スーパー戦隊ワールド (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スーパー戦隊ワールド
監督 渡辺勝也
脚本 鷺山京子
出演者 小川輝晃
広瀬仁美
土田大
河合秀
ケイン・コスギ
音楽 川村栄二
配給 東映
公開 1994年8月6日
上映時間 9分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スーパー戦隊ワールド』(スーパーせんたいワールド)は、イベント用に制作された1994年公開の3D映画。同時上映は『仮面ライダーワールド』『東映ヒーロー大集合』。

概要[編集]

忍者戦隊カクレンジャー』『五星戦隊ダイレンジャー』『恐竜戦隊ジュウレンジャー』『鳥人戦隊ジェットマン』『地球戦隊ファイブマン』が帝王ダイダスの侵略から地球を守るために戦う。

『ファイブマン』から『カクレンジャー』までの戦隊の競演が見られるのも見所の1つであるが、チェンジペガサス(『電撃戦隊チェンジマン』)とドラゴンレンジャー(『恐竜戦隊ジュウレンジャー』)を演じた和泉史郎がダイダスに襲われる青年マサトを演じる。ナレーションは、『カクレンジャー』には専属のナレーターが設けられていない[1]ため前年の『ダイレンジャー』を担当した宮田浩徳が担当。

DVD『スーパー戦隊 THE MOVIE』VOL.4に特典として収録、本来のフィルムは2台のカメラをずらして組み込まれた3D用カメラで撮られているが、収録のものには3Dプログラムはない。

1996年に、本作でも登場したカクレンジャーと『超力戦隊オーレンジャー』を描いたスーパー戦隊Vシネマ超力戦隊オーレンジャー オーレVSカクレンジャー』が制作されており、以後、スーパー戦隊Vシネマシリーズが制作され続けている。

この作品のSE大泉音映とは異なり、別のものを使用した。これは、『救急戦隊ゴーゴーファイブ 激突!新たなる超戦士』も同様にやや異なるSEを使用している。

ストーリー[編集]

ある場所で記念撮影をしていたマサトとユカ。その時、空から巨大な怪人が現れた。地球を支配しようと企む悪の帝王ダイダスだ。ダイダスは額の第3の目からザイガン・バンゴ・ダマルを召喚し、マサトとユカを襲う。シャーク号でパトロールしていた忍者戦隊カクレンジャーは直ちに急行、ザイガン達と戦うが、やがて現れたゾガー・イルバルにマサトとユカを拉致されて戦えない。とその時、地球戦隊ファイブマン・鳥人戦隊ジェットマン・恐竜戦隊ジュウレンジャー・五星戦隊ダイレンジャーの4大戦隊が現れた。早速忍者戦隊は4戦隊と合流し、怪人軍団や戦闘員軍団と決戦、そしてハウリングキャノンとカクレンジャーボールで軍団を全滅させた。

怒ったダイダスは5戦隊の前に立ちはだかる。負けじと各戦隊も、無敵将軍・大連王・大獣神・ジェットイカロス・ファイブロボを出撃させて戦うが、ダイダスは5大巨大ロボ相手にもびくともしない。だがその様子を見ていたマサトはダイダスの第3の目を思い出し、そのことを各戦隊に伝える。それを知った各巨大ロボは次々と第3の目を攻撃し、最後は無敵将軍の「火炎将軍剣」が第3の目に炸裂、ダイダスは爆発四散して果てた。5大戦隊の大勝利だ。

登場戦士[編集]

  • 全員素顔での出演はないが、オリジナルキャストを使用している戦士もいる。
  • カクレンジャーとジェットマン以外は参加困難な状況にあるが、本編では特に触れられていない。
戦隊名 備考
忍者戦隊カクレンジャー
五星戦隊ダイレンジャー [2][3]
恐竜戦隊ジュウレンジャー [4][3]
鳥人戦隊ジェットマン [5]
地球戦隊ファイブマン [6]

巨大ロボ[編集]

  • 無敵将軍・大連王・大獣神の3体は厳密には生命体だが、本作では「巨大ロボ」とされている。
  • 各戦隊とも1号ロボのみ登場、2号・3号・要塞ロボは登場せず、従って、強化形態や究極形態は登場しない。
  • 各ロボとも、個別状態(ファイブマシン・ジェットマシン・守護獣・気伝獣・獣将)は登場しない。
  • 無敵将軍を除く4体のアナザーフォーメーション(ファイブトレーラー・イカロスハーケン・ダイノタンカー・天空気殿&龍星王)は登場しない。
名称 備考
無敵将軍
大連王
大獣神
ジェットイカロス
ファイブロボ

登場怪人[編集]

地球を支配するために異次元の彼方からやってきた、帝王ダイダス率いる悪の侵略軍団。銀帝軍ゾーンからゴーマまでの戦闘員を復活させ、5大戦隊に挑む。帝王ダイダス、ザイガンを除く怪人の担当声優は不明。

帝王ダイダス
戦隊ヒーローたちを倒し地球を支配しようと目論む異次元の悪の帝王。通称:異次元の侵略の帝王。ファイブロボ、ジェットイカロス、大獣神、大連王、無敵将軍までの5体のロボットを相手に一歩も引かないほどの強大な力を持つ。額の第3の目が唯一の弱点。
ザイガン
ダイダスの片腕である怪人軍団の行動隊長。
バンゴ
ザイガンの仲間。
ダマル
バンゴと同じくザイガンの仲間。頭部は『高速戦隊ターボレンジャー』に登場した暴魔獣、フジミボーマ幼態マスクの流用である。
ゾガー
遅れてやって来た怪人。劇中では名前が出ていない。銃を武器にする。
イルバル
ゾガーとともに人質を連れてやって来た怪人。同じく名前は劇中未登場。
戦闘員集団
バツラー兵
グリナム兵
ゴーレム兵
コットポトロ

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

映像ソフト化 [編集]

  • DVD:スーパー戦隊THEMOVIEBOX(2003年6月21日発売)、単巻4巻(2004年7月21日発売)
  • BD:スーパー戦隊BD THEMOVIEBOX1976-1995(2011年6月21日発売)、

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ナレーターに該当するキャラクターとしては「講釈師」(三遊亭圓丈)が存在していた。
  2. ^ 最終回で解散し、50年後に孫たちがダイレンジャーを再結成させている。
  3. ^ a b 全戦隊初期メンバーのみの出演であり、『ジュウレンジャー』『ダイレンジャー』に登場した6人目の戦士・ドラゴンレンジャーとキバレンジャーは出演していない。
  4. ^ 最終回で地上を去っている。さらに「ここにいることはできない」というセリフがある。『獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ』のパンフレットの望月祏多(ゲキ / ティラノレンジャー役)へのインタビューでは、坂本浩一(『キョウリュウジャーVSゴーバスターズ』の監督)は「世界を旅していた」という見解を持っているため、「ここにいることはできない」というセリフも単に「(平和になった)ここにいることはできない(=まだ平和になっていない場所に行かなければならない)」ととることができる。
  5. ^ ブラックコンドル=結城凱は『ジェットマン』最終回で死亡したが、死亡した時点が1995年であり、カクレンジャーが活躍していた時点で生きていても矛盾はない。
  6. ^ 最終回でスターキャリアに乗り宇宙に旅立っている。ただし、フラッシュマンのように地球にいられなくなったわけではなく、ゾーンに滅ぼされた星々を蘇らせにいっただけであるため帰還は可能。
  7. ^ 「LIST OF WORKS 高岩成二」『JAE NAKED HERO』 太田出版2010年3月8日、141頁。ISBN 978-4-7783-1210-7

関連項目[編集]