じゃあまん探偵団 魔隣組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東映不思議コメディーシリーズ > じゃあまん探偵団 魔隣組
東映不思議コメディーシリーズ
通番 題名 放映期間
第7作 おもいっきり探偵団
覇悪怒組
1987年1月
- 同年12月
第8作 じゃあまん探偵団
魔隣組
1988年1月
- 同年12月
第9作 魔法少女
ちゅうかなぱいぱい!
1989年1月
- 同年7月
じゃあまん探偵団 魔隣組
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜9:00 - 9:30(30分)
放送期間 1988年1月10日 - 1988年12月25日(50回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 佐伯孚治
村山新治
坂本太郎
小西通雄
辻野正人
前嶋守男
原作 石ノ森章太郎
脚本 大原清秀
浦沢義雄
掛札昌裕
辻野正人
中嶋信昭
出演者 磯崎洋介
榎沢佐季子
畠重樹
伊藤慎
丸典膳カイ
河野大輔
渡辺篤史
オープニング Waffle「クエスチョンの冒険」
エンディング Waffle「憧れミステリー」
テンプレートを表示

じゃあまん探偵団 魔隣組』(じゃあまんたんていだん まりんぐみ)は1988年1月10日から1988年12月25日までフジテレビ系で放送された少年探偵団ドラマ。全50話。東映不思議コメディーシリーズ第8作目。昭和最後の作品である。

あらすじ[編集]

江南小学校の5年生の仲良し5人組は、ドイツの潜水艦Uボートを発見し、そこを拠点にじゃあまん探偵団「魔隣組」を結成する。魔隣組は世紀の大怪盗ジゴマを倒す為に、ジゴマ探知機(ジゴマが近づくと反応する)などの様々な秘密兵器を使いジゴマを追いかける。

解説[編集]

前作『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』のヒットを受けて製作された少年探偵団シリーズ第2弾[1][2]。前作よりもシュールさを前面に出し、また、謎の転校生雨宮なども作品に独特の面白さを加えている。バンダイから発売された「ジゴマ探知機」などの関連商品も好評だった。

1989年1月1日には、前作『おもいっきり探偵団 覇悪怒組』の面々と共演する『魔隣組対覇悪怒組』が放送された[1][3]

日笠淳がサブプロデューサーとしてメタルヒーローシリーズから移動し、最終作の『有言実行三姉妹シュシュトリアン』までシリーズに関わることになったほか、60年代後半からヒーローものに一貫して携わった平山亨の東映における最後のプロデュース作品でもある[2]

江川ノボル役の伊藤慎はのちに仮面ライダーシリーズなどのスーツアクターとして知られており、本作品は子役時代の伊藤が出演していた番組として紹介されることもある[4]

魔隣組アイテム[編集]

  • ジゴマ探知機(探知機)
  • メタルソナー(金属探知機)[5]
  • オトタンサー(集音器)[5]
  • マリンシーバー(トランシーバー[5]
  • レディオスコープ(ラジオ&双眼鏡[5]
  • 探偵手帳(秘密手帳)
  • マリンコマンダー(万能捜査メカ)
(コンパス、望遠鏡、潜望鏡、ホイッスル、ミニライト、ルーペ、風向計、風力計、メジャー、追跡信号を発射できるシグナル銃)

これらのいくつかは玩具化され発売されている。ジゴマ探知機にはテレビ画面の点滅に反応するテレビパワー機能が搭載されていた[3]

大怪盗ジゴマ[編集]

大怪盗ジゴマとは、白と黒のコスチュームに身を包んだ大泥棒。フルネームはフリードリッヒ・シュトロンハイム・フォン・ジゴマIII世[6]。出自・出生・性別その他全てが謎に包まれている。正々堂々とした華麗な盗みを信条とし、卑怯な行いを嫌う。そのため悪辣な犯罪者と戦ったり、傷を負うのを承知で魔隣組を助けたこともある。

リーダーのタカシの伯父である推理作家、斜六郎(通称シャーロックおじさん)も魔隣組に協力をすることがある。劇中でジゴマの正体はシャーロックおじさんではないか?という指摘が何度かなされているが、明確な答えは出さずに視聴者の想像に任せる形で物語は完結している[7]。また、最終回では魔隣組の潜水艦魔隣号を「戦争いかん魔隣号」に改名した。

ジゴマの原型は、明治時代最後期から大正時代にかけて日本で上映された無声映画怪盗ジゴマ』からである(ただしこちらのジゴマは殺人などの凶悪な手段も平気で行う点で、本作のジゴマと異なっている)。ジゴマのコスチュームは皮膚に密着した全身タイツタイプである。

出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニングテーマ - 「クエスチョンの冒険」
  • エンディングテーマ - 「憧れミステリー」

