百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 百獣戦隊ガオレンジャー > 百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊
スーパー戦隊Vシネマ
VSシリーズ
第7作 未来戦隊
タイムレンジャー
VS
ゴーゴーファイブ
2001年3月9日
第8作 百獣戦隊
ガオレンジャー
VS
スーパー戦隊
2001年8月10日
第9作 忍風戦隊
ハリケンジャー
VS
ガオレンジャー
2003年3月14日

百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』は、2001年8月10日に公開されたオリジナルビデオ作品。『百獣戦隊ガオレンジャー』のオリジナルビデオ作品であり、スーパー戦隊VSシリーズの一つ。

概要[編集]

スーパー戦隊25作目を記念作品として制作されたスーパー戦隊Vシネマ第8弾。ビッグワン(『ジャッカー電撃隊』)、レッドファルコン(『超獣戦隊ライブマン』)、ギンガブルー(『星獣戦隊ギンガマン』)、ゴーイエロー(『救急戦隊ゴーゴーファイブ』)、メガピンク(『電磁戦隊メガレンジャー』)からなる「ドリーム戦隊[※ 1]」とガオレンジャーが共闘する。当時、すでにメジャーになりつつあった照英が、ギンガブルー・ゴウキを再び演じた。ゴーイエロー・巽大門役の柴田賢志は唯一4作品連続出演となった。発売当時登場済みだったガオシルバー・大神月麿は一切登場せず、テトムの出番も僅少である。Vシネマとしては夏の時期に発売された希少な作品のひとつ。

総集編的な要素もあり、アクションシーンでは歴代の戦士達が戦隊ごとではなく、一人一人活躍する構成になっている。クライマックスでは歴代のレッド戦士24人全てが勢揃いしている[※ 2]。名乗りのない戦隊も多くレッドターボは現地急造、『光戦隊マスクマン』のレッドマスクは音をずらして使用している。

巨大戦では全レッドの操縦するメカが参戦する。デンジファイター(『電子戦隊デンジマン』)は本作で初めて戦闘シーンが描写された。また、タイムレッド(『未来戦隊タイムレンジャー』)のマシンとして登場したのはタイムジェットではなくタイムファイヤーから譲り受けたブイレックスである。バンク映像ではあるものの、メカ軍団の司令官として『超力戦隊オーレンジャー』の三浦参謀長と『秘密戦隊ゴレンジャー』の新命明が登場しており、宮内は一人三役となった。

スーパー戦隊Vシネマおよびスーパー戦隊VSシリーズの中では最も長尺(約70分)な作品となっている[1]。また、全員名乗りの際に「我ら、スーパー戦隊!」のフレーズが入ったのは本作が初めてである。

前作まではDVDの特典映像にバトルセレクションが収録されていたが、本作より廃止された。

脚本を手掛けた赤星政尚は『ガオレンジャー』の脚本家の一人であり、その他の戦隊には関与していない。

あらすじ[編集]

いつものようにオルグと戦うガオレンジャーの5人の前に、はぐれハイネス・ラクシャーサが復活し、ラクシャーサの幻でガオイエロー(鷲尾岳)、ガオブルー(鮫津海)、ガオブラック(牛込草太郎)は“戦士の魂”を奪われてしまう。幻に唯一惑わされなかったガオレッド(獅子走)はガオホワイト(大河冴)に戦えなくなった3人を連れて逃げ出すように告げ、一人でラクシャーサ立ち向かう。

一方、残された4人のガオレンジャーの前に現れたのは、かつて悪と戦った歴代スーパー戦隊の5人であった。先輩達のおかげで3人は再び魂を取り戻し、ガオレンジャーとスーパー戦隊は共同しラクシャーサに立ち向かう。

登場キャラクター[編集]

『百獣戦隊ガオレンジャー』の登場キャラクターについては、百獣戦隊ガオレンジャー#登場人物を参照。

ゲストキャラクターについては、各リンク先を参照。

オリジナルキャラクター[編集]

はぐれハイネス・ラクシャーサ
テトムも恐れるほどの伝説のはぐれハイネス。一人称は「俺」。あまりに強大で邪悪な衝動を溜め込みすぎたために角を傷つけてしまい、長い眠りについていた。自らの邪悪なる衝動の力でツエツエ、ヤバイバをはじめとするオルグ全員の力を強化(強化されたオルグは角が金色になる)させた。また、髪の毛のような触手を伸ばし対象の者を自らが作り出した幻想世界に引き込み、敗北の幻に打ちのめされた相手から“戦士の魂”を吸収しさらに強化する能力を持っている。オルグシード無しに巨大化も可能。ガオレンジャーの破邪百獣剣を受けた後に巨大化。歴代ロボの力でパワーアップしたガオキングのスーパーアニマルハートで倒されても保険として与えていたツエツエとヤバイバのエネルギーを奪い再生しガオレンジャーとスーパー戦隊を追い込んだが、スーパー戦隊魂を奮い立たせたガオレンジャーのガオレンジャーストームを受け「バカな―――!!」と言い残し粉砕された(ガオレンジャーはテトムに「はぐれハイネスを倒してきた」と報告するが、テトムは「はぐれハイネスが復活した夢を見ていた」と信じなかった)。
名称はインド神話に登場する鬼神ラクシャーサから。デザインモチーフは髪の毛[2]
スーツは『ガオレンジャー』本編に登場した百鬼丸に改造された[3]
再生オルグ軍団
ラクシャーサの力で甦ったオルグたち。自らの実体を持つ。タービンオルグ、プラズマオルグ、タイヤオルグ、シグナルオルグ、ブルドーザーオルグの5名が復活した。
幻想世界内のオルグたち
ラクシャーサが作り出した幻想世界にいたオルグたち。実体は持たないが戦うことはできる。ウエディングドレスオルグ、帆船オルグ、携帯電話オルグが登場。幻想世界内でガオレッドと戦った。
強化オルゲット
ラクシャーサに強化されコブが金色の角になったオルゲット。ガオブルーと同様の技やガオブラック以上のパワーを誇る。ただしこの強さは幻でしかなく、スーパー戦隊には相手にならず圧倒され、戦士の魂を取り戻した岳、海、草太郎にもなすすべなく叩きのめされた。

