帯に姿を見せることはなかった。

それから数年の時が流れた1965年。19歳になったカイアは湿地帯の研究を進める傍ら、近くの街に暮らす青年、チェイスと恋に落ちていた。2人は結婚の約束をするが、ほどなくして、カイアはチェイスが別の女の子とも婚約していたことを知った。激怒したカイアはチェイスと別れることにした。ちょうどその頃、テイトが大学を卒業して故郷に帰ってきた。テイトはカイアに約束を破ったことを謝罪し、もう一度やり直したいと伝えたが、カイアはテイトをすぐに許す気にはなれなかった。

別れを告げられた後も、チェイスは執拗にカイアに付きまとっていた。そして、ついには暴力的手段に打って出てきたが、カイアはやっとの思いで難を逃れることができた。それからしばらくして、チェイスの死体が発見された。地元警察の捜査の結果、チェイスが前日まで身に着けていたネックレスがなくなっていることが判明するも、それ以外に目ぼしい手掛かりは出てこなかった。それにも拘らず、警察は事件当日に町の外にいたカイアを殺人容疑で告発したのである。

キャスト[編集]

製作[編集]

2018年12月7日、フォックス2000ピクチャーズがディーリア・オーウェンズの小説『ザリガニの鳴くところ』の映画化権を獲得し、リース・ウィザースプーンらと共同で製作にあたるとの報道があったが[2]、同社は後に企画から離脱した。2020年3月、ルーシー・アリバーが脚色を手掛けることになった[3]。7月21日、オリヴィア・ニューマン監督の起用が発表された[4]。10月、デイジー・エドガー=ジョーンズの出演が決まった[5]

2021年1月25日、テイラー・ジョン・スミスとハリス・ディキンソンが本作に出演することになったと報じられた[6]。3月、デヴィッド・ストラザーンの出演が決まった[7]。4月、マイケル・ハイアット、ギャレット・ディラハント、アーナ・オライリー、スターリング・メイサー・Jr、ジョジョ・レジーナが起用された[8]。6月、エリック・ラディンがキャスト入りした[9]

撮影・音楽[編集]

2021年4月中旬から6月中旬にかけて、本作の主要撮影ルイジアナ州ニューオーリンズホウマで行われた[10]。2022年3月7日、、マイケル・ダナが本作で使用される楽曲を手掛けるとの報道があった[11]。6月24日、テイラー・スウィフトが歌う劇中歌「Carolina」がシングルとして発売された[12]。7月15日、本作のサウンドトラックが発売された[13]

公開・マーケティング[編集]

当初、本作は2022年6月24日に全米公開される予定だったが[14]、後に公開日は同年7月22日→7月15日と変更されていった[15]

2022年3月22日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[16]。5月17日、本作のオフィシャル・トレイラー第2弾が公開された[17]。7月11日、本作はニューヨーク近代美術館でプレミア上映された[18]

興行収入[編集]

本作は『Paws of Fury: The Legend of Hank』及び『ミセス・ハリス、パリへ行く』と同じ週に封切られ、公開初週末に1000万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[19]、実際の数字はそれを上回るものとなった。2022年7月15日、本作は全米3650館で公開され、公開初週末に1725万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場3位となった[20]。雑誌『フォーブス』はこの数字について「大人の女性をターゲットにした非フランチャイズ作品が劇場公開される可能性を高めたという意味でも大勝利である」という趣旨の評価を下している[21]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには186件のレビューがあり、批評家支持率は34%、平均点は10点満点で5.2点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「デイジー・エドガー=ジョーンズは持てる力の全てを捧げている。しかし、結局のところ、『ザリガニの鳴くところ』は原作小説を再構成して、雰囲気に不自然なところがないドラマを作り上げることができなかった。」となっている[22]。また、Metacriticには46件のレビューがあり、加重平均値は43/100となっている[23]。なお、本作のシネマスコアはA-となっている[24]

出典[編集]

