加藤弘之 (テレビドラマ監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

加藤 弘之(かとう ひろゆき、1968年4月4日[1] - )は、主に特撮テレビドラマ作品の監督演出家神奈川県出身[1]

来歴[編集]

大学卒業後、東映テレビプロで帯ドラマや2時間ドラマの助監督に関わりキャリアをスタート。1993年、『有言実行三姉妹シュシュトリアン』より特撮番組に関わるようになる。当初から主に坂本太郎岩原直樹などに師事する。続く『有言実行三姉妹シュシュトリアン』にも参加し同番組終了後は、メタルヒーローシリーズにスライドし『特捜ロボジャンパーソン』の助監督として途中参加。『ブルースワット』の中盤でチーフ助監督を初担当し、その後同時間帯の番組でセカンドとチーフを交互に務めながら、1999年、31歳の時に『燃えろ!!ロボコン』第37話「モモコ史上最大の危機(ピンチ)」にて監督デビュー。2000年の『未来戦隊タイムレンジャー』からはスーパー戦隊シリーズに現場を移した。戦隊シリーズ以外のチーフ助監督作品に『美少女戦士セーラームーン』、『Sh15uya』、『超忍者隊イナズマ!シリーズ』などがある。

監督デビューは果たしたもののテレビシリーズの監督登板の機会には恵まれず、再び助監督生活が長く続く。その後、自身の監督デビュー作品ではチーフ助監督を務めていた後輩の鈴村展弘に先を越され、逆に鈴村や同じく助監督の後輩であった中澤祥次郎の下で助監督に就くという状況もあった。しかし2007年、39歳の時に『獣拳戦隊ゲキレンジャー』にて助監督兼任として本編2本と講談社スペシャルDVDの演出を担当。2008年『炎神戦隊ゴーオンジャー』では助監督兼任で本編2本を演出する傍ら、スピンオフネットムービーの演出を担当し、再び監督として活躍の場が広がり始めることになる。

2009年『侍戦隊シンケンジャー』では番組開始時期はチーフ助監督を務めていたが、中盤に入ってからは晴れてローテーション監督の仲間入りを果たし、8本のエピソードを手掛けた。このことに関して本人は「諸田敏監督が『仮面ライダーW』へ参加することになり、その後に入ってくれとプロデューサーに言われました。諸田監督の後ということで、ものすごいプレッシャーがありましたが、自分なりに出来ることをしようと思いました」とコメントしている[2]。『天装戦隊ゴセイジャー』では「新戦士・新ロボ登場編」などの重要エピソードを多数任され、結果的には監督陣ではテレビシリーズ最多の13作品を演出した。『海賊戦隊ゴーカイジャー 』でも「新戦士・新ロボ登場編」や販促回、前後編などの重要回を任され、近年も3年連続でテレビシリーズの最多演出を記録するなど、戦隊シリーズの中心的監督として活躍。

人物・エピソード[編集]

  • 竹本昇と同様、イラストが得意で別名「時計屋」で『テツワン探偵ロボタック』『燃えろ!!ロボコン』などの劇中イラストも手描けたほか、『美少女戦士セーラームーン』Act.9で劇中のテレビ番組に出てくる「銀水晶の想像図」や、Act.10でうさぎがルナに「かぐや姫」の話を語って聞かせるときのイラストや同作品の物語のカギとなる「エンディミオンの部屋の風景画」などを手描けた。さらに『炎神戦隊ゴーオンジャー』では第13話「侠気(おとこぎ)マンタン」でゲスト出演した菅田俊の背中の刺青を描いた。
  • 諸田敏ほどではないが加藤自身もカメオ出演した経験があり、『美少女戦士セーラームーン』のAct.41で白衣にボール箱を抱え、「長生き」の文字が描かれた扇子を持った理科の先生(呼び名は加藤先生)を演じている。
  • プロデューサーの宇都宮孝明によるとものすごい早撮りで、特に『ゴーカイジャー』ではスケジュールが悪く加藤の撮りの早さに随分助けられたという[3]。ただスケジュールを気にしすぎるところもあるため、あとはもっと「加藤らしさ」を出してもらえれば何も言うことがないそうである。スーパー戦隊シリーズで助監督を務めた荒川史絵も、ロケ地など制作側の都合で選んだものをうまく使うと評している[4]
  • 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』は当時、戦隊の本編演出経験がなかった金田治直々の依頼でアドバイザー的な立場で監督補として参加。金田曰く「非常に助かった」そうである。因みに金田と加藤とコンビを組むのは1996年制作の『ビーファイターカブト』以来約16年ぶりだった。
  • 獣電戦隊キョウリュウジャー』のローテーションでは、坂本浩一の担当回に重要エピソードが集中するなどしたため、再生怪人の登場など予算を節約する回を担当することが多くなったが[5]、加藤自身は再生怪人は初登場回に負けないよう燃えると述べている[1]
  • 『獣電戦隊キョウリュウジャー』では、変身後のヒーローの描写でマスク内の素顔の表情を見せる演出を多用している[1]
  • 『獣電戦隊キョウリュウジャー』に出演していた丸山敦史は、加藤についてしっかりとしたプランを持ってきっちり撮る監督であったと評している[6]。スーパー戦隊シリーズで助監督を務めた荒川史絵も同様の評価をしているほか、ギャグへのこだわりもあることを証言している[4]
  • 烈車戦隊トッキュウジャー』に出演した関根勤によると昔加藤は関根のラジオのヘビーリスナーで、カンコンキンシアターを観劇したこともあるという。[要出典]加藤の担当回では関根の持ちネタを取り入れることが多く[7]、ローテーションの前の組へ打ち合わせに来ることもあったという[8]
  • 『烈車戦隊トッキュウジャー』に出演した森高愛は俳優側からの提案を受け入れることが多かったと証言している[9]。また、第38話(第38駅)での映画監督の「なりきり」では喋り方など加藤を参考にしたという[9]

監督作品[編集]

テレビ[編集]

ネットムービー[編集]

オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d キョウリュウジャー読本 2014, pp. 74-75, 「director INTERVIEW05 加藤弘之」
  2. ^ 『侍戦隊シンケンジャー 公式読本 真剣勝負!』(2010年、グライドメディア
  3. ^ 宇都宮の雑誌インタビューより[要文献特定詳細情報]
  4. ^ a b トッキュウジャー公式完全読本 2015, p. 76, 取材 鴬谷五郎 構成 山崎優「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_05 荒川史絵」
  5. ^ キョウリュウジャー読本 2014, p. 14, 「producer INTERVIEW 大森敬仁」.
  6. ^ キョウリュウジャー読本 2014, p. 40, 「main CAST INTERVIEW06 丸山敦史」.
  7. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 39、74-75.
  8. ^ トッキュウジャー公式完全読本 2015, p. 39, 取材・構成 大黒秀一「TOQGER Main Cast Interview 07 関根勤」.
  9. ^ a b トッキュウジャー公式完全読本 2015, pp. 30-33, 取材・構成 大黒秀一「TOQGER Main Cast Interview 05 森高愛

参考文献[編集]