快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スーパー戦隊シリーズ > 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー > 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film
快盗戦隊ルパンレンジャー
VS
警察戦隊パトレンジャー
en film
監督 杉原輝昭
脚本 香村純子
原作 八手三郎
出演者 伊藤あさひ
濱正悟
工藤遥
結木滉星
横山涼
奥山かずさ
元木聖也
アイクぬわら超新塾
温水洋一
三ツ矢雄二(声の出演)
藤原啓治(声の出演)
釘宮理恵(声の出演)
茶風林(声の出演)
田中直樹ココリコ
主題歌 Project.R「ルパンレンジャーVSパトレンジャー Movie edition」
製作会社 劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗2018年8月4日
上映時間 30分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10.2億円[1]
前作 宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲
次作 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE(仮称)
テンプレートを表示

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』(かいとうせんたいルパンレンジャー ブイエス けいさつせんたいパトレンジャー アン フィルム)は、2018年8月4日より東映系で公開された、日本の映画作品。

同時上映作品は『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』。

キャッチコピーは「快盗VS警察…VS探偵!? ルパンレッドとパトレン1号、まさかのコンビで立ち向かえ!!」「いつもはライバル……今だけ相棒!![2]」。

概要[編集]

特撮テレビドラマシリーズ『スーパー戦隊シリーズ』の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の初の単独映画作品。監督はテレビシリーズメイン監督の杉原輝昭が務め、本作品が映画初監督作品となった[3]

ゲストでは、探偵エルロック・ショルメ[注釈 1]役としてココリコ田中直樹が出演する。

本作品オリジナルのメカとして、人格を持つ大型VSビークルのジャックポットストライカーとルパンレックスが登場する。本作品がテレビシリーズのどの時期に当たる話なのかは明言されていないが、テレビシリーズ第25話で描かれた「ゴールド金庫」の開け方が本作品にも登場する。

高尾ノエル役の元木聖也は、テレビシリーズに先駆け本作品が同役での初撮影となったが、キャラクターの組み立てはテレビシリーズでのノエル初登場回である第20話監督の加藤弘之が手がけ、杉原が同話の脚本読みや衣裳合わせに立ち会いキャラクター性を汲み取るという形をとっている[3]

8月4、5日の2日間の興行収入は2億6000万円、動員数は21万人を突破している[4]

あらすじ[編集]

イギリスから名探偵エルロック・ショルメが来日した。彼の目的は全てのギャングラー犯罪の解明と、ルパンレンジャーの正体を暴くこと。そのエルロックの命を狙ってギャングラー怪人・ウィルソンが襲来、そこにルパンレンジャーまで現れ、エルロックを護衛するパトレンジャーも交えた三つ巴の乱戦に発展するが、その最中、夜野魁利 / ルパンレッドと朝加圭一郎 / パトレン1号がウィルソンによってギャングラーの世界である異世界へとさらわれてしまう。レッドと1号が消えてしまい、両戦隊は最大のピンチを迎えた。

デストラやゴーシュの猛攻から辛うじて逃げ延びた魁利と圭一郎は、異世界から脱出するため、一時休戦して手を組むことに。そして異世界の扉を開くことのできるウィルソンを捕らえるべく、ギャングラーの本拠地のドグラニオ邸に忍び込むが、そこで2人はこの事件の裏で暗躍するなぞのギャングラー怪人の存在と、その目的がレッドと1号がいなくなった残りの戦隊メンバーの殲滅であることを知るのだった。

果たして魁利と圭一郎は、異空間から脱出し、ギャングラーの卑劣な計略を打ち砕くことができるのか!?

本作品のキャラクター[編集]

