宇都宮孝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宇都宮 孝明(うつのみや たかあき、1970年10月7日[1] - )は、日本のテレビドラマ映画プロデューサー愛知県出身、東映所属。

経歴・プロフィール[ソースを編集]

1993年に東映入社、商品化権営業部に配属される[1][2]。約8年後にテレビ企画営業部へ異動し、東映特撮作品のプロデュースに従事する[2]

2002年に『忍風戦隊ハリケンジャー』よりプロデューサー補[1]2003年より『仮面ライダー555』にてプロデューサーに昇格。日笠淳塚田英明白倉伸一郎武部直美といったプロデューサーの下、スーパー戦隊仮面ライダーシリーズ問わずサブプロデューサーを務める。2009年には、『侍戦隊シンケンジャー』にて自身初となる連続テレビドラマのチーフプロデューサーに就任した[1]

作風[ソースを編集]

自身がチーフプロデューサーを務めた初の作品となる『侍戦隊シンケンジャー』では、アフレコ撮影と16mmフィルムによる撮影を廃止し、新たな撮影法式として「レッド・ワン」を導入したほか、『仮面ライダーウィザード』では、アーノルド&リヒター社のALEXAを導入した。

二度目にチーフプロデューサーを務めた『海賊戦隊ゴーカイジャー』では、海賊というシリーズ史上初のモチーフを選んでいる。これに関しては「すごく魅力のあるモチーフだったけど、いろんな意味で大変そうなので企画の中では最初に消したアイデアだったんです。それで脚本を荒川稔久さんに依頼したところ、『34戦隊がとにかく派手だから、現役の戦隊が地味なんじゃない?』と言われ、35作品記念で大変だから開き直って海賊を選びました」とコメントしている[3]

自身が仮面ライダーシリーズにて初めてチーフプロデューサーを担当した『仮面ライダーウィザード』できだつよしをメインライターに抜擢した理由として、「『クウガ』や『響鬼』を担当したきださんと自分が組んだら、それらとはまた違う味が出るのではという興味心があったから」だと述べている[4]

主な作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

オリジナルビデオ[ソースを編集]

その他[ソースを編集]

ゲーム監修[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「SPECIAL CROSS TALK 宇都宮孝明×石垣広文」、『東映ヒーローMAX』Vol.43、辰巳出版2012年、 7頁、 ISBN 978-4777810819
  2. ^ a b 『特撮ニュータイプ』2012年4月号、角川書店
  3. ^ ハイパーホビー』2011年3月号
  4. ^ 『仮面ライダー平成』Vol.14 仮面ライダーウィザード
  5. ^ 「戦隊助監しおの今日もいっぱいいっぱい」、『宇宙船』Vol.106(2003年5月号)、朝日ソノラマ2003年5月1日、 76頁、 雑誌コード:01843-05。
  6. ^ 第51話の「宇宙忍者ファイル」にて下忍マゲラッパのスーツアクターも演じている[5]