作詞 - 森田由美 作曲 - 松本俊明 編曲 - 京田誠一 歌 - Waffle

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 脚本 監督
1 1月10日 いつか会いたいジゴマ 大原清秀 佐伯孚治
2 1月17日 オレたちの家は潜水艦
3 1月24日 父さんはライバル 浦沢義雄 村山新治
4 1月31日 ジゴマの森の秘密
5 2月7日 恐怖の実験室 大原清秀 坂本太郎
6 2月14日 ジゴマの晩餐
7 2月21日 フランケンと少女の夢 浦沢義雄 佐伯孚治
8 2月28日 失なわれた明日香の石
9 3月6日 誰がために鐘はある 大原清秀 坂本太郎
10 3月13日 恐怖のP・T・A
11 3月20日 先生はジゴマじゃない! 浦沢義雄 佐伯孚治
12 3月27日 秘宝ゲルマンの血
13 4月3日 ゲンタのスチャラカ社員 大原清秀 小西通雄
14 4月10日 Uボートの狼男
15 4月17日 ジゴマの首をとれ 坂本太郎
16 4月24日 お寿司の恩返し 浦沢義雄
17 5月1日 ジゴマIIIに夢中! 村山新治
18 5月8日 瞬間キョンシー製造機
19 5月15日 マリンコマンダーを渡すな 佐伯孚治
20 5月22日 バリカン軍団、現わる! 大原清秀
21 5月29日 幻の母 坂本太郎
22 6月5日 タカシの指導力 浦沢義雄
23 6月12日 赤ちゃん自動販売機 大原清秀 村山新治
24 6月19日 ジゴマ刑務所、大脱走!
25 6月26日 トマトの告訴 浦沢義雄 佐伯孚治
26 7月3日 蛙の恩返し
27 7月10日 恋はスケボーに乗って 掛札昌裕 坂本太郎
28 7月24日 排排の逆襲 浦沢義雄
29 7月31日 ジゴマの血を吸え! 村山新治
30 8月7日 キャンプ場の亡霊
31 8月14日 ロリータの妙薬 坂本太郎
32 8月21日 輝く南十字星伝説
33 8月28日 さらば 夏のジゴマ 辻野正人 辻野正人
34 9月4日 不思議少年タロウ 大原清秀
35 9月11日 ゲンタの神様 浦沢義雄 坂本太郎
36 9月18日 不健康不良児トシカズ 大原清秀
37 9月25日 ノボルのかぐや姫 浦沢義雄 佐伯孚治
38 10月2日 ホーキから落ちた魔女 大原清秀
39 10月9日 ジゴマへの贈り物 辻野正人
40 10月16日 トシカズ、神童となる
41 10月23日 戦国紅葉伝説 浦沢義雄 坂本太郎
42 10月30日 コスモスの恋 大原清秀
43 11月6日 2050年の魔隣組 中嶋信昭 佐伯孚治
44 11月13日 ハチ公よりキュー公 大原清秀
45 11月20日 新・アリとキリギリス 坂本太郎
46 11月27日 キムチの遺跡の発掘 浦沢義雄
47 12月4日 華麗なる総金歯 前嶋守男
48 12月11日 不気味なバビロニア人
49 12月18日 泥棒サンタ 大原清秀 佐伯孚治
50 12月25日 ジゴマの如き君なりき

放送局[編集]

視聴率[編集]

ビデオリサーチ調べ、関東地区

映像ソフト化[編集]

2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録され、初のソフト化となった。

ソフトゲーム化[編集]

1988年11月29日バンダイからファミコンディスクソフトとして発売された。

漫画[編集]

関連作品[編集]

  • おもいっきり探偵団 覇悪怒組 - 前作品。1987年1月11日から同年12月27日まで全50話が放送された少年探偵団ドラマ。
  • 探偵団スペシャル 魔隣組対覇悪怒組 ジゴマVS魔天郎 - 本作終了後の1989年1月1日の7時30分から8時30分(JST)に放送された、上記の覇悪怒組とのクロスオーバー作品。

脚注[編集]

  1. ^ a b 全怪獣怪人 下 1990, p. 408
  2. ^ a b 「ヒーローファイル じゃあまん探偵団 魔隣組」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』 Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、pp.88 - 89。ISBN 978-4-05-610166-9
  3. ^ a b 常識 2013, p. 151.
  4. ^ 常識 2013, pp. 134 - 135.
  5. ^ a b c d 覇悪怒組時代のアイテムの名称を変更した物。
  6. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 409.
  7. ^ 常識 2013, p. 133.

参考文献[編集]

フジテレビ 日曜朝9時 - 9時30分枠(1988年1月 - 12月)
前番組 番組名 次番組
おもいっきり探偵団 覇悪怒組
【ここから探偵団シリーズ】
じゃあまん探偵団 魔隣組
【ここまで探偵団シリーズ】
魔法少女ちゅうかなぱいぱい!
【ここから魔法少女シリーズ】