エルロック・ショルメ[注釈 1]
  • 身長:196cm(巨大金庫時:49.0m) / 体重:216kg(巨大金庫時:540.0t)[5]
イギリスで名を馳せている謎の名探偵。全てのギャングラーによる犯罪の解明とルパンレンジャーの正体を暴くために来日する。
その正体は事件の裏で暗躍しているギャングラーであり、本作における黒幕。命を狙っていると思われていたウィルソンとは裏で通じていた仲。
腕から放つ狐火[5]や、手にした剣・ムシメガネイザー[5]による剣技狐月[5]を犯罪技とし、鉱石型のルパンコレクション・隕石落とし〜En attendant qu'une ètolie tombe〜の力で強力な広範囲攻撃を行う。
ウィルソン[注釈 2]
  • 身長:193cm(巨大金庫時:48.3m) / 体重:227kg(巨大金庫時:568.0t)[5]
エルロック・ショルメの命を狙うギャングラーであり、戦闘時には巨大な盾・ダイフク超シールド[5]と銃・トックリボルバー[5]を武器としてトックリボルバーを連射するトックリボルバー釜焼き撃ちを犯罪技とする。また、ルパンコレクション・密林へようこそ〜Bienvenue à la jungle〜の力で腹部の顔の口の部分から蔦を伸ばして対象を捕らえる事ができる。
エルロックを取材する記者に化け、彼を狙っているが、実際は上記の通り、エルロックと裏で通じており、彼からは「ウィルソン君」と呼ばれる。
ジャックポットストライカー
全高:17.3m / 全幅:39.4m / 胸厚:52.4m / 総重量:1100t / スピード:マッハ1.1[6] / 出力:550万馬力
グッドストライカーの同型機で同じく人格を持つ赤い大型VSビークル。一人称は「俺様」、愛称は「ジャック」。グッドストライカーがダイヤルファイターとトリガーマシンの2形態になれるのに対し、ジャックポットストライカーはダイヤルファイターのみとなっている。必殺技発動時の暗証番号は「7・7・7」。ギャングラー怪人にある金庫の中に侵入することで相手を操る精神操作能力を持つ。ルパンレックスに合体後、コクピット内には、グッドストライカーの色違いの白い人形が現れ、王冠を被っている。
テレビシリーズ本編最終話で再登場。劇場版の後、行方不明となっていたが、一時的に快盗となった夜野勝利、大平彩、一ノ瀬詩穂の3人に発見され、ルパンレンジャーをドグラニオのゴールド金庫の中から解放させた。

戦力・用語[編集]

ルパントリコロール
ジャックポットストライカーの快盗ブーストにより、ルパンレッドにブルーとイエローが融合した姿。レッドのスーツの中央部分の黒が赤に、マスクやマントも含めた左右の側面がそれぞれ黄色と青に変化している。
テレビシリーズ本編の第40話でジュゴーンが研究するための本に掲載される形で登場した。
ルパンレックス
ジャックポットストライカーと3機のダイヤルファイターが快盗ガッタイムの音声と共に合体し、完成する巨大ロボ。ルパンカイザーと同じく、空中戦を得意としているが、ルパンカイザーが銃火器による射撃戦を主としているのに対し、ルパンレックスは剣による格闘戦を行う。10枚の光の羽も有する。
黄金の剣を武器としており、刀身に緑の光を纏わせた状態では、フェンシングのような連続突きを繰り出す。
必殺技は、刀身を青く発光させて、新たな10枚の光の羽根を作り出し、急降下・突進しながら、右から左に切り裂く超高速必殺斬り[6][5]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 八手三郎
  • 製作 - 手塚治亀山慶二高木勝裕、間宮登良松、野田孝寛、相原晃、峠義孝
  • 企画 - 白倉伸一郎鷲尾天、加藤和夫、麻生一宏、清水啓司、金木勲
  • 脚本 - 香村純子
  • 音楽 - 高木洋
  • 撮影 - 相葉実
  • 照明 - 堀直之
  • 美術 - 岡村匡一
  • 録音 - 中山寿範
  • 整音 - 原口崇正
  • 編集 - 柳澤和子
  • スクリプター - 髙山秀子
  • 助監督 - 葉山康一郎
  • 製作担当 - 田中耕作
  • ラインプロデューサー - 青柳夕子
  • 計測 - 邊母木伸治
  • 撮影助手 - 根来佑子、三浦佑太、磯山億斗
  • 照明助手 - 玉川直人、柴田裕哉
  • 美術助手 - 安田菜々美
  • 録音助手 - 波多野悠美
  • セット付 - 古賀琢麻
  • 装置 - 紀和美建
  • 装飾 - 塩満義幸、山口康孝、淀名和祐介、大前瑠美、高津装飾美術
  • 衣裳 - 波田恵里奈
  • ヘアメイク - 松本智菜美、田中梨沙
  • 操演 - 橋本一輝
  • カースタント&コーディネート - 西村信宏
  • 助監督 - 谷本健晋、三好雄太、松井貴
  • 進行主任 - 石井宏樹
  • 進行助手 - 中村光希
  • 選曲 - 宮葉勝行
  • 音響効果 - 小川広美、堀内みゆき
  • 編集助手 - 松本竜也
  • スタジオエンジニア - 田邊萌乃
  • ADRアシスタント - 田口祥平、森楓
  • オンラインエディター - 阿部理
  • カラリスト - 佐々木渉
  • アシスタント - 初野百花
  • DCPパッケージ - 馬場亮、小関秀治
  • テクニカルコーディネーター - 與野勝弘
  • 技術運営 - 林和哉
  • 仕上進行 - 辻今日子、見立英里
  • キャラクターデザイン - 久正人
  • 企画協力 - 企画者104
  • 資料担当 - 松井大
  • デザイン協力 - プレックス
  • 造型 - レインボー造型企画、前澤範、前澤護、前澤まさる、吉川学
  • 制作デスク - 須藤若奈、松川絢之郎
  • AP - 安東健太、川勝宥典
  • 広報AP - 久保佳未
  • 音楽プロデュース - Project.R、本谷侑紀
  • 音楽製作 - 東映音楽出版、テレビ朝日ミュージック、日本コロムビア
  • 音楽協力 - ジェニュイン
  • アクション監督 - 福沢博文
  • 特撮監督 - 佛田洋(特撮研究所)
  • 制作 - 劇場版「ビルド・ルパパト」製作委員会(東映、テレビ朝日東映アニメーション東映ビデオアサツー ディ・ケイ東映エージエンシーバンダイ
  • 監督 - 杉原輝昭

