戦え!ぼくらのヒーロー大集合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
戦え!ぼくらのヒーロー大集合
Toei tokyo studio Nerima.JPG
ジャンル 特別番組
放送時間 土曜20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1976年5月15日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NET東映
演出 田口勝彦(構成も担当)
プロデューサー 落合兼武(NET)、平山亨井上雅央
出演者 山本圭子
ほか NET特撮番組のヒーローたち
ナレーター 野田圭一
テンプレートを表示

戦え!ぼくらのヒーロー大集合』(たたかえ!ぼくらのヒーローだいしゅうごう)は、1976年5月15日土曜日)の20:00 - 20:54(JST)にNET(現:テレビ朝日)系列で放送された特別番組である。

概要[編集]

「NET・東映制作」[注 1]特撮番組(カラー作品のみ)から、過去放送された5作品と当時放送中だった4作品の名場面集を集め、さらに放送中の『がんばれ!!ロボコン』のロボコンが子供たちを東映東京撮影所のスタジオに呼び、他の3作品のヒーローたちと共演する番組。

当時NETの土曜20時枠は、それまで放送されていたドラマが中断し、10月より再開する時代劇までのつなぎとして、正式名称なしの単発枠を編成していたが、当番組はその第1弾で、NETの過去・現在の特撮番組の名シーンを披露するものだった。

放送内容[編集]

まず『ジャイアントロボ』のフィルムを映し、ロボがBF団首領・ギロチン帝王と共に宇宙で爆発したところで、「悪は滅びない」というイメージのもと、『人造人間キカイダー』→『キカイダー01』→『イナズマン』→『イナズマンF』と、次々と過去のヒーローの活躍が映される。

そして『がんばれ!!ロボコン』のフィルムが映され、ロボコンの今までの失敗や活躍を見せると、ロボコンが「ロボット学校」の生徒ロボットたちと共にとある学校に現われ、子供たちを東映東京撮影所のスタジオに招く(このシーンは新録)。

そこへ当時放送中の3作品『秘密戦隊ゴレンジャー』・『アクマイザー3』・『ザ・カゲスター』のヒーロー計10名が登場し、今までの活躍を見せ、最後は全ヒーローたちが子供たちを担ぎ上げたりして、終わりとなる。

アイキャッチでは、全ヒーローのイラスト[注 2]が映し出された。

第1話のグレイサイキング戦を中心に編集された『キカイダー』の映像にバイオレットサザエ(第27話)・カイメングリーン(第27話 - 第29話)・アオデンキウナギ(第31話・第32話)が登場したり、『イナズマン』と『イナズマンF』のカットが混在したり、『ロボコン』の居候先が初期の大山家や放映当時の小川家になったり、さらには学校に訪れたロボット学校の生徒ロボットがこの時点ではすでに卒業した第1期・第2期となっていたりと、映像で本編との整合性は重視されていなかった。

紹介作品[編集]

テーマ音楽[編集]

「平和の戦士サナギマン」(インストゥルメンタル
作曲:渡辺宙明

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:落合兼武(NET)、平山亨、井上雅央
  • 構成/演出:田口勝彦
  • 制作:東映、NET

映像ソフト化[編集]

  • 1985年に東映ビデオからビデオソフトとして『東映スーパーヒーロースペシャル 戦え!ぼくらのヒーロー大集合』(VHS)が発売&レンタルされたが、現在は廃版。DVD化はされていない。その代わり、2002年に同社から発売されたDVD「東映TV特撮主題歌大全集」(VOL.2)のボーナストラックに、当番組のOPとEDが収録されている[1]
  • ビデオの巻末には、それぞれの作品のOP映像が収録されていた[注 3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 制作クレジットが「TTP」と表記されていた『正義のシンボル コンドールマン』は放送せず。
  2. ^ ただし、イナズマンは『F』の時の状態。また、ジャイアントロボはなぜか赤く塗られている。
  3. ^ ただし、『キカイダー』と『イナズマン』は、それぞれ1作目のみの収録。

出典[編集]

NET 土曜20時
正式枠名なし単発枠
前番組 番組名 次番組
(なし)
戦え!
ぼくらのヒーロー大集合
プロ野球中継
(19:00 - 20:54)