  1. ^ a b Where the Crawdads Sing (2022)”. The Numbers. 2022年8月22日閲覧。
  2. ^ Reese Witherspoon to Produce ‘Where the Crawdads Sing’ Adaptation for Fox 2000 (EXCLUSIVE)”. Variety (2018年12月7日). 2022年7月5日閲覧。
  3. ^ Sony, Elizabeth Gabler & Reese Witherspoon Set Scribe For ‘Where The Crawdads Sing’: ‘Beasts Of The Southern Wild’s Lucy Alibar”. Deadline.com (2020年3月11日). 2022年7月5日閲覧。
  4. ^ 3000 Pictures & Hello Sunshine’s ‘Where The Crawdads Sing’ Sets Olivia Newman As Director”. Deadline.com (2020年7月21日). 2022年7月5日閲覧。
  5. ^ ‘Where the Crawdads Sing’: ‘Normal People’s Daisy Edgar-Jones Set As Lead In Film Adaptation From 3000 Pictures, Hello Sunshine & Sony”. Deadline.com (2020年10月21日). 2022年7月5日閲覧。
  6. ^ ‘Where The Crawdads Sing’: Taylor John Smith And Harris Dickinson Join Film Adaptation For 3000 Pictures, Hello Sunshine And Sony”. Deadline.com (2021年1月25日). 2022年7月5日閲覧。
  7. ^ ‘Where The Crawdads Sing’: David Strathairn Joins Film Adaptation For 3000 Pictures, Hello Sunshine And Sony”. Deadline.com (2021年3月17日). 2022年7月5日閲覧。
  8. ^ Garret Dillahunt, Michael Hyatt & More Join Daisy Edgar-Jones In ‘Where The Crawdads Sing’ Adaptation From Sony”. Deadline.com (2021年4月14日). 2022年7月5日閲覧。
  9. ^ Annet Mahendru Joins ‘Stu’; Eric Ladin In ‘Where The Crawdads Sing’; Steve Eastin Boards ‘Killers Of The Flower Moon’ & More – Film Briefs”. Deadline.com (2021年6月26日). 2022年7月5日閲覧。
  10. ^ Where the Crawdads Sing Movie Looking for Extras in the New Orleans Area”. Southern Living (2021年3月24日). 2022年8月22日閲覧。
  11. ^ Mychael Danna Scoring Olivia Newman’s ‘Where the Crawdads Sing’”. Film Music Reporter (2022年3月7日). 2022年8月22日閲覧。
  12. ^ Taylor Swift’s Original Song ‘Carolina’ from ‘Where the Crawdads Sing’ Released”. Film Music Reporter (2022年6月24日). 2022年8月22日閲覧。
  13. ^ ‘Where the Crawdads Sing’ Soundtrack Album Details”. Film Music Reporter (2022年7月14日). 2022年8月22日閲覧。
  14. ^ Sony Pictures Sets Release Date For Crime Drama ‘Where The Crawdads Sing’”. Deadline.com (2021年5月6日). 2022年8月22日閲覧。
  15. ^ Sony Moves ‘Bullet Train’ & ‘Where The Crawdads Sing’ To Summer”. Deadline.com (2021年12月14日). 2022年8月22日閲覧。
  16. ^ WHERE THE CRAWDADS SING - Official Trailer (HD)”. Youtube (2022年3月22日). 2022年8月22日閲覧。
  17. ^ WHERE THE CRAWDADS SING - Official Trailer 2 (HD)”. Youtube (2022年5月17日). 2022年8月22日閲覧。
  18. ^ Daisy Edgar-Jones Gets Whimsical in 3D Floral Gucci Dress at ‘Where the Crawdads Sing’ Premiere”. Women's Wear Daily (2022年7月12日). 2022年8月22日閲覧。
  19. ^ ‘Thor: Love And Thunder’ Heading To $200M+ As Counter-Programming ‘Paws Of Fury’, ‘Crawdads Sing’ Open – Box Office Preview”. Deadline.com (2022年7月13日). 2022年8月22日閲覧。
  20. ^ Domestic 2022 Weekend 28/July 15-17, 2022”. Box Office Mojo. 2022年8月22日閲覧。
  21. ^ Box Office: ‘Where The Crawdads Sing’ Nabs Solid $17 Million Debut”. Forbes (2022年7月17日). 2022年8月22日閲覧。
  22. ^ Where the Crawdads Sing”. 2022年8月23日閲覧。
  23. ^ Where the Crawdads Sing (2022)”. Metacritic. 2022年8月23日閲覧。
  24. ^ 午後3:00 · 2022年7月16日 by@CinemaScore”. Twitter. 2022年8月22日閲覧。

外部リンク[編集]