主題歌[編集]

『ルパンレンジャーVSパトレンジャー Movie edition』
作詞:藤林聖子 / 作曲・編曲:高木洋Project.R) / 歌:Project.R(吉田達彦吉田仁美

映像ソフト化[編集]

2018年12月5日発売。本作ではコレクターズパック版は本編Blu-rayと本編DVDのセット販売のみとなり、映像特典も本編Blu-rayに集約される形になった。

  • 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film DVD通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • 特報
      • 劇場予告
      • TVスポット
      • ノンスーパーOP
  • 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film コレクターズパック(2枚組)
    • ディスク1:本編Blu-ray
      • 映像特典
        • メイキング
        • 製作発表会見
        • 完成披露イベント
        • 完成披露上映会舞台挨拶
        • 公開2日目舞台挨拶
        • 特報
        • 劇場予告
        • TVスポット
        • PR集
        • ノンスーパーOP
        • 国際警察極秘データファイル
        • ポスターギャラリー
    • ディスク2:本編DVD
      • 映像特典
        • 特報
        • 劇場予告
        • TVスポット
        • ノンスーパーOP

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 小説アルセーヌ・ルパンシリーズに登場するイギリス人探偵と同名。日本では「シャーロック・ホームズ」と訳される場合が多い。詳細は『ルパン対ホームズ』を参照。
  2. ^ 小説アルセーヌ・ルパンシリーズに登場するエルロック・ショルメの助手(シャーロック・ホームズのワトソンに相当する人物)と同名。

出典[編集]

  1. ^ 2018年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟 2019年2月11日閲覧。
  2. ^ キャストメインのクールな仕上がり! 映画「ビルド・ルパパト」ムビチケ限定の新ビジュアル公開”. 株式会社KADOKAWA. 2018年8月9日閲覧。
  3. ^ a b 東映HM58 2018, pp. 82-85, 「LUPINRANGER VS PATRANGER MAIN STAFF INTERVIEW 杉原輝昭
  4. ^ 仮面ライダー/スーパー戦隊:平成最後の夏映画が好スタート 初週興収2億6000万円突破 過去5年で最高の数字まんたんウェブ
  5. ^ a b c d e f g h i 宇宙船YB 2019, p. 別冊21, 「宇宙船vol.164特別付録 宇宙船YEARBOOK 2019 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」
  6. ^ a b パンフレット 2018.
  7. ^ パンフレット 2018, 「インタビュー 元木聖也」.
  8. ^ tsuttar_manのツイート(1094585299340976130)

参考文献[編集]

  • 劇場パンフレット
    • 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One/快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film』パンフレット 2018年8月4日発行 構成・文:用田邦憲 発行所:東映事業推進部
  • 『東映ヒーローMAX』VOLUME 58(2018 AUTUMN)、辰巳出版、2018年10月10日、 ISBN 978-4-7778-2192-1
  • 「宇宙船vol.164特別付録 宇宙船YEARBOOK 2019」、『宇宙船』vol.164(SPRING 2019.春)、ホビージャパン、2019年4月1日、 ISBN 978-4-7986-1916-3

外部リンク[編集]