第一次木津川口の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第一次木津川口の戦い
難波船軍図.jpg
「難波船軍図」(村上水軍博物館寄託)
戦争戦国時代 (日本)
年月日天正4年7月13日1576年8月7日
場所木津川口
結果:瀬戸内水軍衆の勝利、石山本願寺への補給路確保
交戦勢力
Alex K Hiroshima Mori kamon.svg 毛利水軍
Japanese Crest mitu Tomoe 1.svg 小早川水軍
村上水軍
Oda emblem.svg 織田水軍
指導者・指揮官
乃美宗勝
村上元吉
真鍋貞友
戦力
約700~800隻 約300隻
損害
不明 壊滅的打撃
織田信長の戦い

第一次木津川口の戦い(だいいちじきづがわぐちのたたかい)は、天正4年(1576年)に毛利氏織田氏との間に起こった海戦である。戦闘は主に大阪湾木津川河口で行われた。

毛利方の水軍の使用する焙烙玉・火矢の前に織田方の水軍は壊滅的な打撃を受け、石山本願寺への兵糧など物資の搬入という当初の目的を毛利方が果たす結果となった[1]

概要[編集]

織田信長軍の包囲を受ける石山本願寺は、西国戦国大名である毛利輝元兵糧武器などの援助を求めた。毛利側は応じ、水軍を派遣した。[2][3]そのため、本願寺への兵糧搬入を目的とした毛利水軍小早川水軍村上水軍を中心とする毛利側の水軍戦力と、それを阻止せんとする織田方の水軍戦力の間で戦闘が発生した。[2][3]

織田水軍は、横に幅広く隊形を組んで毛利水軍を待ち構えた。それに対し、毛利水軍は縦に長い陣形を取って織田水軍に突撃していった。[3]

毛利水軍は織田水軍の死角に焙烙火矢を投げ込んだため、次々と主力の安宅船が炎上していった。慌てた織田水軍の兵士たちは次々と川に飛び込み、船に残った織田軍兵士も次々に討ち死にしていった。[2][3]

さらに毛利軍兵士は、水中に潜って安宅船の船底に穴をあけるなど、あの手この手で織田水軍の軍船を沈めてったため、織田水軍は壊滅してしまった。[2][3]

戦闘後[編集]

結果的に毛利水軍の大勝利となり、悠々と本願寺に兵糧を運び入れた。また、多くの織田家家臣が討ち死にした。

信長は出馬しようとしたが、既に決着がついてしまっているため、どうしようもなかった。信長は仕方なく住吉海岸のの守りを固めた。[2][4]

主な参戦武将[編集]

毛利方[編集]

毛利方の参戦部将として戦闘経過をまとめた当時の注進状に名を残している以下の部将が挙げられる。能島村上氏の当主村上武吉や、まだ幼かった来島村上氏の当主来島通総は参戦しなかったようであるとされている。

参加戦力7~8百隻

[2][要ページ番号]

織田方[編集]

信長公記』による参加武将

参加戦力3百余隻

[2][要ページ番号]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 愛媛)村上海賊「木津川口の戦い」描いた絵図公開 今治”. 朝日新聞デジタル (2019年4月24日). 2020年8月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 現代語訳 信長公記 株式会社KADOKAWA 280~281ページ
  3. ^ a b c d e 超図解! 戦国大合戦絵巻. 株式会社ダイアプレス  80ページ
  4. ^ この時、城番となったのは、保田安政・伊知地文大夫・宮崎二郎七・碓井因蟆守である。