装備・戦力[編集]

キャプチャースナイパーフルパワー
メガピンクの技。バトルライザーの03モードでキャプチャースナイパーをパワーアップさせた。
ガオレンジャーストーム
再生したラクシャーサを倒した必殺技。スーパー戦隊魂を受け継いだガオレンジャーが上空にエネルギー球を作り出し、レッドが他の4人の腕を組んだスクラムを踏み台にしてジャンプ、「邪鬼浄散」の掛け声とともにオーバーヘッドキックでエネルギー球を蹴り放つ。
その名称や技の演出などは、『秘密戦隊ゴレンジャー』の必殺技「ゴレンジャーストーム」を髣髴とさせるものとなっている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 獅子走 / ガオレッド(声):金子昇
  • 鷲尾岳 / ガオイエロー(声):堀江慶
  • 鮫津海 / ガオブルー(声):柴木丈瑠
  • 牛込草太郎 / ガオブラック(声):酒井一圭
  • 大河冴 / ガオホワイト(声):竹内実生
  • 天宮勇介 / レッドファルコン(声):嶋大輔
  • ゴウキ / ギンガブルー(声):照英
  • 今村みく / メガピンク(声):東山麻美
  • 巽大門 / ゴーイエロー(声):柴田賢志
  • 番場壮吉 / ビッグワン(声)、新命明(バンク映像)、三浦尚之(バンク映像):宮内洋
  • テトム:岳美
  • デュークオルグ・ツエツエ:斉藤レイ

スーツアクター[編集]

声の出演[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ガオレンジャー吼えろ!!」
作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:中川幸太郎 / 歌:山形ユキオ/ コーラス:高尾直樹佐々木久美、斉藤妙子
エンディングテーマ「燃えろ!スーパー戦隊魂!!
作詞:桑原永江 / 作曲・編曲:亀山耕一郎 / 歌:堀江美都子水木一郎

挿入歌[編集]

戦隊名などが入らない楽曲を中心に選曲されている[6]

セクシャル・レディ
作詞:吉田健美 / 作曲:加瀬邦彦 / 編曲:田中公平/ 歌:石渡マキ
青春サーキット
作詞:洲崎千恵子 / 作曲・編曲:出口雅生 / 歌:朝川ひろこ
Blue Togetherness
作詞:冬杜花代子 / 作曲・編曲:矢野立美 / 歌:宮内タカユキ
俺のハートは夢じかけ
作詞:八手三郎 / 作曲・編曲:京建輔 / 歌:MoJo
心よ しなやかに舞え!
作詞:松本一起 / 作曲:小杉保夫 / 編曲:米光亮 / 歌:佐藤健太こおろぎ'73
夢の翼を
作詞:山川啓介 / 作曲:渡辺宙明 / 編曲:いちひさし / 歌:串田アキラ
超獣戦隊ライブマン
作詞:大津あきら / 作曲:小杉保夫 / 編曲:藤田大土 / 歌:嶋大輔
五つの心でファイブロボ」(インストゥルメンタル)
作曲:小杉保夫 / 編曲:吉田明彦

メディア[編集]

  • 2001年8月10日レンタル開始。
  • 2001年VHS発売[7]
  • 2001年12月DVD発売[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ダイスオーDX』第5弾のダイバトルはこのドリーム戦隊と同じメンバーで構成されている。
  2. ^ 挿入される名乗りのカットは、上記のレッドファルコンと、個人名乗り自体が存在しない『高速戦隊ターボレンジャー』のレッドターボを除いては各放映当時のバンク映像を使用したもの。このシーンはテレビ朝日決定!これが日本のベスト100』で紹介されたほか、数ヵ月後のフジテレビの番組『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』でも紹介された。アカレンジャーの名乗りはJAC(現在のJAE)による後期版ではなく、大野剣友会版の映像が使用された。また、バルイーグルの名乗りは初代の大鷲ではなく2代目の飛羽の映像が使われている

出典[編集]

  1. ^ 他のVシネマ作品は40-50分程度、劇場版に移行後のVSシリーズは60分前後となっている。
  2. ^ 百化繚乱 下 2012, p. 136.
  3. ^ 百化繚乱 下 2012, p. 135.
  4. ^ 新堀和男”. レッド・エンタテインメント・デリヴァー. 2011年12月22日閲覧。
  5. ^ 戦隊キャッチボール 第1回 金子昇&谷口正洋”. 2012年6月23日閲覧。
  6. ^ スーパー戦隊VSシリーズ劇場 BATTLE-26 轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊(前編)”. 東映. 2012年8月16日閲覧。
  7. ^ a b 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 168頁、 雑誌コード:01843-05。

参考文献[編集]

  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』 グライドメディア、2012年10月16日ISBN 978-4-8130-2180-3