伊藤慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いとう まこと
伊藤 慎
本名 伊藤 慎
(いとう まこと)
生年月日 (1975-04-06) 1975年4月6日(42歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 O
職業 俳優スタントマン
ジャンル テレビドラマ映画
活動内容 1988年- 、子役俳優
1995年-2014年 、アクション俳優・スタントマンスーツアクター
配偶者 あり
主な作品
仮面ライダー響鬼/響鬼役
仮面ライダーアギト/G3役
仮面ライダー龍騎/ナイト役
仮面ライダー555/カイザ役
仮面ライダー剣/カリス役
仮面ライダーカブト/ガタック役
仮面ライダー電王/ゼロノス役

伊藤 慎(いとう まこと、1975年4月6日[1] - )は東京都出身の俳優スタントマンである。タケシレーシング所属。仮面ライダーシリーズをメインとした特撮番組のスーツアクターとしても活躍している。身長180cm、血液型はO型。

略歴[編集]

子役時代の1988年、『じゃあまん探偵団 魔隣組』で運動神経抜群な魔隣組メンバー・江川ノボル役を演じた。

その後、新堀和男主宰のレッドアクションクラブに入団。クラブ内における真摯な態度が買われ、1995年に『超力戦隊オーレンジャー』でマシン獣役を演じた。

その後も怪人役を演じていき、2001年仮面ライダーアギト』でヒーロー側のスーツアクターデビューをする。仮面ライダーシリーズではG3、ナイト、カイザ、カリス、ザビー及びガタック、ゼロノスなどNo2のライダーの役を多く演じているが、2005年の『仮面ライダー響鬼』にはチーフプロデューサー・高寺の判断で主役ライダーを担当した(例年主役ライダーを務める高岩成二スーパー戦隊シリーズに回っている事も要因ではあった)。またダンキ役として俳優として出演もしている。

2001年結婚し、2児の父親である。

2005年、劇場版『仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』の浜辺での撮影中、爆発のシーンで尻全体に火傷を負ってしまった。特殊な素材のスーツだったため、標準的な物より伝熱が早く、現場での位置の判断を誤ったため。

2008年、12年間在籍したレッドアクションクラブを退団。活動の場を広げるべくタケシレーシングへ移籍し、バイク・カースタントを勉強する事となった。レッドアクションクラブでの出演は『仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事』が最後となったが、タケシレーシング移籍後『さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン』でスーツアクターとして再復帰し、その後もスタントの仕事をメインに、時折スーツアクターとしてライダーや戦隊シリーズ、ウルトラシリーズ等に参加している。

2014年、Twitter上でスーツアクター、スタントマンとしての引退を表明、現在は柔道整復師を目指して専門学校に通い、資格を取得後は整骨院の開業を考えているとのこと。

主な作品[編集]

テレビ[編集]

顔出し
スタント・スーツアクター

映画[編集]

顔出し
スタント・スーツアクター

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • ヒーロー(2011年5月20日〜2011年5月22日、高円寺明石スタジオ)アニマルA、管野慎二
  • ヒーロー2…ありがとう(2012年3月29日〜2012年4月1日、シアターKASSAI)アニマルA、管野慎二

CM[編集]

顔出し
  • CRぱちんこ仮面ライダー MAX EDITION
スタント・スーツアクター

PV[編集]

  • GReeeeN「刹那」(ぐりんジャー)

ゲーム[編集]

イベント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「INTERVIEW」、『東映ヒーローMAX』第4巻、辰巳出版2003年、 49 -51頁、 ISBN 978-4886418463
  2. ^ 映画パンフレットより。
  3. ^ エンドロールより。

外部リンク[編集]